「山本美月」とは?

関連ニュース

岡田准一が絶対殺せない殺し屋に!「アクションを全力で楽しみたいです」 - 06月23日(土)14:44 

「週刊ヤングマガジン」で連載中で単行本累計部数200万部突破、2017年度講談社漫画賞<一般部門賞>を受賞した漫画「ザ・ファブル」が、岡田准一主演で映画化することが決定した。 【写真を見る】木村文乃が楽天的でお酒大好き、刺激が大好きなぶっ飛んだ役に挑む! 「天才的な殺し屋」として、裏社会で恐れられる通称“ファブル”を演じる岡田は「初の『殺し屋』役となりますが、殺してはいけないという設定の中でのアクションを全力で楽しみたいです」と意気込んだ。 ファブルは英語で寓話(ぐうわ)を意味する言葉で、圧倒的な強さと的確な手腕で狙った相手を6秒以内で必ず仕留める最強の殺し屋だ。 そんな彼がボスから与えられた次なる指令は、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送ること」。 殺し屋として生きてきたファブルは、普通の日常生活を送った経験がなく、想像もつかない日常世界に送り込まれてしまう。 さらに万が一、誰かを殺したらボスによって処分されるという条件付きの究極のミッションを遂行しなければならない。 ファブルは佐藤アキラという偽名を与えられ、ヨウコという妹の設定のパートナーと共に、ボスの口利きで大阪の暴力組織・真黒カンパニーの協力を得て、殺しを封印し“普通の生活”を始めることに。 主人公のファブル役を演じる岡田は、V6メンバーとしての活動以外にも、「追憶」「関ヶ原」(共に2017年)や、9...more
カテゴリー:

【映画】ザ・ファブル:人気マンガが実写映画化 岡田准一が初の殺し屋役 福士蒼汰、向井理ら豪華俳優陣集結 - 06月23日(土)05:04  mnewsplus

2018年06月23日 ザ・ファブル:人気マンガが実写映画化 岡田准一が初の殺し屋役 福士蒼汰、向井理ら豪華俳優陣集結  マンガ誌「週刊ヤングマガジン」(講談社)で連載中の南勝久さんの人気マンガ「ザ・ファブル」が実写映画化され、人気グループ「V6」の岡田准一さんが主演を務めることが23日、明らかになった。無敵の天才殺し屋である通称ファブルが主人公のマンガで、岡田さんは初の殺し屋役に挑む。また、木村文乃さん、山本美月さん、福士蒼汰さん、柳楽優弥さん、向井理さん、安田顕さん、佐藤浩市さんが出演することも発表さ...
»続きを読む
カテゴリー:

岡田准一、初の漫画原作主演で殺し屋役 豪華キャスト集結で『ザ・ファブル』映画化 - 06月23日(土)05:00 

 人気グループ・V6の岡田准一が、映画『ザ・ファブル』(2019年公開)に主演し、“殺し屋”役に初挑戦することが22日、わかった。原作は、『週刊ヤングマガジン』で連載中の南勝久氏の人気漫画。1年間殺し屋を休業し、一般人として普通の生活を送ることになる主人公を演じる。映画俳優として数々の受賞歴を誇る岡田が、漫画原作の映画に主演するのはこれが初めて。 【画像】今年は時代劇映画の公開が控える岡田准一  天才的な殺し屋として裏社会で恐れられる殺し屋・通称“ファブル”。英語で寓話(ぐうわ)を意味するが、それほど圧倒的な強さと的確な手腕で狙った相手を6秒以内で必ず仕留める腕の持ち主だった。そんな彼がボスから与えられた次なる指令は、1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送ること。「佐藤アキラ」という偽名を与えられ、万が一誰かを殺したらボスによって処分されるという条件付きの究極のミッションに挑むが…。  アキラの相棒で妹という設定で一緒に暮らすヨウコ役で木村文乃、ファブルを幼い頃から指導しプロの殺し屋に育てあげるボス役で佐藤浩市、アキラが大阪で出会う初めての一般人の女性で、親の借金を返すために真面目に働くミサキ役で山本美月が出演。  さらに、大阪の暴力組織・真黒(マグロ)カンパニー社長でファブルの世話人を請け負う海老原役で安田顕、海老原の弟分で真黒カンパニーに属し、刑務所から...more
カテゴリー:

岡田准一主演で「ザ・ファブル」実写映画化!木村文乃、福士蒼汰、安田顕、佐藤浩市ら豪華共演 - 06月23日(土)05:00 

 「週刊ヤングマガジン」で連載中の南勝久氏による人気漫画「ザ・ファブル」が実写映画化され、岡田准一が主演することがわかった。共演に木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市と豪華な面々が顔をそろえ、「今、一番面白い」と呼び声高い漫画の実写化に挑む。  裏社会で「天才的な殺し屋」として暗躍し、“寓話”を意味する英語「ファブル」のあだ名で恐れられる主人公が、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑む様子を時にコミカル、時にシリアスに描いたエンタテインメント作。単行本の累計発行部数は200万部を突破し、2017年度の講談社漫画賞(一般部門)を受賞した。  日本映画界トップクラスの人気・実力に加え、数種の武術・格闘技インストラクター資格を持つ岡田が、大阪では「佐藤アキラ」の偽名で生活を送る無敵の殺し屋・ファブルを演じる。「今回、初めて大人気漫画原作の映画化作品にチャレンジします。江口カン監督を信じて、キャスト、スタッフの皆様と力を合わせて撮影に臨みたいと思います」といい、「初の『殺し屋』役となりますが、殺してはいけないという設定の中でのアクションを全力で楽しみたいです」と意気込んでいる。  さらに木村はファブルの相棒であり、大阪では「アキラの妹」という設定で暮らすヨウコ役、佐藤浩市はファブルを幼いころから殺し屋...more
カテゴリー:

伊野尾慧&戸塚祥太の宇宙人姿公開 主題歌はHey!Say!JUMP - 06月22日(金)11:00 

 Hey!Say!JUMPの伊野尾慧とA.B.C-Zの戸塚祥太による23日スタートの日本テレビの連続ドラマ『トーキョーエイリアンブラザーズ』(深0:59)で、2人の演じる冬ノ介(伊野尾)と夏太郎(戸塚)宇宙人兄弟の“本当の姿”が初公開された。すっかり「かわいい」とご満悦の伊野尾&戸塚との“4ショット”も実現。なお、主題歌はHey!Say!JUMPの新曲「COSMIC☆HUMAN」(8月1日発売)に決定した。 【写真】ヴァンパイア役で7キロ減量した戸塚祥太  原作のままをイメージし再現されたシリコン製のエイリアンは青色の体からは光が発せられ、顔と身体の絶妙なバランスが特徴的。製作期間は1ヶ月、シンプルな顔のバランスや口のへこみ方には相当なこだわりを持ってエイリアンを生み出されたという。戸塚は「僕らのエイリアン姿、かわいい! 肌触りもひんやりしていて気持ちいい! エイリアンというとグロテスクなイメージもありますが、とにかくかわいいです」と、お気に入りのよう。  撮影はすでに終了しており、伊野尾は「まだドラマの出来上がりを観ていないので、僕自身すごく楽しみだし、どんなジャンルか言葉ではなかなか言い表せないドラマなので、早く皆さんに観ていただいて、反応していただきたいです。観てください!」とアピール。戸塚も「撮影が終わってこんなにもすごく寂しい気持ちになったのは初めてなので、 僕も早...more
カテゴリー:

「おっさんずラブ」を抜いて「花のち晴れ」が6週ぶりの首位!ドラマ視聴熱×視聴率ベスト10 - 06月23日(土)14:00 

WEBサイト「ザテレビジョン」では、SNSや独自調査をポイント化し、今熱い番組からテレビの流行に迫る新指標「視聴熱」を集計。6月11日~6月17日のドラマ週間視聴熱ランキングトップ10を発表した(※)。 【画像を見る】6週ぶりのトップとなった「花のち晴れ」や、6週ぶりに首位を明け渡した「おっさんずラブ」、壮絶な復讐劇に幕を閉じた「モンテ・クリスト伯」が上位にランクイン! 1位は、6週ぶりに首位を獲得した「花のち晴れ~花男Next Season~」(TBS系)。6月12日に放送された第9話では、音(杉咲花)への恋心をさく裂させた晴(平野紫耀)が、音をすぐに信じなかった天馬(中川大志)を「そんなの一択だろ!」と一喝。さらに「1分だけ…」と音をバックハグしたりと、晴の不器用な格好良さに多くの視聴者がもん絶した。予告では前シリーズ「花より男子」(2005年、2007年)の“F4”メンバーである西門(松田翔太)が映り、注目を集めた。 2位にランクインしたのは、前週まで5週連続でトップだった「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)。6月2日の最終回後もSNS上に多くのコメントが寄せられている中、13日は主人公・春田(田中圭)に恋をした黒澤(吉田鋼太郎)の誕生日ということで「#黒澤武蔵誕生祭2018」とタグを付けた祝福が多数寄せられた。ドラマの公式アカウントも誕生日に関する投稿をしてファンは歓喜。Tw...more
カテゴリー:

岡田准一がヤンマガ史上屈指の殺し屋役に!漫画『ザ・ファブル』が豪華キャストで映画化 - 06月23日(土)05:00 

天才殺し屋“ファブル(寓話)”と称される謎の男が、ボスの命令で1年間殺し屋を休業し、普通の生活を送ることを強いられる姿を描く南勝久の人気漫画『ザ・ファブル』。第41回講談社漫画賞一般部門に輝き、現在も絶賛連載中の作品が、豪華キャストで映画化されることが決定した。 主人公のファブル(佐藤アキラ)役を務めるのは『永遠の0』(13)や『蜩ノ記』(14)などの作品で日本アカデミー賞でも高い評価を受けている岡田准一。普通の生活を大阪で送ることとなったファブルの相棒・ヨウコ役を木村文乃。ファブルが大阪で出会う、親の借金を返すために真面目に働く女性・ミサキ役を山本美月。そして、ファブルを幼い頃から指導し、プロの殺し屋に育てあげたボス役を名俳優、佐藤浩市が務め、“一般的な日常”と“暴力が蔓延する裏社会”という、相対する2つの世界を絶妙なバランスで描きだす。 その他、大阪でのファブルの世話人を請け負うが、真黒カンパニー社長・海老原役に安田顕。海老原の弟分で、刑務所から出所しミサキを追い詰める小島役に柳楽優弥。真黒カンパニーの専務にして、海老原と敵対する派閥を率いる砂川役に向井理。砂川に雇われ、ファブルを倒して名を上げようとする殺し屋・フード役に福士蒼汰など、豪華豪華俳優陣が集結する。 監督を務めるのはカンヌ国際広告祭はじめ数々の受賞歴を持つ江口カン。脚本を「20世紀少年」や「GANTZ」「進撃の巨人...more
カテゴリー:

岡田准一が初の殺し屋役に挑む『ザ・ファブル』映画化決定 - 06月23日(土)05:00 

 V6・岡田准一の主演映画『ザ・ファブル』が2019年に公開されることが決定。初の殺し屋役を演じる岡田は木村文乃、佐藤浩市ら豪華キャストと共演を果たす。【写真】岡田准一が登場した明治ブルガリアヨーグルト 2018年『ヨーグルトの日』記念イベントの様子 本作は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)連載中の南勝久による同名コミックを実写映画化したもの。原作は単行本累計部数200万部を突破し、2017年度講談社漫画賞の一般部門賞を受賞するなど、高い評価を得ている。 主人公は、狙った相手を6秒以内で必ず仕留めることから“ファブル(寓話)”の異名を持ち、「天才的な殺し屋」として裏社会で恐れられてきた。そんな主人公にボスから与えられた次なる指令は、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送ること」。しかも「万が一、誰かを殺したらボスによって処分される」という究極のミッションだった。「佐藤アキラ」という名を得た主人公は、普通の日常を送った経験がないにもかかわらず、パートナーのヨウコとともに、大阪の暴力組織・真黒カンパニーの協力を得て一般人の生活を送ることとなる。 数種の武術や格闘技のインストイラクター資格を有する岡田が、ファブルとして初の殺し屋役に挑戦。ファブルの妹という設定を持ち、相棒も務めるヨウコ役を木村が、ファブルをプロの殺し屋に育ててきたボス役を佐藤がそれぞれ演じる。そのほかに...more
カテゴリー:

岡田准一主演で「ザ・ファブル」実写映画化!木村文乃、福士蒼汰、安田顕、佐藤浩市ら豪華共演 - 06月23日(土)05:00 

「週刊ヤングマガジン」で連載中の南勝久氏による人気漫画「ザ・ファブル」が実写映画化され、岡田准一が主演することがわかった。共演に木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、安田顕、佐藤浩市と...
カテゴリー:

加藤綾子「つらかったです」めざましテレビ時代を振り返る? - 06月21日(木)18:30 

6月20日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、新たに判明した血液型が及ぼすさまざまな影響を紹介。その中で加藤綾子がこぼした本音や、明石家さんまが小杉竜一(ブラックマヨネーズ)へ掛けた言葉がネットで話題を呼んだ。 【写真を見る】ここぞとばかりに髪をイジられた小杉竜一/2010年ザテレビジョン撮影 女性の心のストレス値調査と厚生労働省のストレスチェック度を照らし合わせて比較したところ、血液型によって仕事の仕方やストレス解消法に特徴があることが判明したと、マーケティング評論家・牛窪恵氏は解説。 A型は趣味を大事にして休日は家でゆっくり過ごす、B型は仕事も休暇も活動的で仕事を効率的にこなす、AB型は有給休暇や残業代などがしっかりした職場を好む、O型は定時に出社帰宅ができる職場を好む、という血液型ごとの特徴を紹介した。 すると、聞き入っている加藤の様子に気付いたさんまが「またえらいうなずいてるなぁ。当たってんの?」と質問。 「そうですね、定時のお仕事とかは…」とO型の加藤が答えると、「え? おまえ朝の『めざましテレビ』つらいつらい言うてたやないか!」と絡み出すさんま。「つらかったです。後半は…年齢とともに(苦笑)」と加藤は理由を明かし、笑いを誘った。 また、同じく統計的な結果ではあるが、血液型によって男性の頭髪のはげ方にも特徴があると判明。 A型は前髪から抜け毛薄毛が進行し、え...more
カテゴリー:

もっと見る

「山本美月」の画像

もっと見る

「山本美月」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる