「山崎貴」とは?

関連ニュース

映画主演、ドラマW主演、ラジオレギュラー…菅田将暉が多忙を極めざるをえない事情とは - 07月18日(水)20:00 

俳優の菅田将暉が、映画「永遠の0」などで知られる山崎貴監督(54)がメガホンを執る新作映画「アルキメデスの大戦」(来夏公開)に主演することを、各スポーツ紙が報じた。 同作は、...
カテゴリー:

菅田将暉×山崎貴監督初タッグ『アルキメデスの大戦』実写映画化 - 07月17日(火)16:45 

 俳優の菅田将暉が『永遠の0』の山崎貴監督と初タッグを組む映画『アルキメデスの大戦』が2019年夏に公開されることが発表された。主人公の天才数学者を演じる菅田は「今やらなければならない作品だと思いました。使命感を持って臨んでいきます」とコメントを寄せている。【写真】映画『アルキメデスの大戦』メイキングスチール&原作書影 本作は、三田紀房の同名コミックを実写映画化した歴史エンターテインメント超大作。日米開戦前夜の日本を舞台に、“世界最大級の戦艦”と呼ばれた「大和」の建造計画と、それを阻止するべく山本五十六に引き入れられた数学者・櫂直の活躍を描いていく。 第二次世界大戦開戦前の昭和8年。日本帝国海軍上層部は超大型戦艦「大和」の建造計画を進めていた。それに対し、海軍少将・山本五十六は、航空母艦の必要性を上層部に進言。しかし“世界に誇れる壮大さこそ必要”と上層部は戦艦「大和」の建造を支持する。危機を感じた山本は天才数学者・櫂直(菅田)を海軍へ招き入れる。櫂は自身の知能を駆使し、戦艦「大和」建設の裏に隠された不正を暴こうと動き出す。 本作で山崎監督と初タッグとなった菅田は「現場では山崎監督のニンマリ企み顔が毎日の癒しです」とユーモラスに語る一方、「誰もが知っている戦艦『大和』から見えてくる日本人の性と数学から浮き出てくる果てしない愚かさに、僕はロマンを感じました。そのスケールは非常に映画らし...more
カテゴリー:

菅田将暉が山崎貴監督と初タッグ!『アルキメデスの大戦』映画化 - 07月17日(火)09:48 

菅田将暉主演、山崎貴監督のメガホンで、数学の天才が「戦艦大和建造計画」阻止に挑む姿を描いた同名コミックが『アルキメデスの大戦』として映画化されることがわかった。
カテゴリー:

菅田将暉が日本の命運を握る天才数学者に!「現代人に突き刺さる題材だと思います」 - 07月17日(火)06:30 

数々の大ヒット映画を生み出し、名実共に日本映画界を代表する映画監督・山崎貴が、「永遠の0」(2013年)以来再び第二次世界大戦を描く最新作「アルキメデスの大戦」の製作が決定。主演に今をときめく若手実力派俳優・菅田将暉を迎え、圧巻のVFXで「零戦」を描写した山崎監督が、今作では「戦艦大和」をスクリーンに映し出す。 【写真を見る】映画初タッグの菅田将暉&山崎貴監督がガッシリ手を組んだ!/(C)2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 (C)三田紀房/講談社 原作は「ドラゴン桜」や現在放送中ドラマ「インベスターZ」(テレビ東京ほか)などで知られる三田紀房による同名漫画。 物語の舞台は1930年代の日本。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。 その計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は、“大和”建造を阻止するため、帝国大学100年に1人の逸材=アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(かいただし)を引き入れる。 櫂は、数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる“大和”建造費の見積もり額に矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとするのだが…というストーリー。 そんな本作で主演を務めるのが菅田だ。2017年に「帝一の國」「火花」「銀魂」など計6つの話題作に出演し、「あゝ、荒野」では第41回日...more
カテゴリー:

菅田将暉:映画「アルキメデスの大戦」で天才数学者に 山崎貴監督と映画… - 07月16日(月)21:13 

 人気マンガ「ドラゴン桜」などで知られる三田紀房さんの「アルキメデスの大戦」が実写映画化され、俳優の菅田将暉さんが主演を務めることが16日、明らかになった。「ALWAYS三丁目の夕日」(2005年)…
カテゴリー:

山田孝之&菅田将暉、主演ドラマ『dele』ガチャ登場 東京・渋谷駅で29日まで - 07月17日(火)22:08 

 東京・渋谷駅(東急線)構内、地下1階の2番出口付近、ちょうど東急田園都市線の改札を出たところの通路に16日から、山田孝之と菅田将暉がダブル主演するテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『dele』(7月27日スタート、毎週金曜 後11:15~深0:15※一部地域を除く)の展示エリアがオープンした(29日まで。毎日 前10:00~後9:00)。 【写真】ガチャガチャの景品(オリジナルグッズ)一例  同ドラマは、デジタル化した現代社会で、すべての人にとって大きな懸念材料となっている「デジタル遺品」が題材。依頼人の依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事を生業とする坂上圭司(山田)&真柴祐太郎(菅田)が、さまざまな問題に巻き込まれていく。  ドラマの内容にちなみ、展示エリアの壁には番組キービジュアルとともに、一般公募した“自分の死後に消したいデータ”376件を掲載。その中には山田と菅田をはじめ、出演者が投稿した“消したいデータ”も入っているという。すべて無記名なので、1つ1つじっくりと見ながら、どのデータが誰のものなのか想像してみては?  さらに、通路には『dele』特製のガチャガチャを設置。1回300円(税込)でガチャガチャを回すと、オリジナル缶バッジ&消しゴムを1個ずつセットで入手できる。しかも、このグッズのデザインには、『dele』ならではの遊び心と粋な...more
カテゴリー:

菅田将暉が天才数学者に 山崎貴監督と初タッグ『アルキメデスの大戦』来夏公開 - 07月17日(火)13:09 

 俳優の菅田将暉(25)が、映画『アルキメデスの大戦』に主演し、天才数学者を演じることが16日、わかった。『ドラゴン桜』で知られる三田紀房氏(60)の同名漫画が原作。監督は『ALWAYS三丁目の夕日』(2005年)、『永遠の0』などの山崎貴氏(54)が務め、菅田と初タッグを組む。2019年夏公開。 【写真】映画『アルキメデスの大戦』撮影の模様  物語の舞台は、1930年代の日本。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。その計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は、“大和”建造を阻止するため、帝国大学100年に1人の逸材=アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(かいただし)を引き入れる。櫂は、数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる“大和”建造費の見積もり額に矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとするのだが…。  櫂を演じる菅田は「誰もが知っている戦艦『大和』から見えてくる日本人の性と数学から浮き出てくる果てしない愚かさに、僕はロマンを感じました。そのスケールは非常に映画らしく、そして夢と現実に生きる僕ら現代人に突き刺さる題材だと思います。今やらなければならない作品だと思いました。使命感を持って臨んでいきます」と覚悟を明かし、「そんな緊張感の中、現場では山崎監督のニンマリ企み顔が...more
カテゴリー:

菅田将暉が山崎貴監督と初タッグ!『アルキメデスの大戦』映画化 - 07月17日(火)09:48 

菅田将暉主演、山崎貴監督のメガホンで、数学の天才が「戦艦大和建造計画」阻止に挑む姿を描いた同名コミックが『アルキメデスの大戦』として映画化されることがわかった。
カテゴリー:

菅田将暉と山崎貴監督が初タッグ!『アルキメデスの大戦』映画化決定 - 07月16日(月)21:53 

2014年の年間邦画興行収入ランキングで1位に輝いた『永遠の0』(13)と、2位に輝いた『STAND BY ME ドラえもん』(14)の両作を手がけた日本映画界随一のヒットメーカー山崎貴監督が、「ドラゴン桜」で一世を風靡した三田紀房の人気漫画「アルキメデスの大戦」を実写映画化することが発表された。 【写真を見る】今度の菅田将暉は“天才数学者”!日本の命運を握る重要な役柄に/[c]2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 [c]三田紀房/講談社 本作の舞台は1930年代の日本。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”を建造。日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。そんな中、その計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は“大和”建造を阻止するため、帝国大学100年に1人の逸材で“アルキメデスの再来”ともよばれる天才数学者・櫂直を引き入れることに。 日本の命運を握る主人公の天才数学者・櫂直を演じるのは『あゝ、荒野』(17)で第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、いまや日本映画界に欠かせない俳優へと成長を遂げた菅田将暉。若手トップクラスの演技力を持つ彼は、山崎監督とは初めてのタッグ。劇中で描かれる重要なシーンに向け、クランクイン前から“戦艦の製図”を練習するなど、準備に余念がないそうだ。 山崎監督にとっては『永遠の0』以来となる...more
カテゴリー:

菅田将暉が戦艦大和建造を阻止する天才数学者役で山崎貴監督と初タッグ!『アルキメデスの大戦』映画化 - 07月16日(月)17:07 

菅田将暉主演、山崎貴監督のメガホンで、数学の天才が「戦艦大和建造計画」阻止に挑む姿を描いた同名コミックが『アルキメデスの大戦』として映画化されることがわかった。 『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズ3作品で総興行収入112億超の大ヒットを記録した山崎監督は、零戦搭乗員の物語を描いた『永遠の0』(13年/興収87.6億円)をはじめ、『STAND BY ME ドラえもん』(14年/八木竜一との共同監督で興収83.3億円)、『海賊とよばれた男』(16年/興収23.7億円)、『DESTINY 鎌倉ものがたり』(17年/興収32億円)など、次々と大ヒット作を生み出す日本映画界きってのヒットメイカーだ。そんな山崎監督が、『永遠の0』以来となる第2次世界大戦を描くのが、最新作『アルキメデスの大戦』。 原作は「ドラゴン桜」で一世を風靡した三田紀房(みた・のりふさ)による同名コミック。舞台は1930年代の日本。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍司令部は、世界最大級の戦艦大和を建造し、日本の国威を世界に示す計画を立てていた。その計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は、大和建造を阻止するため、帝国大学100年に1人の逸材で、アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(かい・ただし)を引き入れる。櫂は、数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる大和建造費の見積もり額に矛盾を発見し、軍部の...more
カテゴリー:

もっと見る

「山崎貴」の画像

もっと見る

「山崎貴」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる