「居心地」とは?

関連ニュース

妹のいる「兄系男子」にグッとくる瞬間9パターン - 06月23日(土)14:00 

頼りがいがあって、優しい。そんなイメージのある「お兄ちゃん」ですが、「妹のいる男性」だからこそ醸し出す魅力があるようです。今回は20代から30代の独身女性310名に聞いたアンケートをもとに、「妹のいる男性とのデート中、『女心がわかってる』とグッとくる瞬間」を紹介します。 【1】遅刻しても、「予定を変更しよう」と穏やかに対応してくれるとき 「妹の世話に慣れているせいか、慌てず対処してくれる」(30代女性)など、「お兄ちゃん」ならではの落ち着いた空気が、女性に安心感を与えるようです。予定が狂って自己嫌悪に陥っている女性には、「アクシデントがあった方が楽しい」と言ってあげましょう。 【2】「気をつけて」「大丈夫か?」など、面倒見のいい言葉をかけてもらうとき 「人に気を配っている」(20代女性)など、妹の世話をしながら育った男性の優しさは、女性に好評のようです。冷房の効いた場所では、「寒くない?」と自分の上着をかけてあげるなど、「男性は平気でも女性は困ること」を頭に入れて気遣うとよいでしょう。 【3】突然会うことになっても、パパッとデートコースを考えてリードしてくれるとき 「何も考えなくても楽しませてくれる」(30代女性)など、行き先を決めてくれる男らしさに感動する女性もいるようです。急なデートでも「どうしよう」とグズグズするのではなく、人気のカフェやショップをスマホで検索して「行って...more
カテゴリー:

【日刊Sumai】編集部・君島の取材、ときどきプライベート日記 vol.42 - 06月23日(土)11:50 

日刊Sumaiの運営のほか、『住まいの設計』『リライフプラス』の撮影で年間70件以上のお宅撮影に飛び回る編集部・君島(46)の取材こぼれ話や、うっかり母さんなプライベートをチラ見せ! ある方のご自宅です 『relife+(リライフプラス)vol.29』絶賛発売中です。 今回の表紙にも使わせていただいたのは、憲法学者、大学教授でコメンテーターとしても活躍されている木村草太さんのご自宅。 窓の外に豊かな緑が広がる団地をすてきにリノベしてお住まいです。 開放的で、家族が自然と仲良くなれそうな優れたプランにもぜひ注目してくださいね!   イラストの破壊力が… 今号から新連載がいろいろとスタートしたのですが、個人的に気に入っているのが「人気デザイナー・建築家に聞く この建材・設備に恋してます」。 記念すべき初回はブルースタジオさんの若手スタッフ3名に取材させていただきました。 高垣秀雄さんによる似顔絵がめっちゃいい味出してます。 こちらの想像をはるかに超えるアイテムが続々と挙げられ、とっても刺激的で楽しい取材でした。   偶然ですが埼玉つながり 大平一枝さんの連載「東京オアシス(今回は埼玉)」では戸田市にある野の花屋さんを取材させていただきました。創業は28年前とのこと。 グリーンのお花が多いのもステキですよね。 連載「イサドの森」では東大宮にある人気のカフェ&a...more
カテゴリー:

中目黒のPOPでクリエイティブな餃子バー、そのルーツは創業47年の愛され中華料理店 - 06月22日(金)19:00 

2016年のオープン以来、“中目黒のPOPな餃子屋さん”として、地元の人はもちろん、アーティストやアパレル業界で働く人も足繁く通う餃子バー「OHKA THE BESTDAYS(オウカ ザ ベストデイズ)」。 【写真を見る】店内にはオーナー・板橋竜馬さんのコレクションだというPOPな雑貨がいっぱい! 壁に飾られているアート作品は不定期で変わる 「餃子店はこうあるべき、という固定概念に縛られることなく、居心地の良い店にしたいと思ったんです」とオーナーの板橋竜馬さん。お店の中は、20年来の友人であるアーティストのRagelow(レイジロウ)さんのアート作品や、80’SアメリカンのPOPな雑貨など、板橋さんの好きなものであふれている。 ■ 餃子のルーツは、実家の中華料理店 板橋さんの実家は、北区十条の中華料理店「王華(オウカ)」。創業47年、地元の人に愛される町の中華屋さんだ。 「餃子は実家のレシピを受け継いでいます。餡の具材には、豚ひき肉とキャベツ、ニラを使い、粉から手延べした特製の皮で包んでいます。ぜひ、塩と胡椒をかけて召し上がってみてください。餃子に入っている肉や野菜の旨味を強く感じられると思います。シンプルで食べやすい餃子なので、お子さんからも人気なんですよ」(板橋竜馬さん)。 「実家の餃子をベースにしつつ、クラフトビールに合うようチーズやサルサソースでアレンジを加えています。美味...more
カテゴリー:

麻生久美子、『時効警察』以来11年ぶりテレ朝ドラマ『dele』出演 - 06月22日(金)17:00 

 俳優の山田孝之と菅田将暉がダブル主演を務める7月スタートの新ドラマ『dele』(テレビ朝日系/毎週金曜23時15分)の追加キャストとして、女優の麻生久美子の出演が決定。『時効警察』以来、11年ぶりにテレビ朝日のドラマに出演する麻生は「また金曜ナイトドラマに帰って来られて、すごく嬉しいです」と語っている。【写真】麻生久美子『dele』場面写真 「削除」を意味する「dele(ディーリー)」をタイトルに掲げた本作のテーマは“デジタル遺品”。山田演じる主人公の坂上圭司と菅田扮する真柴祐太郎は、クライアントからの依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて内密に抹消することを生業にしているコンビ。二人が任務を遂行しようとするたびにさまざまな問題に巻き込まれていく姿を、1話完結形式で描いていく。 本作で麻生が演じるのは、主人公・坂上圭司の姉で弁護士の坂上舞。亡き父が設立した「坂上法律事務所」を継ぎ、圭司の会社「dele. LIFE」の信用保証を担い、時に資金援助や顧客紹介もするという設定。弟・圭司に祐太郎を引き合わせ、バディを組ませるという、物語上重要なキャラクターだ。 麻生はこのドラマについて「最初にお話をいただいたときにとても面白い企画だったのと、主演のお二人に惹かれて、是非やらせていただきたいと思いました」とコメント。 共演する山田については「山田さんの作られる独特の空気感に最初は少...more
カテゴリー:

麻生久美子、山田孝之×菅田将暉W主演作で『時効警察』以来11年ぶりのテレ朝ドラマ - 06月22日(金)11:13 

女優の麻生久美子が、山田孝之と菅田将暉がW主演を務める金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』(テレビ朝日系、7月27日スタート、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)に出演することがわかった。麻生がテレビ朝日のドラマに出演するのは、『時効警察』シリーズ以来11年ぶりとなる。本作は、パソコンやスマホに残された「デジタル遺品」に初めて光を当てた、1話完結型形のドラマ。主人公の坂上圭司(山田)と真柴祐太郎(菅田)は、依頼人の依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事をしている。麻生が演じるのは、坂上の姉で、弁護士の坂上舞。クライアントの依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事を生業としている圭司に、真逆ともいえる性格の祐太郎を引き合わせ、タッグを組ませる人物だ。もちろん、舞はその後も2人と密に関わっていく。任務を遂行しようとするたび、依頼人の人生とそこに隠された真相をひも解かねばならぬ状況へ追い込まれる圭司と祐太郎にとって、欠かすことのできない協力者として活躍する。麻生は「『時効警察』からもう11年も経ったという事実に驚きましたが、また金曜ナイトドラマに帰って来られて、すごく嬉しいです。最初にお話をいただいた時にとても面白い企画だったのと、主演のお2人に惹かれて、是非やらせていただきたいと思いました」とコメント。山田については「以...more
カテゴリー:

女子から誘われても「本当はデートで行きたくないお店」9パターン - 06月23日(土)13:00 

「好きな女子から誘われたら、どこでも行く!」という男子は多そうですが、行き先によっては及び腰になってしまうこともあるようです。では、どんな場所が男子に不評なのでしょう。今回は『スゴレン』男性読者への調査を元に「女子から誘われても『本当はデートで行きたくないお店』9パターン」を紹介します。 【1】スイーツビュッフェなど、「メシ」が全くないレストラン 「米を出してくれー!」(10代男性)など、腹ペコ男子の心の叫びが聞こえてきそうなお店のチョイスです。また、年齢が高めの男子なら「胸焼けが…」(30代男性)と体調的にも厳しそうなので、デートにはメニューに選択肢の多いお店を選ぶのがよいでしょう。 【2】見渡す限り異性だらけの、女子率90%超えのカフェ 「恥ずかしい…」(20代男性)というように、異性に囲まれてしまうと落ち着きを失ってしまう男子もいるようです。自分だけに気持ちを集中してもらい、ふたりの時間を充実させるためにも、女子オーラ全開の場所は控えたほうがよさそうです。 【3】明らかに身分不相応の、ドレスコードがある超高級レストラン 「食事マナーとか、振る舞い方とか、ヤベェ…」(20代男性)など、ハイソなお店は、男子をビビらせ、緊張させてしまうようです。グレードの高いお店に行きたいときには、「大人の雰囲気のお店に行きたい」などと言って、男子に任せてみてはどうでしょう。 【4】メニューに...more
カテゴリー:

時間よ止まれ!意中の男性とずっと一緒にいたくなる状況9パターン - 06月23日(土)07:00 

男性と一緒にいて思わず「時間よ止まれ!」と願ってしまう瞬間こそ、「恋をしているな」と改めて実感するときなのかもしれません。では、どのようなときにときめきを感じてしまうのでしょうか。そこで今回は、『オトメスゴレン』読者へのアンケートをもとに「気になる男性と一緒にいて、『時間よ止まれ!』と願ってしまう状況」をご紹介します。 【1】送ってもらっていて、家がすぐそこまで見えてきたとき 「少しでも長く一緒にいたいと思うから」(20代女性)など、別れを惜しむ気持ちから想像以上に相手を好きになっていると感じる女性は多いようです。目的地が見えてきたら、「あ、もう着いちゃった」とため息交じりにつぶやくだけでも、もっと一緒にいたかったという気持ちを男性にアピールできるでしょう。 【2】終電の時間が近づいているのに、話が盛り上がってきたとき 「楽しい時間を終わらせるのがツラい!」(20代女性)といったように、永遠に続けられそうな会話に終わりを感じたとき、相手に夢中になっていると気づくことも多いようです。さらに関係性を深めるには、会話にあがった二人だけのキーワードなどをその後も用いてみるといいでしょう。 【3】きれいな夜景や星空を二人でじっと眺めているとき 「特別な時間をもっと共有したいと思うから」(10代女性)といったように、ロマンチックな時間を分かち合うことで、恋する自分を噛みしめる女性も多いよう...more
カテゴリー:

桜庭ななみ、「焼肉ドラゴン」での取っ組み合いのケンカシーンに「全力で感情をぶつけました」 - 06月22日(金)17:00 

演劇界を代表する劇作家・鄭義信による伝説の舞台を映画化した「焼肉ドラゴン」。高度経済成長の時代、大阪の地方都市の一角で小さな焼き肉店を営む在日一家を描いた人間ドラマだ。その一家の美人三姉妹の長女を真木よう子、次女を井上真央、そして三女を桜庭ななみが演じている。今回、歌手を夢見る自由奔放な三女を演じた桜庭にインタビューを敢行! 撮影の裏話や映画の魅力、実は中国語と韓国語を話せるという桜庭の女優としての目標を聞いた。 【写真を見る】映画内で取っ組み合いのケンカシーンを披露!/撮影=大石隼土 ――「焼肉ドラゴン」への出演が決まったときの感想を教えてください。 台本を読む前に舞台版のDVDを見せていただいたのですが、いろいろなメッセージが含まれた作品だなと思いました。それを伝える上でどの役も欠けてはならない存在で、もし一人でも欠けたら、この家族の愛は伝えきれていなかっただろうなと思います。だからこそ、私に美花という役を演じこなせるのか、不安はありましたが、とてもやりがいのある役だったので、この役をまっとうしたいなと思いました。 ――桜庭さんが演じられた美花という女性をどのように捉えていますか? すごく真っ直ぐで純粋な気持ちを持った女の子だと思います。何事にも自分の気持ちにまっすぐに突き進む。そういう純粋さがキラキラしているなと思いました。 ――長谷川の奥さんを演じられた根岸希衣さんとの取っ...more
カテゴリー:

新作のオッサンを連れて帰るオカン、天使のように美しいホスト... 心にヒリリとくる一冊 - 06月22日(金)12:00 

 「どん底にいるすべての人たちへ」という一節で始まる、ツチヤタカユキさんの小説『オカンといっしょ』。同書はどん底とまではいかなくとも、世間の空気を読んでなじもうと努力したり、人間関係を円滑にするために自分を殺したり......と、何かしら生き辛さや息苦しさを感じている人に、ある種の "肯定感"を与えてくれそうな一冊です。一方で、自分はうまくやれていると感じている人も、これを読むと、どこか無理をしていたことに気づくことができるかもしれません。  同書は、NHKの投稿型大喜利番組「着信御礼! ケータイ大喜利」に投稿し続けた"伝説のハガキ職人"である著者の、幼少期から現在に至るまでの半生を描いた作品。その歩みは、幼少期からなかなかに刺激的です。シングルマザーの母が度々家に連れてくる"レンタルおっさん" の新作は、一癖も二癖もある男ばかり。破天荒な母はまだ幼い主人公に、時に辛らつな言葉を吐き、主人公は"普通"ではない母に憎しみすら抱くように。しかし同時に、母の死体の絵を描くような主人公や、壁と話すようになった祖母など、普通から逸脱した人々を許容しない社会に、憤りも感じるようになります。普通と違うからこそ、普通に強い感情を抱く。そんな著者の思いは、刺激的なエピソードを通じて小説全編で描かれます。  例えばそれは、「人間と交尾する牛」の絵を描いて周囲から変人扱いされた中学時代や、泥酔して"...more
カテゴリー:

麻生久美子、山田孝之×菅田将暉W主演作で『時効警察』以来11年ぶりのテレ朝ドラマ - 06月22日(金)11:00 

女優の麻生久美子が、山田孝之と菅田将暉がW主演を務める金曜ナイトドラマ『dele(ディーリー)』(テレビ朝日系、7月27日スタート、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)に出演することがわかった。麻生がテレビ朝日のドラマに出演するのは、『時効警察』シリーズ以来11年ぶりとなる。本作は、パソコンやスマホに残された「デジタル遺品」に初めて光を当てた、1話完結型形のドラマ。主人公の坂上圭司(山田)と真柴祐太郎(菅田)は、依頼人の依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事をしている。麻生が演じるのは、坂上の姉で、弁護士の坂上舞。クライアントの依頼を受け、死後に不都合なデジタル記録をすべて“内密に”抹消する仕事を生業としている圭司に、真逆ともいえる性格の祐太郎を引き合わせ、タッグを組ませる人物だ。もちろん、舞はその後も2人と密に関わっていく。任務を遂行しようとするたび、依頼人の人生とそこに隠された真相をひも解かねばならぬ状況へ追い込まれる圭司と祐太郎にとって、欠かすことのできない協力者として活躍する。麻生は「『時効警察』からもう11年も経ったという事実に驚きましたが、また金曜ナイトドラマに帰って来られて、すごく嬉しいです。最初にお話をいただいた時にとても面白い企画だったのと、主演のお2人に惹かれて、是非やらせていただきたいと思いました」とコメント。山田については「以...more
カテゴリー:

もっと見る

「居心地」の画像

もっと見る

「居心地」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる