「少数民族」とは?

関連ニュース

タイの洞窟から救助されたサッカー少年ら13人のうち4人は無国籍だった! - 07月16日(月)21:06  news

タイ北部の洞窟から救出された地元サッカーチームの少年ら13人のうち4人が無国籍だと判明した。 山岳地帯には無国籍者が多く、珍しいことではないが、 少年らには海外のサッカーチームから試合観戦の招待が届いており、 政府の対応に注目が集まっている。 タイ内務省や地元メディアによると、無国籍は少年3人とコーチ(25)。 少年3人はタイの身分証を持っているが、コーチはないという。 少年らはサッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッドから、 英国での試合に招待されている。 タイでは山岳...
»続きを読む
カテゴリー:

ブログ:ロヒンギャ難民女性、守り続ける伝統の「タナカ」 - 07月15日(日)06:52 

[コックスバザール(バングラデシュ) 6日 ロイター] - ミャンマーでの暴力から逃れ、バングラデシュ南部の難民キャンプに滞在するイスラム系少数民族ロヒンギャの女性や少女の頬を、樹皮から作られた黄色いペーストで描かれた模様が飾っている。
カテゴリー:

麻原彰晃の死刑執行でオウム事件は終わったのか──相次ぐ凶悪犯罪から考える日本社会の病 - 07月12日(木)10:00 

中国社会の一般的な感覚としては、オウム真理教の後継団体が現在も活動を続けていることが最大の「?」と語る、フェニックステレビ東京支局長の李氏7月6日、地下鉄サリン事件などで日本社会を震撼させたオウム真理教の教祖、麻原彰晃(松本智津夫)と幹部たち計7人の死刑が執行された。平成という時代と共に一連のオウム事件も終焉を迎えるのか。それとも、後継団体に新たな信者が増えていると言われる今、事件は現在進行形の問題なのか。「週プレ外国人記者クラブ」第121回は、中国「フェニックステレビ」東京支局長・李淼(リ・ミャオ)氏に話を聞いた──。***──1995年の地下鉄サリン事件は当時、中国ではどのように報道されましたか?李 私はまだ中国の大学に通う学生でしたが、中国でも大きく報道され、その衝撃は今でも生々しく記憶に残っています。当時、中国のメディアは「第2次大戦後、日本で起きた最大のテロ」という言い方でこの事件を伝えました。今振り返っても、地下鉄サリン事件は1990年代の日本で最大の事件だったと思いますし、その後もこれを上回る衝撃を日本社会に与えた事件はないのではないでしょうか。地下鉄サリン事件は都心を通る複数の路線で同時に起きたものですが、私の記憶には「日比谷線」という路線名、その響きが残っていて、97年に来日して初めて日比谷線に乗ったときは、真っ先にオウム真理教の起こしたテロが脳裡に浮かんだことを...more
カテゴリー:

ミャンマー:少数民族との和平会議開幕 スーチー氏主導 - 07月11日(水)18:45 

 ミャンマーのアウンサンスーチー国家顧問兼外相が主導し、政府と少数民族武装勢力の全面和平を目指す3度目の会議が11日、首都ネピドーで開幕した。スーチー氏は冒頭の演説で、武装勢力と国軍の衝突による各地での難民問題を念頭に「全国民が団結することが極めて重要だ」と述べ、停戦協定に署名していない勢力の協力を
カテゴリー:

ロイター記者2人を裁判所が起訴 ミャンマー、ロヒンギャ資料入手 - 07月09日(月)17:29 

【ヤンゴン共同】ミャンマーでロイター通信のミャンマー人の男性記者2人がイスラム教徒少数民族ロヒンギャに関する重要資...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

不只用日本姓氏 台行政部门发言人又被曝曾酒驾 - 07月15日(日)11:12 

Kolas Yotaka(来源:今日新闻网站)   海外网7月15日电 近日,台湾地区行政部门发言人Kolas Yotaka(谷辣斯・尤达卡)可谓争议不断。12日,在担任新的发言人后,随即遭台湾网友嘲讽道:“台湾少数民族还沿用日本姓氏,表彰自己是‘三脚仔’(对汉奸的蔑称)的后代?”昨....
カテゴリー:

まなざし印象的なオイルパステル 萬屋さん個展あすまで - 07月13日(金)21:05 

大崎市在住の萬屋長兵衛さん(65)の個展「風の記憶4」が、同市古川の市民ギャラリー「緒絶(おだえ)の館」で開かれている。15日まで。 黒人女性や少数民族の子どもらをオイルパステルで描いた絵画約60点が
カテゴリー:

公共向けアルゴリズムには慎重な配慮が必要だ - 07月12日(木)08:00 

【編集部注】著者のBrian Brackeenは、顔認識ソフトウェアを開発するKairosのCEOである。 最近MIT Technology Reviewに掲載された記事で、記事の著者Virginia Eubanksが自身の著書である”Automating Inequality”(不平等の自動化)について論じている。その中で彼女は、貧困層が不平等を増加させる新技術のテスト場にされていると主張している。なかでも、アルゴリズムがソーシャルサービスの受給資格を判断するアルゴリズムに使用されると、人びとがサービスを受けにくくなり、一方では侵害的な個人情報提供を強制される点が強調されている。 私は、法執行機関による顔認識の公的使用に関する危険性について、多くのことを語ってきたが、それでもこの記事には目を開かされた。アルゴリズムデータに基く決定によって、本当にサポートサービスが必要な人たちに対する支援が拒絶もしくは削減されてしまうという、不平等で生命を脅かす実情が存在している。 私たちは、住宅ローン、クレジットカード申請、自動車ローンなどの、私たちの生活について恣意的な決定を下す企業にはある程度慣れている。とはいえそうした決定は、決定のための直接的な要因にほぼ基いている、クレジットスコアや、雇用状況、そして収入などだ。これに対してソーシャルサービスに対するアルゴリズム的...more
カテゴリー:

ミャンマー:ロイター記者2人起訴 ロヒンギャ資料入手で - 07月09日(月)18:33 

 ミャンマーでロイター通信のミャンマー人の男性記者2人がイスラム教徒少数民族ロヒンギャに関する重要資料を警察から不法入手したとして逮捕された問題で、最大都市ヤンゴンの裁判所は9日に審理を開き、国家機密法違反の罪で2人を起訴することを決定、2人は即日起訴された。
カテゴリー:

勝訴後の難民不認定は違法=スリランカ人再提訴で-東京地裁 - 07月05日(木)18:31 

 難民認定訴訟で国に勝訴後、再び不認定処分を受けたスリランカ国籍の男性(58)が、改めて認定を求めて国を訴えた訴訟の判決が5日、東京地裁であった。清水知恵子裁判長は「男性は難民に該当し、国の処分は違法」と述べ、国に対し、男性の難民認定を命じた。勝訴後に再び難民認定を求めた訴訟の判決は初めて。 男性は2006年、スリランカで現地武装組織の協力者と疑われ、兄がいたカナダに向かう途中、経由地の中部国際空港で拘束された。日本での難民申請が認められずに提訴し、大阪地裁は11年、不認定処分の取り消しを命じた。判決は確定したが、法務省が再び不認定とした。 清水裁判長は「国は難民に該当することを前提に処分を検討すべきで、再度不認定とする場合、国に立証責任がある」と指摘。国側は09年の内戦終結後に治安が改善したと主張したが、判決は「少数民族の男性が帰国すれば、拘束や拷問を受ける恐れがある」と退けた。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「少数民族」の画像

もっと見る

「少数民族」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる