「少年期」とは?

関連ニュース

親は先に死ぬ。甘やかされた子どもたちを待ち受ける恐ろしい現実 - 06月21日(木)17:45 

教育の現場で頻発する「いじめ」を見つめ続けてきた無料メルマガ『いじめから子供を守ろう!ネットワーク』。今回のテーマは、「甘やかされた子供」です。羽化直前のアゲハ蝶は、硬いさなぎの殻を破るためにもがき苦しみます。それを自力で乗り越えたからこそ、美しい羽根を拡げ飛ぶことができるのです。では、はさみで殻を破ってあげたらどうなるでしょう。記事では、多くの親が同じことをやってしまっていると訴えます。 甘やかされた子供 私はボーイスカウトの指導者が長かったので、様々な子供を見てきました。育つ環境は、本当に人それぞれです。大金持ちの家庭もいれば、経済的に大変な家庭もあり、偏差値も75から30台までと幅広く、兄弟の数から、出身地、趣味に体力にと、人の数だけの違いがありました。 その中でも「大丈夫かなあ」と心配になった子供は、大抵が、甘やかされた子供です。 夏の長期のキャンプ。「夏期野営」と言いますが、4泊5日は、初参加の小6には地獄だったでしょう。わが家にいれば、お母さんの上げ膳据え膳で、エアコンの効いた部屋でゲームでしょうが、ボーイスカウトのキャンプでは、寝ている時しか自分の時間はありません。右も左も分からない中で、ポリタンクで遠くまで水汲みに行かされるなどの下働きばかり。まだ技術も経験もありませんから、仕方ありません。班長や先輩の命令は絶対で、それより怖い指導者の眼も光っています。その地獄の...more
カテゴリー:

【ニュース解説】新幹線殺傷 親子の軋轢で孤立、仕事で挫折し引きこもり… 親族証言やメモから浮かぶ男の「暴力性」★2 - 06月20日(水)20:26  newsplus

6/20(水) 10:55配信 神奈川県内を走行中の東海道新幹線内で乗客の男女3人が刃物で襲われ殺傷された事件で、小島一朗容疑者(22)は県警の調べに「むしゃくしゃしてやった。誰でも良かった」と供述し、社会への恨みにも言及している。凶行の背景に何があったのか。親族の証言や自筆ノートからは親子の軋(あつ)轢(れき)から家庭で孤立し、現実社会にもなじめないまま自殺願望や暴力性を強めた半生が浮かぶ。 「今は『元息子』という感覚。籍もなく家族ではない」。愛知県一宮市の父親(52)は昨年9月に母方の祖母(81)と養...
»続きを読む
カテゴリー:

【新幹線殺傷】容疑者は親子の軋轢で孤立、仕事で挫折し引きこもり…社会環境が彼を狂わせた事が判明へ - 06月20日(水)11:03  news

神奈川県内を走行中の東海道新幹線内で乗客の男女3人が刃物で襲われ殺傷された事件で、小島一朗容疑者(22)は県警の調べに「むしゃくしゃしてやった。 誰でも良かった」と供述し、社会への恨みにも言及している。凶行の背景に何があったのか。親族の証言や自筆ノートからは親子の軋 (あつ)轢(れき)から家庭で孤立し、現実社会にもなじめないまま自殺願望や暴力性を強めた半生が浮かぶ。 ■「家族ではない」  「今は『元息子』という感覚。籍もなく家族ではない」。愛知県一宮市の父親(52)は昨年9月に母方の祖母(8...
»続きを読む
カテゴリー:

【漫画家】 黒岩よしひろ氏の死に思う 描き切れぬ漫画家の苦悩 - 06月04日(月)21:36  moeplus

(写真) 黒岩よしひろ氏「魔神竜バリオン」と「変幻戦忍アスカ」?黒岩よしひろ/集英社 Photo By 提供写真  5月16日、漫画家の黒岩よしひろ氏が死去したと報じられた。同8日、心筋梗塞のため55歳で亡くなっていたとのことだった。  代表作は月刊少年ジャンプで1992年から連載され、アニメ化もされた「鬼神童子ZENKI」(谷菊秀氏原作)。だが、1980年代後半から90年代の少年期に週刊少年ジャンプをむさぼり読んだ記者としては、当時の黒岩氏の作品が懐かしい。  残念ながら同誌ではヒットに恵まれなかっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【声優】櫻井孝宏、“親友論”語る「大人になると知り合いは増えるけど、友達は増えない」 - 06月03日(日)16:12  moeplus

2018-06-03 12:38  声優の梶裕貴、櫻井孝宏、小林由美子が3日、都内で行われた『劇場版「PEACE MAKER 鐡」前編~想道~』公開記念舞台あいさつに出席した。 →【写真】その他の写真を見る  同作は、幕末動乱の時代が舞台で、新撰組での生活の中で出会いや別れを通して成長していく主人公・市村鉄之助と仲間たちとの物語。  無事に公開を迎え、新撰組隊士で市村鉄之助の青年期を演じた梶は「声優を目指していた時に見ていた作品で、オーディションを挑んだ時は緊張したことを覚えています」と振り返った。  市村の少年期を演...
»続きを読む
カテゴリー:

親は先に死ぬ。甘やかされた子どもたちを待ち受ける恐ろしい現実 - 06月21日(木)17:45 

教育の現場で頻発する「いじめ」を見つめ続けてきた無料メルマガ『いじめから子供を守ろう!ネットワーク』。今回のテーマは、「甘やかされた子供」です。羽化直前のアゲハ蝶は、硬いさなぎの殻を破るためにもがき苦しみます。それを自力で乗り越えたからこそ、美しい羽根を拡げ飛ぶことができるのです。では、はさみで殻を破ってあげたらどうなるでしょう。記事では、多くの親が同じことをやってしまっていると訴えます。 甘やかされた子供 私はボーイスカウトの指導者が長かったので、様々な子供を見てきました。育つ環境は、本当に人それぞれです。大金持ちの家庭もいれば、経済的に大変な家庭もあり、偏差値も75から30台までと幅広く、兄弟の数から、出身地、趣味に体力にと、人の数だけの違いがありました。 その中でも「大丈夫かなあ」と心配になった子供は、大抵が、甘やかされた子供です。 夏の長期のキャンプ。「夏期野営」と言いますが、4泊5日は、初参加の小6には地獄だったでしょう。わが家にいれば、お母さんの上げ膳据え膳で、エアコンの効いた部屋でゲームでしょうが、ボーイスカウトのキャンプでは、寝ている時しか自分の時間はありません。右も左も分からない中で、ポリタンクで遠くまで水汲みに行かされるなどの下働きばかり。まだ技術も経験もありませんから、仕方ありません。班長や先輩の命令は絶対で、それより怖い指導者の眼も光っています。その地獄の...more
カテゴリー:

【ニュース解説】新幹線殺傷 親子の軋轢で孤立、仕事で挫折し引きこもり… 親族証言やメモから浮かぶ男の「暴力性」 - 06月20日(水)16:36  newsplus

6/20(水) 10:55配信 神奈川県内を走行中の東海道新幹線内で乗客の男女3人が刃物で襲われ殺傷された事件で、小島一朗容疑者(22)は県警の調べに「むしゃくしゃしてやった。誰でも良かった」と供述し、社会への恨みにも言及している。凶行の背景に何があったのか。親族の証言や自筆ノートからは親子の軋(あつ)轢(れき)から家庭で孤立し、現実社会にもなじめないまま自殺願望や暴力性を強めた半生が浮かぶ。 「今は『元息子』という感覚。籍もなく家族ではない」。愛知県一宮市の父親(52)は昨年9月に母方の祖母(81)と養...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】『ロシアW杯頑張れニッポン』本田の大叔父・大三郎さん「むしゃんよか」の圭佑よ!チーム勝たせてこそ集大成 - 06月16日(土)11:04  mnewsplus

http://www.hochi.co.jp/soccer/worldcup/CO034053/20180615-OHT1T50307.html 2018年6月16日10時0分 スポーツ報知  MF本田圭佑の大叔父で、1964年東京五輪カヌー日本代表の本田大三郎氏(83)=マホロバ・ホンダカヌースクール代表=が登場。少年期の本田を育てた祖父・満さん(故人)の弟にあたり、本田に多くの影響を与えてきた。ロシアW杯が集大成となる“圭佑”へ、辛口ながらも愛のあるエールを送った。(取材・構成=井上 信太郎)  僕も、圭佑を育てた兄夫婦も熊本出身。肥後(熊本)には「むしゃんよか」という言...
»続きを読む
カテゴリー:

【声優】櫻井孝宏、“親友論”語る「大人になると知り合いは増えるけど、友達は増えない」 - 06月03日(日)20:56  mnewsplus

2018-06-03 12:38  声優の梶裕貴、櫻井孝宏、小林由美子が3日、都内で行われた『劇場版「PEACE MAKER 鐡」前編~想道~』公開記念舞台あいさつに出席した。 →【写真】その他の写真を見る  同作は、幕末動乱の時代が舞台で、新撰組での生活の中で出会いや別れを通して成長していく主人公・市村鉄之助と仲間たちとの物語。  無事に公開を迎え、新撰組隊士で市村鉄之助の青年期を演じた梶は「声優を目指していた時に見ていた作品で、オーディションを挑んだ時は緊張したことを覚えています」と振り返った。  市村の少年期を演...
»続きを読む
カテゴリー:

「少年期」の画像

もっと見る

「少年期」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる