「小野寺五典防衛相」とは?

関連ニュース

【テレ朝】リベラルで安倍政権に強い報道姿勢の小川彩佳アナ 「報道ステーション」卒業が意味する局の変革 - 08月15日(水)18:27  mnewsplus

小川彩佳アナは『報道ステーション』のサブキャスター就任以来、一貫してリベラルな報道姿勢を貫いてきた。 その最たる例が、財務省の福田淳一前事務次官によるテレビ朝日女性社員へのセクハラ問題の際に発した発言だ。 『報道ステーション』2018年4月19日放送回では、セクハラ問題のニュースを報じた後、 すぐには次の話題に行かずしばらく憮然とした表情で押し黙り、深いため息をついてから次のニュースを紹介した。  また、同月27日放送『報道ステーション』での小川アナは、セクハラ問題に対し、より直接的な言及をしている。...
»続きを読む
カテゴリー:

日米防衛相:北朝鮮情勢で電話協議 - 08月11日(土)01:24 

 小野寺五典防衛相は10日夜、マティス米国防長官と電話協議し、北朝鮮情勢で意見交換。核を含む大量破壊兵器の「完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄」に向け、国連安保理決議の完全履行を確認した。陸上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の円滑な導入で引き続き協力することで一致した。協議は午後9時半から約3
カテゴリー:

辺野古移設:防衛相「十分な質疑応答ない」聴聞終了に不満 - 08月10日(金)17:42 

 小野寺五典防衛相は10日の記者会見で、沖縄県が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設先、名護市辺野古沿岸部の埋め立て承認撤回に向け、防衛省沖縄防衛局から弁明を聞く聴聞を終了したことについて不満を表明した。「十分な質疑応答がなされず約2時間半で終結宣言がされた。満足のいくやりとりができなかった」と述べた
カテゴリー:

安全性「不合理な点ない」知事、オスプレイの説明了承 - 08月09日(木)07:53 

佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、機体の安全性に関する防衛省の説明の精査を終えた佐賀県の山口祥義知事は8日、定例会見で「不合理な点がないことを確認した」と述べ、説明内容を了承した。今後は、国に対する漁業者の不信感を払しょくするため、漁業振興策や補償の枠組みについて国との交渉を進める考えを示した。  山口知事は、小野寺五典防衛相が7月23日に説明した機体の安全性や安全対策の方向性に関し、これまでの説明との一貫性などを精査した。
カテゴリー:

【国防】自衛官採用年齢の上限を現行の26歳から6歳引き上げ32歳に。28年ぶり採用年齢拡大。今年10月から施行。防衛省 - 08月07日(火)10:52  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180807-00000000-san-pol 防衛省は、自衛官の採用年齢の上限を現行の26歳から32歳に引き上げる方針を決めた。関連規則を改正した上で今年10月から施行する。 少子化などの影響で自衛官の確保が困難になっていることを踏まえた措置で、平成31年度には人材確保に関する政策立案の司令塔となる部署も新設する。 複数の政府関係者が6日、明らかにした。 自衛官のうち「自衛官候補生」と「一般曹候補生」の現行の募集対象は18~26歳で、上限を6歳引き上げる。今週中にも採用年齢を...
»続きを読む
カテゴリー:

防衛相「佐賀県知事の理解は前進」・佐賀空港オスプレイ配備計画 - 08月11日(土)09:47 

佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画を巡り、小野寺五典防衛相は10日の閣議後会見で、佐賀県の山口祥義知事が機体の安全性と安全対策に理解を示したことについて「前進と受け止めている」と評価した。知事が協議を再開する考えを表明したことに関しても「しっかり取り組んでいく」と話した。 小野寺氏は、山口知事が国に対して駐屯地予定地の地権者である漁業者の不信感を払しょくするように求めている点に触れ、「省としてこのことを非常に重く受け止める」と強調した。
カテゴリー:

【安倍首相】豪雨被災地を「手抜き」視察~20万円のスイートルームで3選対策に躍起 - 08月10日(金)23:22  seijinewsplus

 7月5日、安倍首相を筆頭に自民党首脳陣がバカ騒ぎを繰り広げていた「赤坂自民亭」の夜。ちょうどそのころ、西日本各地を襲った豪雨が甚大な被害をもたらし始めていた。安倍首相の大好きな言葉、「危機管理」をこれほど無視、軽視したふるまいは無く、被災者感情を逆なでする愚行なのは明らかだ。  野党から批判の声が上がるのは当然だが、赤坂自民亭に参加していた小野寺五典防衛相は「(赤坂自民亭から)その都度指示を出していた」と釈明。しかし、当の防衛省から「指示は出していない」とハシゴをはずされ、赤っ恥をかいている...
»続きを読む
カテゴリー:

沖縄県の撤回判断注視 政府 防衛相「大変残念だ」 - 08月09日(木)10:05 

 【東京】翁長雄志知事の死去を受け政府関係者は8日夜、辺野古新基地建設の埋め立て承認の撤回に向けた9日の聴聞は予定通り、手続きを踏まえて臨む方針だと説明した。翁長知事が公言していた撤回の判断を巡っては、県知事の職務代理者となった副知事の今後の判断を注視する姿勢を示した。  小野寺五典防衛相は8日...
カテゴリー:

防衛局、あすの聴聞応諾 小野寺氏「期日向け作業」 - 08月08日(水)10:14 

 【東京】名護市辺野古の新基地建設で、埋め立て承認撤回に向けた県の手続きに関連して沖縄防衛局が求めていた聴聞期日の延期を県が拒否した件で、小野寺五典防衛相は7日の会見で「当該期日に向け、作業を加速する」と語り、9日の聴聞に応じる姿勢を示した。小野寺氏は期日の延期を県が拒否したことについて「準備に...
カテゴリー:

自衛官の採用年齢の上限を現行の26歳から32歳に。お前らチャンスだぞ - 08月07日(火)09:34  poverty

自衛官採用上限32歳に 10月施行 28年ぶり6歳引き上げ 防衛省は、自衛官の採用年齢の上限を現行の26歳から32歳に引き上げる方針を決めた。関連規則を改正した上で今年10月から施行する。 少子化などの影響で自衛官の確保が困難になっていることを踏まえた措置で、平成31年度には人材確保に関する政策立案の司令塔となる部署も新設する。複数の政府関係者が6日、明らかにした。 自衛官のうち「自衛官候補生」と「一般曹候補生」の現行の募集対象は18~26歳で、上限を6歳引き上げる。 今週中にも採用年齢を定...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「小野寺五典防衛相」の画像

もっと見る

「小野寺五典防衛相」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる