「小野塚勇人」とは?

関連ニュース

安西慎太郎「野球を愛しながら教えてくださった」桑田真澄の野球指導に興奮 - 07月17日(火)16:52 

7月27日(金)から上演される「舞台『野球』飛行機雲のホームラン~Homerun of Contrail~」の記者会見が行われ、主演・安西慎太郎ら出演者13人、野球監修の桑田真澄、作・演出の西田大輔が登壇した。 【写真を見る】「舞台『野球』飛行機雲のホームラン~Homerun of Contrail~」の記者会見に安西慎太郎ら出演者13人(村田洋二郎はMC)、野球監修の桑田真澄、作・演出の西田大輔が登壇 同作品は、戦禍の中“野球”に憧れを抱き、白球を追い掛けた少年たちの物語。元プロ野球選手で野球解説・評論・指導者の桑田が野球監修を務める、野球と真剣に向き合った作品となっている。 ■ 僕たちの全力プレーを 安西は「最初の顔合わせの時に、西田さんが『すげぇ作品を作ろう』って言ってくださって、そこから一丸となって“すげぇ作品”を作っています。見に来てくれたお客さまが一生忘れないというか、心の中に残る作品を作りたいなと思っています。時代背景などありますが、とにかく本気で汗をかいて、本気で疲れて、本気で汗をかいています。その僕たちの全力プレーをぜひ見ていただけたらうれしいです」とあいさつ。 永瀬匡も「見に来てくださるお客さまは、観劇より野球観戦に近い気持ちになる舞台になるんじゃないかなと感じています。僕らは全力で野球を愛して、球場の上に立っているような気持ちで稽古をさせていただいているので、...more
カテゴリー:

桑田真澄、俳優たちに野球指導  舞台でも「伝わってくる感動は同じ」 - 07月17日(火)15:22 

 舞台「野球」飛行機雲のホームランの記者会見が17日、東京都内で行われ、出演者の安西慎太郎、多和田秀弥、永瀬匡、小野塚勇人、野球監修を務めた元読売巨人軍投手の桑田真澄氏ほかが出席した。  本作は、戦禍の中「野球」に憧れを抱き、白球を追い掛けた少年たちの物語。1944年、戦況が深刻化し、敵国の競技である野球は弾圧され甲子園大会は中止された。甲子園への夢を捨て切れないまま、予科練に入隊した少年たちは、“最後の1日”に、出身校同士で、紅白戦を行う。  主演の安西は「見てくれたお客さまが、一生忘れない、心に残るような作品を作りたい。本気で汗をかく、僕らの全力プレーを見ていただけたら」とアピールした。  安西は、肘のけがをきっかけに野球をやめた経験があるという。「久々に野球をやってみると、やはり楽しい、そして難しいスポーツだなと思った。改めて1人ではできないスポーツだなと感じました」と率直な思いも語った。  野球監修を務めた桑田は、今回のオファーについて「(これまで)舞台を2度ほどしか見たことがなかったので戸惑いもあったが、大学院で野球の歴史を勉強していた僕にもできることがあるのではないか…と思い、挑戦することにしました」と説明した。  実際に球場で、キャッチボール、フライ捕球、バッティングなどを演者に指導した桑田氏は「初日に彼らに伝えたことが、2日目にはみんなできていて、こんなに短期間で成...more
カテゴリー:

「小野塚勇人」の画像

もっと見る

「小野塚勇人」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる