「小池百合子東京都知事」とは?

関連ニュース

「ショート・ショート・フェスティバル」20周年、グランプリはシンガポールの実力派 - 06月18日(月)10:45 

 今年20周年を迎えたアカデミー賞公認のアジア最大級の国際短編映画祭「ショート・ショート・フィルム・フェスティバル&アジア2018」のアワードセレモニーが6月17日夜、東京・代々木神園町の明治神宮会館で行われ、木村佳乃、千葉真一、菊川怜、森崎ウィン、三池崇史監督、小池百合子東京都知事らが出席した。 ・【フォトギャラリー】授賞式の様子、その他の写真はこちら  コンペティション部門の3部門の優秀作品から選ばれるグランプリ「ジョージ・ルーカス アワード」は、アジア・インターナショナル部門優秀賞のイーウェイ・チャイ監督(シンガポール)による「カトンプールでの最後の日」に決まった。同賞はジョージ・ルーカスの冠がついた世界初の賞で、次年度のアカデミー賞短編部門にノミネートされる。  ホラーからコメディまで幅広いジャンルを演出する実力派のチャイ監督は、「思いもよらなかったので、圧倒されています。東京のみなさん、ありがとう。この喜びをみんなで分かち合いたい。夢が現実になった。何をいっていいのか、分からない。シンガポールに帰って、みんなに伝えたいです」と大興奮だった。  幼少期に通っていたカトン地区のプールが解体されることを聞きつけたベンジャミンが、過去に感じた魔法のような時間を取り戻そうと願いながらプールへ向かうというストーリー。「主人公の少年が素晴らしく、誰もが持っている子ども時代の淡い...more
カテゴリー:

『SSFF&ASIA 2018』グランプリはシンガポールの監督作品に決定 - 06月17日(日)20:25 

 アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018』(略称:SSFF & ASIA)のアワードセレモニーが17日、都内で開催され、グランプリ「ジョージ・ルーカスアワード」はシンガポールのイーウェイ・チャイ監督作品『カトンプールでの最後の日』に決定した。 【写真】別所哲也と握手する小池百合子都知事  映画祭全体では130以上の国と地域から過去最多1万本以上の作品応募があり、オフィシャルコンペティション3部門については、「インターナショナル部門」は多様性を感じることのできる作品が、「アジア インターナショナル部門」は普遍的なテーマを扱った作品が目立った。また、「ジャパン部門」はタイムスリップなど非日常を描いたエンターテインメント性の高い作品が多い傾向となった。  世界初となるジョージ・ルーカスの名を冠したグランプリ(オフィシャルコンペティション3部門の各優秀賞から選出)を受賞した『カトンプールでの最後の日』は、幼少期に通っていたプールが解体されることを聞きつけた少年が、過去に感じた魔法のような時間を取り戻そうと願いながらプールに向かう姿を描いた作品。子ども時代の淡い思い出を美しい色彩と巧みな演出で表現した。  チャイ監督は「予想外のことで圧倒されています。皆さん、ありがとうございます」と喜びのコメント。「この喜びを国のみんなと分かち合い...more
カテゴリー:

羽生結弦選手、JOCスポーツ賞受賞に喜び 多くの失敗も「成長につながる」 - 06月08日(金)17:42 

 フィギュアスケーターの羽生結弦選手(23)が8日、都内で開催された『平成29年度JOCスポーツ賞 表彰式』に出席。受賞に笑顔を見せた。 【写真】羽生スマイルがいっぱい!パレードの模様(計100枚)  羽生選手は『平成29年度JOCスポーツ賞』の「年度賞 特別栄誉賞」を受賞。平昌五輪ではフィギュアスケート男子で66年ぶりとなる五輪2連覇を達成し、1日に国民栄誉賞の授与が決まった。  受賞のインタビューで羽生選手はケガを乗り越えての金メダルに「平昌五輪では自分の1番高い難易度の構成ではなかった。ただ、あのときの自分の実力の最大限のことは出し切れた」と平昌五輪を回想し、飽くなき挑戦を続けることを約束。  「挑戦にはケガのリスクがつきもの。失敗ということも確実に経験しなくてはいけない。だからこそ、それが成長につがる。技術的な面だけでなく、人間としての成長にもつながるかな」と心得を語り、今後の目標については「4回転アクセルに向けて挑戦していきたい」と力を込めた。  来賓として出席した小池百合子東京都知事は羽生選手、小平奈緒選手らを祝福。そして羽生選手、小平選手を見やると「後でサインください」とおねだりして笑わせた。 ■『平成29年度JOCスポーツ賞』受賞者 「最優秀賞」 スケート/スピードスケート 小平奈緒選手 「年度賞 特別栄誉賞」 スケート/スピードスケート 高木美帆選手 ...more
カテゴリー:

木村佳乃、中川翔子、森崎ウィンらも登壇!ショートフィルムの映画祭、アワードセレモニー開催 - 06月17日(日)20:46 

今年で20周年を迎えた米国アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2018」(SSFF & ASIA)で、ジョージ・ルーカス監督の名を冠したグランプリ「ジョージ・ルーカス アワード」受賞作を発表するアワードセレモニーと、レッドカーペットイベントが開催。木村佳乃や小池百合子東京都知事、千葉真⼀、ノミネート監督や豪華俳優が来場した。 【写真を見る】叶美香は大胆スリットのセクシードレスで美脚を披露! 小池都知事は「ショートショート フィルムフェスティバル & アジアがちょうど20周年を迎えられ、東京都も主催の一部といたしまして、応援をして参りました。こんなに大勢のみなさんにお越しいただき、都知事としても大変うれしく思っております」と挨拶をした。 栄えある「ジョージ・ルーカス アワード」を受賞したのは、アジアインターナショナル部門優秀賞(東京都知事賞)受賞作『カトンプールでの最後の日』で、次年度の米国アカデミー賞短編部門ノミネート候補作品となる。 本作を手掛けたシンガポールのイーウェイ・チャイ監督は「予想外のことで圧倒されています。本当にありがとうございました。夢が現実になったみたいです」と大喜びでトロフィを握りしめた。 ジャパン部門優秀賞は小原正至監督のアニメーション作品『THE ANCESTOR』が、インターナショナル部門の優秀賞はイタリア...more
カテゴリー:

羽生結弦選手、国民栄誉賞受賞で気持ちを一新「文化を大事に日本人らしい人間でいたい」 - 06月08日(金)18:15 

 フィギュアスケーターの羽生結弦選手(23)が8日、都内で開催された『平成29年度JOCスポーツ賞 表彰式』に出席。国民栄誉賞の受賞決定後、初めての公の場で笑顔を見せつつも気を引き締め直した。 【写真】羽生スマイルがいっぱい!パレードの模様(計100枚)  羽生選手は『平成29年度JOCスポーツ賞』の「年度賞 特別栄誉賞」を受賞。平昌五輪ではフィギュアスケート男子で66年ぶりとなる五輪2連覇を達成し、1日に国民栄誉賞の授与も決まった。  受賞のインタビューで、羽生選手はケガを乗り越えての金メダルに「平昌五輪では自分の1番高い難易度の構成ではなかった。ただ、あのときの自分の実力の最大限のことは出し切れた」と回想し、飽くなき挑戦を続けることを約束。  「挑戦にはケガのリスクがつきもの。失敗ということも確実に経験しなくてはいけない。だからこそ、それが成長につながる。技術的な面だけでなく、人間としての成長にもつながるかな」と心得を語り、今後の目標については「4回転アクセルに向けて挑戦していきたい」と力を込めた。  来賓として出席した小池百合子東京都知事は羽生選手、小平奈緒選手らを祝福しながら、「後でサインください」とおねだりして笑わせた。  囲み取材では、報道陣から改めて受賞を祝福されると「ありがとうございます」と笑顔。直後に受賞の思いを語る際には表情を一変し、「国民栄誉賞を授...more
カテゴリー:

「小池百合子東京都知事」の画像

もっと見る

「小池百合子東京都知事」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる