「小日向文世」とは?

関連ニュース

あの大物脚本家が激怒! ドラマ『高嶺の花』でも好演の小日向文世、実は“ダメ人間”だった? - 07月18日(水)19:00 

今月11日からスタートしたテレビドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)で、ヒロイン・月島ももの父親役を務める小日向文世。穏やかな笑顔が印象的な名バイプレーヤーだ。 小日向と言え...
カテゴリー:

ドラマ「高嶺の花」主演! 石原さとみさんにインタビュー - 07月18日(水)10:00 

■ 独特な言い回しの多いセリフにも注目してほしい 【写真を見る】「登場人物それぞれの言葉がすごく特徴的で、1 時間のドラマの中で、いろんな言葉遣いが見えてきます」  石原さとみさんが主演を務める連続ドラマ「高嶺の花」。「愛という名のもとに」や「ひとつ屋根の下」など、多くの名作ドラマを手がけてきた野島伸司が脚本を担当している本作で、石原さんは華道の名門・月島流の本家に生まれた天才華道家、月島もも役で出演。 「以前から野島さんの作品に出演してみたいと思っていましたので、お話をいただいた時はすごくうれしかったです。最初、『美女と野獣』のような、身分の違う、ギャップのある恋愛ストーリーだと聞いていたので、明るい話なのかなと思っていましたが、脚本を読んでみると、野島さんらしい影を感じさせる部分がありました。この作品では、カリスマ的な人物を演じていますが、そういう役柄は初めてなので、クランクインする前はどんなふうに演じようか悩みました」 石原さんが、注目してもらいたいポイントは「セリフ」。 「独特な言い回しが多くて、普段の生活では使わない言葉もたくさん出てきます。下町感のある血の通ったセリフから、最先端の流行語、ちょっとクラシカルなセリフまで。登場人物それぞれの言葉がすごく特徴的で、1時間のドラマの中で、いろんな言葉遣いが見えてくるので、会話やちょっとしたやりとりなどを楽しんでもらえると思いま...more
カテゴリー:

ももクロ・百田夏菜子、満島真之介らがこれぞニッポンの海を再発見! - 07月13日(金)14:23 

中京テレビ制作の「これぞニッポンの海~水の恵みと生きる人々~」が、7月16日(月・祝)昼2:55~日本テレビ系全国28局ネットで放送される。 【写真を見る】満島真之介は約10年ぶりに鹿児島県・加計呂麻島を訪問/(C)CTV 海の日特番として21回目を迎える今回のテーマは「水の恵みと生きる人々」。旅人が日本の思い入れのある土地を訪れ、その海と共に生き、海を守る人々と出会う。鮮やかに色づく3つの海を舞台に、小日向文世、若村麻由美、満島真之介、百田夏菜子の4人の旅人が各々のゆかりの地を訪れ、豊穣な海・澄んだ水に恵まれた「ニッポンの魅力」を再発見する。 俳優・小日向文世が訪れたのは、北海道・三笠市と積丹町、東川町。小日向にとって、北海道は18歳まで生まれ育った故郷で、「故郷は常に心に残している」と語るほど北海道への想いは深い。そんな彼が、故郷の三笠、思い出の海・積丹を48年ぶりに訪れ、「青の秘密」に迫る。また、澄み切った水を求めて移住者が続出しているという東川町にも足を運び、旭岳の地下水をそのまま生活水として利用していることに感激する。 女優・若村麻由美は、静岡県・清水町の柿田川へ。2002年から毎年、富士山の清掃活動に取り組む若村が、富士の湧き水を水源とする柿田川を訪れ、伏流水が織りなす絶景と、それを守る人々に出会う。今回初めて富士山の雪解け水が湧水として人々の役に立っているところを見る...more
カテゴリー:

『高嶺の花』初回、石原さとみの「なりたい顔、1位っしょ!」に反響 - 07月12日(木)11:07 

 女優の石原さとみ主演のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第1話が11日に放送され、ヒロインを演じる石原の「学年で4番目って…何なら“なりたい顔”1位っしょ!!」というセリフに視聴者から「間違いない」「自分で言っちゃうの最高」「マジのやつやんそれ」などの声がSNSに殺到した。【写真】石原さとみ、芳根京子、峯田和伸ら『高嶺の花』オフショット 華道の名門「月島流」の令嬢・もも(石原)は、婚約者・吉池(三浦貴大)が別の女性を妊娠させていたことが分かり、式当日に結婚が破談。そんなももを、父の市松(小日向文世)や妹のなな(芳根京子)も心配していた。この月島家の危機に乗じて、新興華道家・宇都宮龍一(千葉雄大)が市松に接触を図ってきた。 ある日、ももは道で転んでしまい、乗っていた自転車を大破。迷い込んだ商店街の自転車店で、店主の直人(峯田和伸)に修理を依頼する。直人は、高飛車なももにいら立ちも見せず、にこやかに自転車を預かった。そんな中、直人は、長く介護してきた母・節子(十朱幸代)を亡くす。ももが再び直人の店を訪れたとき、彼は見合いの真っ最中。そこでももは、直人が、商店街の皆から愛されていること知る…。 ももは自転車の修理を依頼したときに、汚れた服の代わりに直人から借りていた服を直人に返すために下町を再訪する。そこで直人の同級生・幸平(袴田吉彦)、太郎(吉田ウーロン太)から“学...more
カテゴリー:

石原さとみ、芳根京子、千葉雄大ら『高嶺の花』オフショットが話題 - 07月12日(木)06:30 

 石原さとみの主演ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の公式SNSが、初回放送に向けた番組宣伝やドラマ撮影のオフショットを続々と公開し、「かわいい」と話題になっている。【写真】『高嶺の花』の本当に楽しげなオフショット<16枚> 今週に入り、同局の『深イイ話2時間スペシャル』『火曜サプライズ』に石原と峯田和伸、『踊る!さんま御殿』に芳根京子、千葉雄大、戸田菜穂、『笑ってコラえて!23年目突入SP』には石原が出演して宣伝活動を行っていた『高嶺の花』チーム。放送当日の『ZIP!』『スッキリ!!』『ヒルナンデス!』の生放送番組には、石原&峯田コンビで“電波ジャック”していた。 同時にドラマ撮影も進行しているようで、笛木優子&袴田吉彦&吉田ウーロン太、十朱幸代と峯田、小日向文世と戸田&芳根など、撮影中の笑顔のオフショットが、インスタグラムとツイッターに続々と投稿されている。 桝太一アナウンサー、川島海荷、DAIGO、藤森慎吾ら日本テレビおなじみの番組出演者とのショットや、おなじみのキャラクターや台本を手にした写真に、ファンからは「かわいい」「ドラマの撮影もあるのに、本当にお疲れ様です!」「全部見てます」といった声が殺到。オフショットには「仲の良さがとっても伝わってきます」「素敵 可愛い 美しい」「楽しみすぎます!!」といった声が殺到している。引用:https://www.ins...more
カテゴリー:

遠藤憲一「アウト&アウト」に白鳥玉季&要潤&竹中直人ら参戦! ビジュアルも披露 - 07月18日(水)12:00 

 遠藤憲一の主演で、木内一裕氏の小説を実写映画化する「アウト&アウト」に、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」「永い言い訳」の出演で注目を集めた人気子役・白鳥玉季ちゃん、要潤、岩井拳士朗、高畑淳子、竹中直人の出演が決まった。あわせて、各キャストが演じる登場人物にフォーカスを当てた場面写真、ティザービジュアルがお披露目された。 ・【フォトギャラリー】「アウト&アウト」場面写真  原作小説は、「藁の盾」などで知られる木内氏が手がけたクライムエンタテインメント。小学2年生の少女・栞と2人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能(遠藤)のもとに、一本の依頼の電話が入り、指定された場所に向かう。しかし、依頼人は既に死体となっており、そのすぐ近くには覆面姿の男。完璧な殺人計画に巻き込まれた矢能だったが、犯人の誤算を見抜き、反撃を開始する。「きうちかずひろ」名義で映画監督の顔も持つ木内氏が自らメガホンをとった。  出演が発表されたキャストの役どころは、玉季ちゃんが矢能の相棒となる少女・栞役、要が事件の鍵を握る与党議員・鶴丸清彦役を熱演。実写「心が叫びたがってるんだ。」にも出演した新人俳優・岩井が覆面姿の男を演じるほか、矢能が世話になっている婆さん役に高畑、矢能と栞を密かにサポートしている情報屋役として竹中が参加している。  「七歳の少女の相棒(パートナー)は、元ヤクザの男」「職業、探偵。」...more
カテゴリー:

石原さとみ主演ドラマ『高嶺の花』第1話が酷評された理由って? - 07月13日(金)21:00 

今月12日、「スポーツ報知」のwebサイトで、11日夜に、日本テレビ系で放送された連続ドラマ『高嶺の花』の第1話の平均視聴率が11.1%(ビデオリサーチ社調べ)だったことが分かり、好スタートであったと報じられた。 ドラマ『高嶺の花』は、人気脚本家の野島伸司氏(55)のオリジナル作品で、華道の名門「月島流」の本家に生まれた”月島もも”と、平凡な自転車屋の店主の”風間直人”が、偶然に出会ったことから始まるラブストーリー。 同ドラマの公式サイトでは、「美女と野獣の超・格差恋愛!高嶺の花が地上に舞い降りたとき、二人はまさかの恋に落ちる……!」と、紹介されている。 ”高嶺の花”の月島ももを、石原さとみ(31)が、”地上の凡夫”の風間直人を、峯田和伸(40)が演じ、そのほか、芳根京子(21)、千葉雄大(29)、三浦貴大(32)、小日向文世(64)、戸田菜穂(44)らが出演している。 初回放送の第1話では、ヒロインのももが、結婚式の当日に破談になったことで深く傷つき、不安定になってしまったある日、自転車で激しく転倒。泥だらけのまま、壊れた自転車を引きずり、辿り着いた古ぼけた自転車屋で、直人と出会う場面などが描かれた。 ドラマ『高嶺の花』の第1話について、ネットにはどのような声が寄せられたのだろうか。 ◆期待外れ?おもしろくなかった? ネット掲示板ガールズちゃんねるには、かなり厳しい感想が多く寄せ...more
カテゴリー:

野島伸司脚本『高嶺の花』初回、「哀しむ人は愛の人」に賛否の声 - 07月12日(木)11:38 

 女優の石原さとみ主演のドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第1話が11日に放送され、劇中のクライマックスで峯田和伸演じる直人が語った「哀しむ人は愛の人」というセリフにツイッターでは視聴者から「セリフに救われる」「素敵すぎて響いた」という賛同の声が殺到する一方で、異議を唱えるツイートも寄せられた。【写真】石原さとみ、峯田和伸、芳根京子ら『高嶺の花』オフショット 華道の名門「月島流」の令嬢・もも(石原)は、婚約者・吉池(三浦貴大)が別の女性を妊娠させていたことが分かり、式当日に結婚が破談。そんなももを、父の市松(小日向文世)や妹のなな(芳根京子)も心配していた。この月島家の危機に乗じて、新興華道家・宇都宮龍一(千葉雄大)が市松に接触を図ってきた。 ある日、ももは道で転んでしまい、乗っていた自転車を大破。迷い込んだ商店街の自転車店で、店主の直人(峯田和伸)に修理を依頼する。直人は、高飛車なももにいら立ちも見せず、にこやかに自転車を預かった。そんな中、直人は、長く介護してきた母・節子(十朱幸代)を亡くす。ももが再び直人の店を訪れたとき、彼は見合いの真っ最中。そこでももは、直人が、商店街の皆から愛されていること知る…。 第1話のクライマックスは、婚約者の裏切りによる精神的なショックから立ち直れないももを、直人が励ますという展開に。 直人は、「自分が傷つけられたとき、怒る人と...more
カテゴリー:

【視聴率】 石原さとみ主演「高嶺の花」初回11・1%の好スタート - 07月12日(木)11:00  mnewsplus

女優の石原さとみ(31)が主演する日本テレビ系連続ドラマ「高嶺の花」(水曜後10・00)が11日にスタートし、初回平均視聴率が11・1%だったことが12日、分かった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。  前クールの「正義のセ」の初回11・0%を超える好スタートを切った。  ヒットメーカー、野島伸司氏(55)によるオリジナル脚本で、式当日に婚約者の二股交際が発覚し、結婚が破談となり心に大きな傷を負った名門華道家の月島もも(石原)と、商店街の自転車店店主・風間直人(峯田和伸=40)の“格差恋愛”を描...
»続きを読む
カテゴリー:

【試写室】石原さとみ主演「高嶺の花」、視聴後に生まれる違和感こそ物語を楽しむカギ - 07月11日(水)22:06 

7月11日(水)に石原さとみ主演×野島伸司脚本の新ドラマ「高嶺の花」(夜10:00スタート、日本テレビ系)がスタートする。先日、第1話の先行試写会が行われ、放送を前に見させてもらうことができた。 【写真を見る】美し過ぎる石原さとみ/(C)NTV 本作は、石原演じる“高嶺の花”の天才華道家・月島ももと、平凡で取りえのない自転車店店主・風間直人(峯田和伸)の格差恋愛を人気脚本家・野島が描く。 第1話を前に、台本を読んでいたが「この語尾はあの俳優さんはどういう強弱、どんなイントネーションで語るのか」「あの人ならどんなテンションで言うのだろう」というポイントが随所にあり、色を塗る前の“塗り絵”のような印象を受けた。そのため、映像になることに非常に期待を寄せていた。 第1話を見終わって、湧いた感情は「ただのラブストーリーではない、でも、なんじゃこりゃ」。心地の良い違和感だ。 1話は、もも(石原)と直人(峯田)の恋路に取り巻く環境の複雑さが明らかに。ゴチャゴチャ感というより“混沌”とした状況を、芳根京子、千葉雄大、戸田菜穂、小日向文世、他にも直人が店を営む商店街の面々など、実力派俳優たちがしっかりと立ったキャラクターで、より物語を濃厚にする。 このドラマは、かねてよりジャンルを「純愛エンターテインメント」と称していたが、その表現は適切だと思った。恋愛、仕事、家族、仲間、過去、さまざまな要素が丁...more
カテゴリー:

もっと見る

「小日向文世」の画像

もっと見る

「小日向文世」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる