「小島藤子」とは?

関連ニュース

映画「猫は抱くもの」主演! 沢尻エリカさんにインタビュー - 06月20日(水)12:00 

■ そのハードルの高さがあったから頑張れた 【写真を見る】「自分の中で自分なりの答えを出していければ、それがハッピーなのかなって」  沢尻エリカさんが6年ぶりに主演を務める映画「猫は抱くもの」。元アイドルで現在は田舎のスーパーで働く沙織(沢尻)と、自分を人間だと思い込んでいる猫・良男(吉沢亮)との関係を描いた心温まる物語に仕上がっている。 「元アイドルという役なので、歌ったり踊ったりする場面もありますし、妄想シーンでは舞台での演劇もしているので、やらなくてはいけないことがたくさんあって大変でした(笑)。でも、そのハードルの高さがあったからこそ、頑張れたというところもあったと思います」  ファンタジックな場面も多いが、共感できるリアルな心情もしっかりと描かれている。 「自分の人生について悩んだりする時期がありますよね。特に女性の場合、30代が大きな転換期だと思うのです。仕事もプライベートも、その時期にどうするかで、その後の人生が変わっていくんじゃないかなって。私も沙織と同世代なので、すごく共感できました」  現実と妄想の世界を行き来する物語だが、そこから感じ取れるものはとてもリアルで共感度も高い。 「人生は思ったとおりにいかないことが多いですし、悩むことも多いと思います。でも、思ったとおりにいくことがすべてじゃなくて、そうじゃなくても自分の中で自分なりの答えを出していければ、それがハ...more
カテゴリー:

「連続ドラマW ダブル・ファンタジー」主演! 水川あさみさんにインタビュー - 06月13日(水)12:00 

■ 「私で務まるのか」という不安が最初はありました 【写真を見る】「私自身はもっと普通の安定した恋愛がいいです(笑)」  村山由佳の官能ラブロマンス小説「ダブル・ファンタジー」がドラマ化され、6/16㊏からWOWOWプライムで放送がスタートする。水川あさみさんは主人公の脚本家・高遠奈津役で出演。 「これまでにもベッドシーンのある作品に出演したことはありました。でも、『ダブル・ファンタジー』はそのシーンありきと言うか、それなしには話が展開していかなくて、そういう描写があるからこそ話が成立する作品です。性的な気持ちの強い“女性”として作品に臨むのは初めてなので、『私でちゃんと務まるのかな?』という不安は、正直、最初はありました」  夫の省吾(眞島秀和)をはじめ、舞台演出家の志澤一狼太(村上弘明)、大学の先輩で現在は新聞記者の岩井良介(田中圭)など、個性や年齢が違う男性との関係性もこのドラマの大きな見どころとなっている。 「夫の省吾とは最初はいろんなことを共有して、愛し合っていて、うまくいっていたんだと思うんです。でも些細なことで大きく変わり、疎ましく感じるようになったのでしょう。志澤先生は人生においての先輩であり、憧れの存在でもあります。そんな人に支配されていることに対して信じられない気持ちとうれしい気持ちがあって…。でもずっとは続かないこともわかっています。先輩の岩井さんは居心地のい...more
カテゴリー:

「いま、もっとも美しい42歳」岩本和子写真集で「自分を愛し過ぎています」 - 06月08日(金)11:00 

6月7日、東京・八重洲ブックセンターにて、岩本和子さんのファースト写真集「神秘」(光文社)の発売を記念したイベントが開催された。 【写真を見る】ファースト写真集「神秘」(光文社)の発売を記念したイベントに出席した岩本和子さん 岩本さんはモデル、美容家として活躍し、39歳でグラビアアイドルに転身し大きな話題に。「いま、もっとも美しい42歳」と言われている。 写真集イベント直前に会見が開催され、岩本さんはウエディングドレスの衣装で登場。 「自分を愛し過ぎて、毎日、うれしくて自分の写真集をジロジロ見ています。写っている自分も、写真集を出せるまでに頑張って来た自分も愛おしいので、自分自身と結婚する気持ちでこの衣装で来ました」と挨拶した。 写真集のタイトルである「神秘」については、「39歳で自力でグラビアアイドルに転身した私が、42歳で写真集を出せることそのものが『神秘』です!」と語った。 好きなカットについて聞かれると、「気にいった写真は、ちょっと締め付けられた衣装を着ているので好きです。また、その時の顔とポーズもとても気にいってます。この写真集は、たまりにたまった私の妄想を爆発させたシーンが満載です」とコメント。 また、ロケ地である砂漠のリゾート・ドバイについては、「かつては、ドバイの王様の夫人の座を狙っていた時期もありましたが、写真集という形でドバイに足を踏み入れた事が...more
カテゴリー:

映画「キスできる餃子」主演! 足立梨花さんにインタビュー - 06月13日(水)12:00 

■ 得意料理は餃子と言えるくらいになりました 【写真を見る】「観る人がそれぞれ違う楽しみ方ができる作品だと思っています」  栃木県宇都宮市を舞台とした映画「キスできる餃子」6/22㊎に公開される。足立梨花さんが演じる主人公の藤田陽子は、イケメンの夫の浮気が原因で離婚した子連れのシングルマザー。タイミング悪く、勤め先からも解雇され、ケンカ別れした父親が住む宇都宮の実家に帰ることに…。 「秦建日子監督による地方創生ムービーの第2弾なんですけど、宇都宮が舞台でタイトルが『キスできる餃子』というのを聞いて、最初は『それってどんな話?』って思いました(笑)。監督と宇都宮餃子会の方がいらっしゃって、熱いお話を聞かせてもらったら『おもしろそうだな』と思いましたし、撮影が始まるのが楽しみになりました」  陽子の恋愛だけでなく、いろんな視点で楽しめる映画に仕上がっている。 「ラブストーリーに重心を置いて観る人もいると思いますし、コメディ部分を重点に観る人もいると思います。それだけじゃなくて、餃子などの食べ物だったり、陽子の成長物語だったり、観る人がそれぞれ違う楽しみ方ができる作品だと思っています。でも、作品を観た皆さんが共通して言うのは『見終わったあと、餃子が食べたくなった』でした(笑)」 映画「キスできる餃子」6/22㊎全国、6/15㊎栃木県先行ロードショー 「アンフェア」シリーズの原作や、数多く...more
カテゴリー:

小島藤子 初主演映画「馬の骨」の桐生コウジ監督の印象は「近所のおじちゃん…みたいな感じ」 - 06月11日(月)14:54 

■ 21日間連続トークショーの9日目は小島藤子さんと貫地谷しほりさんが登場! 【写真を見る】緊張する小島さん「帰りたい気分です(笑)」  6月10日、東京・テアトル新宿で映画「馬の骨」公開記念のトークショーが開催された。出演者は、この映画の監督を務めた桐生コウジさん、主演の小島藤子さん、小島さんの事務所の先輩にあたる女優の貫地谷しほりさんの3人。  映画「馬の骨」は、80年代後半、BEGINやたまなど、数多くのバンドを輩出し、バンドブームの火付け役となった伝説の番組「三宅裕司のいかすバンド天国」(通称、イカ天)。その番組に出演し、審査委員特別賞を受賞した「馬の骨」のボーカル、桐生コウジさんが自身の体験を基に脚本を書き、自ら監督を務めて制作された作品。桐生さん自身も「熊田」という役で出演している。  6月2日の公開初日から「21日間連続トークイベント」を開催しており、この日が9日目となる。作品の上映が終わり、壇上に桐生さんが登場。小島さんを呼び込み、イベントがスタートした。小島さんは映画発主演作を先輩の貫地谷さんに観てもらい、これからその感想をもらうということで「帰りたい気持ちです(笑)」とかなり緊張している様子。しかし、貫地谷さんがステージに登場し「すごくいい作品だなって思いました。スクリーンの中で藤子ちゃんが堂々としていたので、大人になったなって」と感想を伝えると、小島さんはホッ...more
カテゴリー:

「小島藤子」の画像

もっと見る

「小島藤子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる