「小山田」とは?

関連ニュース

小山田壮平が弾き語りツアー開催、ファイナルは中野サンプラザホール - 06月20日(水)20:21 

小山田壮平(AL)が9月から10月にかけて弾き語りツアーを開催する。
カテゴリー:

【『ゴーストワールド』の日本版!? 悩める女子高生を描いた青春映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』】VOL.39 押見修造さん(漫画家) - 06月12日(火)10:10 

「アバンギャルド夢子」や「スイートプールサイド」「漂流ネットカフェ」など多くの人気作を手掛けてきた漫画家の押見修造さん。なかでも「惡の華」は、2013年にテレビアニメ化し、累計240万部を突破する大ヒット作となりました。そんななか、7月14日からは南沙良さん、蒔田彩珠さんダブル主演で映画化となった『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が全国公開となります。今回は、そんな押見さんに、映画のことや影響を受けた作品などについて語っていただきました! ◆◆◆ ------本作には押見さん自身の体験も盛り込まれているそうですね。 押見さん(以下、敬称略) 主人公の高校一年生・志乃は、人前でうまく話ができない「吃音(きつおん)」に悩まされているのですが、実は僕自身も「吃音」なんです。自己紹介のときに名前を言おうとすると言葉が出なくなってしまう。すると相手の人は「大丈夫かな」と心配になると思うんですが、それがまた辛い。それが何回も続くと、なるべく人と会わないようにしようと引きこもりがちになるんです。でも、話すのはだめでも歌なら歌えたんです。「これは使えるぞ」と、そんな経験を志乃のキャラクターに投影していたり、歌にまつわるシーンを登場させたりしました。 『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』より ------ストーリーは菊地を含めた同級生三人がメインとなって進んでいく青春ストーリーですね。 ...more
カテゴリー:

金一族が北朝鮮国民に行う「文学による洗脳」の実態 - 06月09日(土)19:00 

6月12日に迫っている米朝会談に注目が集まっている。日本やアメリカ、ヨーロッパ諸国だけでなく、中南米や中東のメディアでもこの会談について報じており、ほとんど「全世界」がこの会談の行方を注視している状態だ。「北朝鮮がどのような条件で核放棄に応じるか」「応じた場合、経済制裁の解除はどのタイミングで行われるか」など、今回の会談には交渉がもつれそうなポイントがいくつかある。「アメリカが北朝鮮の統治体制を承認するか」もその一つだろう。俗にいう「体制保証」である。この体制保証が実現すれば画期的なことである。長年アメリカや欧米諸国は「民主主義の敵」として、常に北朝鮮の独裁的な政治体制を非難してきたからだ。■北朝鮮が進める「文学による国民教化」の実態ところで、北朝鮮の体制は「アメリカ(やアメリカと歩調を揃える国際社会)からのお墨付き」を得れば安泰、というわけではもちろんない。あらゆる独裁的・専制的な政治体制は、自国民が体制に不満を持たないようにするシステムを必要とする。粛清や強制労働をちらつかせた恐怖による統治や、情報統制がそれである。「金正恩は白頭山の血統にあらず」など、北朝鮮国民が金正恩氏の統治者としての正当性に疑問を持つように仕向けるためのメッセージを風船に括り付け、韓国側の国境から飛ばすことで脱北を促すという話が知られているが、北朝鮮にしても諸外国からの国内世論への揺さぶりと無縁ではない。...more
カテゴリー:

蘇我氏のルーツ、朝鮮半島出身の渡来人? 新説で迫る - 06月20日(水)16:04  dqnplus

塚本和人2018年6月20日11時00分  飛鳥時代に天皇を超えるほどの権力を握ったとされる大豪族の蘇我氏。そのルーツが朝鮮半島西南部の全羅道(チョルラド)地域からの渡来人とする新説を、 奈良県教育委員会の坂靖(ばんやすし)・文化財保存課長補佐(考古学)が唱えている。「日本書紀」では悪者扱いされたが、 先進文化の受容など開明的だったとも言われる蘇我氏の実像に、新著「蘇我氏の古代学 飛鳥の渡来人」(新泉社、本体2500円)で迫った。  近年、奈良県明日香村では蘇我氏との関わりが指摘される重要な発掘調査が相...
»続きを読む
カテゴリー:

6月15日(金)よりCIAO PANIC COUNTRY MALLにて小山田窯 山田洋次展を開催します! - 06月11日(月)12:00 

[株式会社パル] [画像: https://prtimes.jp/i/11430/255/resize/d11430-255-188625-0.jpg ] CIAO PANIC COUNTRY MALL(チャオパニック・カントリーモール)にて、6月15日(金)より陶芸家である山田洋次氏の作品を集めた『小山田...
カテゴリー:

『コードギアス』谷口悟朗監督を直撃、待望の新シリーズは「世界をさらに広げていく…キーワードが復活」 - 06月08日(金)15:00 

2017年に誕生から100周年を迎えた日本のアニメ――。日本が世界に誇る一大コンテンツのメモリアルイヤーを記念して、週プレNEWSでは旬のアニメ業界人たちへのインタビューを通して、その未来を探るシリーズ『101年目への扉』をお届けしてきた。 第9回は、アニメ監督の谷口悟朗さん。5月26日より公開中の映画『コードギアス 反逆のルルーシュⅢ 皇道』について語っていただいた連続インタビュー(第1回・第2回)の最後は、今後の制作が決まっている待望の新シリーズの展開について伺った。 ■最初のバージョンは5時間くらいあった ―前回は元々、アニメ志望ではなかったのに紆余曲折の末、今の立場に至るきっかけをお話しいただきました。今回は『コードギアス』という作品のこれからについてお聞きできればと。劇場版3部作の最後を飾る『皇道』では、しっかり続編に繋がるであろう伏線がありました。この結末を決めてから、逆算して全体を再構成していくという方法をとられたんですか? 谷口 そこはTVシリーズの時の作り方と変わってないですね。ただ、極めて情報量が多い作品なので、辻褄が合うように並べるだけでも大変で。 ―最初に繋いでみたら1本あたり5時間くらいになったとか。 ...more
カテゴリー:

「小山田」の画像

もっと見る

「小山田」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる