「小室哲哉」とは?

関連ニュース

エイベックスがフィンテック領域へ参入 独自決済システムを提供 - 05月24日(木)16:42 

 エイベックスがフィンテック領域へ参入するための100%子会社「エンタメコイン株式会社」を6月に設立することが24日、わかった。エンタメコイン株式会社では、2019年初頭を目処に、エイベックスグループや、芸能事務所、エンタテインメント関連事業者へ、低手数料、低コストで活用できるブロックチェーン技術を用いた独自の決済システムを提供するほか、チケット、ファンクラブ、ECなど、導入事業者が提供している個々のサービスを簡単に連携・集約し決済機能も紐付けられる総合プラットフォーム・アプリケーションと併せて提供することを予定している。 浜崎あゆみ、LGBTイベントで涙の熱唱  5月11日に東京・青山の本社で行われた「2018年3月期 決算説明会」では、現・代表取締役社長CEOの松浦勝人氏が6月22日付で代表取締役会長CEOに就任し、「Entertainment×Tech」を主軸とした新規事業創出に注力することを発表した。  同社は、「未来志向型エンタテインメント企業」を目指し、コンテンツを核に「VR/AR/MR」「バーチャルYouTuber」「ゲーム」「フィンテック/ブロックチェーン」「インフルエンサーマッチング」「ライブ配信/ライブコマース」など、自社だけでなく、ジョイントベンチャーやM&Aなどの形態は問わず、新事業を展開することを掲げていた。今回のECI設立を機に、エンタテインメント...more
カテゴリー:

DJ KOO、小室哲哉に言及「戻ってきてほしい」 - 05月23日(水)07:06 

 TRFのDJ KOO(56)が22日、都内で、動画配信アプリ「17 Live」とエイベックスの共同オーディションの記者発表会に出席した。  25周年を迎えたTRFに「25のチャレンジとかコラボをやりたい」と意欲をみせた。引退を表明した…
カテゴリー:

小室哲哉 引退撤回せず「小室っぽいと言われるのが苦痛でした」 - 05月22日(火)00:00 

本誌の直撃取材に“左耳の聴力ゼロ”という危機的状況で緊急入院していたことを明かした小室哲哉(59)。1月に“引退”を発表した小室は、マスコミの取材を受けるのは「これが本当に最後」と断りつつ、妻・KEIKO(45)との将来や日本中から声が挙がる“引退撤回”の声について率直に答えてくれた。 1月の記者会見当時、大分の実家に戻っていたKEIKOは、あの会見を見たのだろうか。 「はい。あのあと、電話で何度か話しています」 ――どんなお話をされたんでしょうか。 「簡単なコミュニケーションをとってるだけなんですよ」 ――会見では最後、“介護の大変さ”に言及されました。ご自分の体調もよくないなか、KEIKOさんとの今後についてどうお考えでしょうか。 「僕が自分勝手というのが大前提なんですけれど……。一般の方でいったら“定年”みたいな年齢で、家族や夢について、今後の道先を決めていかなければいけないんですが、どういうふうに2人でやっていけるものなのか。そして、どういう道があるのか。まだまだちゃんと決められてないんです。彼女のケアを含めて、今後どうしていくか……見守ってください」 この日、無事に退院した小室はファン...more
カテゴリー:

中居正広、小室哲哉の凄さに感心 「帰ってきて欲しいな」と反響 - 05月21日(月)04:15 

16日に放送された日本テレビ系「ナカイの窓」で放送された内容が反響を呼んでいる。 番組では、エイベックス株式会社についてトークを展開し、その中で小室哲哉に関する話題が上がった。 輸入レコードの卸販売業として設立されたと紹...
カテゴリー:

【芸能】<松本人志、有吉弘行、サンドウイッチマン…お笑い戦国時代>「次のボスは誰だ?」 - 05月15日(火)19:21  mnewsplus

軍団を率いる殿も、美女を追いかけるバカ殿もお疲れモード!? 新時代の“殿”は辣腕か中堅か若手か? 「十数年後、2018年は“お笑い界の歴史の大きな分岐点だった”と位置づけられているかもしれません」(芸能プロ幹部)  フジテレビが大ナタを振るった――この春、3月いっぱいで、『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』(ともにフジテレビ系)が終了。それぞれ30年、22年の長い歴史に幕を閉じ、ゴールデンタイムは変革必至の様相だ。 ■ビートたけしの『オフィス北野』独立騒動 「さらに、3月...
»続きを読む
カテゴリー:

仮面ライダービルド、ルパパトも収録!「CDツイン スーパー戦隊VS仮面ライダー」6月20日発売 - 05月24日(木)10:00 

(c)2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映  (c)2018 テレビ朝日・東映AG・東映 スーパー戦隊と仮面ライダーの歴代の楽曲が収録された2枚組CD「CDツイン スーパー戦隊VS仮面ライダー」が発売されます。 定期的に発売されているこの2つのヒーローの2枚組CD、2018年は最新ヒーロー『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(通称ルパパト)、『仮面ライダービルド』のほか、劇場版『仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判』の主題歌が収録されています。 全21曲の豪華ラインナップをぜひチェックしてみてください! DISC1はスーパー戦隊!最新ヒーロー『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のテーマも収録 DISC1には、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』のテーマソング『ルパンレンジャーVSパトレンジャー』を収録。子ども向け番組のテーマとは少し趣向の違う、ジャズの要素を加味したブラス・ロック調で、少しばかり“大人っぽさ”を感じる楽曲なのです。スーパー戦隊シリーズ第1作目『秘密戦隊ゴレンジャー』以来のデュエット曲で、男性パートか女性パートか、子どもは歌うのを迷ってしまうかも? ルパンレンジャー、パトレンジャーそれぞれのテーマソングも収録されていますよ。 『宇宙戦隊キュウレンジャー』ほか、過去のスーパー戦隊...more
カテゴリー:

小室哲哉 引退撤回せず「小室っぽいと言われるのが苦痛でした」 - 05月22日(火)12:30 

本誌の直撃取材に“左耳の聴力ゼロ”という危機的状況で緊急入院していたことを明かした小室哲哉(59)。1月に“引退”を発表した小室は、マスコミの取材を受けるのは「これが本当に最後」と断りつつ、妻・KEIKO(45)との将来や日本中から声が挙がる“引退撤回”の声について率直に答え...
カテゴリー:

小室哲哉 突発性難聴で入院していた!状態悪化で2週間療養 - 05月22日(火)00:00 

「もう僕は引退した身ですから。記者会見の前から残っていた作曲のお仕事も、すべて終わりました。これから発表される楽曲はまだありますが、やり残した仕事、作らないといけない楽曲といったものは、もうゼロになりました。だから僕はもう“私人”。僕が入院していたことが変なふうに伝わるといけないので、今回だけは少しお答えしますが、今後はいっさいありません。これが本当に最後です……」 今年1月、『週刊文春』で“不倫”が報じられた小室哲哉(59)。1月19日の引退会見から4カ月が過ぎた、5月中旬のある日。都内の総合病院のエントランスに車が横付けされると、1人の男性が乗り込んだ。小室哲哉、その人だ。 最近は新曲も発表。残っていた仕事を順調にこなしていると思われた小室は、じつは5月上旬からこの病院で入院生活を送っていたのだ。車で立ち寄った都内のビルの前で記者が声をかけると、小室は冒頭のように断ったうえで、記者の質問に答えてくれた。 ――なぜ入院されていたんでしょうか? 「突発性難聴の治療です。片方の耳の聴力が聴音検査でほとんど聞き取れないくらいに悪化して。(記者会見の前より)状態は悪くなっています。音に触れないほうがいいということで急遽、入院命令が出て、2週間ほど療養していました。ちょっと情けないんですけれど」 ひとつ安...more
カテゴリー:

ムービーコミック「あのコの、トリコ。」がdTVにて配信中 - 05月20日(日)13:30 

2017年2月、小室哲哉プロデュースでデビューし、自身初となるアルバムのリリースが決定したDef Willの新曲「Curiosity」が主題歌となっている、ムービーコミック「あのコの、トリコ。」がdTVにて配信中。 【写真を見る】主題歌「Curiosity」を歌うDef Will 同作品は、白石ユキ原作の2013~2016年に「Sho-Comi」(小学館)にて連載されていた、コミック累計50万部突破の人気作品で、吉沢亮、新木優子、杉野遥亮で実写映画化も決定している。 また、同作の鈴木頼役には「ユーリ!!!on ICE」で主演を務め、第12回声優アワードにて主演男優賞を受賞した豊永利行、さらにヒロインの雫役に諏訪彩花、幼なじみでライバルの昴役に白井悠介と、人気声優がキャスティングされていることでも話題となっている。 同作品主題歌の「Curiosity」は、Def Willのファーストアルバム『Def Will』にも収録される小室哲哉書き下ろしの新曲で、Def Willのライブでは昨年から歌われていたファンにとってはなじみ深い曲となっている。 ヒロイン・雫をイメージさせるような明るく元気でとてもポップな曲調となっており、女の子たちの「好奇心」を詰め込んだ歌詞も作品を盛り上げている。 初回配信は第1話・第2話同時配信となっており、第1話はdTVにて無料配信されている。(ザテレビジョン) ...more
カテゴリー:

松本、有吉、サンド…お笑い戦国時代「次のボスは誰だ?」 - 05月14日(月)20:00 

 軍団を率いる殿も、美女を追いかけるバカ殿もお疲れモード!? 新時代の“殿”は辣腕か中堅か若手か? 「十数年後、2018年は“お笑い界の歴史の大きな分岐点だった”と位置づけられているかもしれません」(芸能プロ幹部)  フジテレビが大ナタを振るった――この春、3月いっぱいで、『とんねるずのみなさんのおかげでした』『めちゃ×2イケてるッ!』(ともにフジテレビ系)が終了。それぞれ30年、22年の長い歴史に幕を閉じ、ゴールデンタイムは変革必至の様相だ。 ■ビートたけしの『オフィス北野』独立騒動 「さらに、3月中旬から、ビートたけしさん(71)の『オフィス北野』独立騒動が世間を賑わせています。たけしさんは新会社『T.Nゴン』へ移籍。レギュラー番組もそのまま存続しており、特にテレビ界に影響はないように見えますが、このお家騒動によるたけしさんへのダメージは決して浅くありません」(前同)  現在は小康状態を保っているが、突如の分裂劇に、日本中が注目した。「たけし本人や、たけし軍団が問題視している『オフィス北野』森昌行社長による“裏切り”も、互いにすれ違いがありそうで、業界的には森社長への同情論も聞こえてきます。森社長は、たけしの映画を、ポンピドーセンターやカルティエ財団などに売り込み、芸術家として“世界のキタノ”を作り上げた功労者。二人三脚が解消され、“たけしブランド”への影響...more
カテゴリー:

もっと見る

「小室哲哉」の画像

もっと見る

「小室哲哉」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる