「小売店」とは?

関連ニュース

【企業】ドンキHD社長、西友買収に「興味ある」 - 08月13日(月)19:25  bizplus

 ドンキホーテホールディングス(HD)の大原孝治社長は13日、都内で開いた事業説明会で米ウォルマートが売却を検討しているスーパー大手の西友について、「本当に西友を売却する意向なのであれば興味がある」と述べた。 大原社長は「小売業には不動産が必要で、西友のなかには今では手に入らない立地が多数ある」と指摘した。具体的な検討をしているかについては明言を避け、「(西友の資産について)詳細な分析が必要だ。中身をみないと本当に魅力的と言えるかはわからない」とした。  ウォルマートが売却方針の西友を巡っては...
»続きを読む
カテゴリー:

【アイス】森永の「チョコモナカ」のパリパリ追求がスゴすぎる 品質改善続け、販売数は17年連続で過去最高 - 08月12日(日)07:32  newsplus

2018年08月12日 8月初旬、炎天下の神奈川県大和市。「チョコモナカジャンボ」「アイスボックス」を製造する、森永製菓のグループ会社・森永エンゼルデザートの大和工場ではフル生産が続いていた。 「あの資材がない、あの原料がなくなりそう、って話がどんどん来る。大忙しだ」と生産管理を担当する兼目一氏は笑う。今年の夏は6月中旬から9月中旬まで週7日、休みなしの稼働が続く(設備メンテナンス休止を含む)。 チョコモナカジャンボができるまで 森永製菓はこの大和工場と佐賀県の鳥栖(とす)工場との2カ所でアイスの生産をし...
»続きを読む
カテゴリー:

【環境】リーバイ・ストラウス&カンパニー2025年までにGHG排出量を40%削減へ - 08月10日(金)06:19  newsplus

 「リーバイス(Levi’s)」ブランドで知られるデニム大手リーバイ・ストラウス&カンパニーは、2025年までにサプライチェーンの温室効果ガス(GHG)排出量を16年比で40%削減する目標を発表した。   ■同業にも呼びかけ    ウォールストリート・ジャーナルによると、同社はジーンズ、Tシャツ、ジャケットなどの商品を生産するため、39カ国にサプライヤーの縫製・繊維工場を抱えており、直接取り引きするティア1サプライヤー500社超のうち約60社で環境対応プログラムの導入を始める。同社ではこれらの業者が、生産量、GHG排出量...
»続きを読む
カテゴリー:

【ネット騒然銘柄】『ビジョナリーHD』が1億株の「大売り出し」 “やられた派”と“買い戻し狙い派”で書き込み錯綜 - 08月07日(火)15:30 

眼鏡小売店「メガネスーパー」を傘下に抱えるビジョナリーホールディングス(9263)。7月25日に9939万株の株式売り出しを発表し、2日で4割近くも株価が爆下げ…
カテゴリー:

スーパー「店内飲食だと税率10%、イートインだと8%、計算がめんどい…」 財務省「税込価格を同じにすればいい」とアドバイス - 08月05日(日)09:31  poverty

軽減税率、悩むスーパー 店内飲食と持ち帰りで違い 財務省「税込み価格同じに」 2019年10月に予定される消費税率引き上げまで1年余りとなり、小売業界が軽減税率制度への準備を本格化してきた。 食料品を持ち帰るか店内で食べるかで顧客が払う消費税率が異なるので、スーパーのレジ精算などに混乱が懸念されるためだ。 イートイン専用レジなど対策を練るものの妙案は乏しく、財務省は本体価格を調整して税込み価格を一つにそろえる「疑似一物一価」ともいえる価格設定を小売店に推奨している。 軽減税率… https://www.nikkei...
»続きを読む
カテゴリー:

【朗報】米コロラド州「大麻解禁したら儲かり過ぎてワロタwおまけに雇用も増えて万々歳www他の州もやってみろよ」 - 08月12日(日)12:23  poverty

米デンバー市長、大麻税収50億円を発表 合法化へ団結呼びかけ https://forbesjapan.com/articles/detail/22480 米コロラド州デンバーのマイケル・ハンコック市長は2012年に、大麻合法化に反対していた。 しかし、その後数年が経過した今、ハンコックはデンバーでの大麻合法化が前向きな効果を生み、 新たな雇用や税収をもたらしたことを正式に認めた。 8月9日、デンバーの当局は大麻合法化後の進捗レポートを公開。 「今回のレポートは我々が複数の企業とともに行なってきた、取り組みの結果を示すものだ。 デンバーは米国の...
»続きを読む
カテゴリー:

【決済】日本人が"現金払い"に執着する意外な理由 - 08月11日(土)16:54  bizplus

本格的に、「お財布不要」の時代が来るかもしれない。 現金のやりとりなしで決済をする「キャッシュレス化」が世界的に進んでおり、2015年の民間消費に占めるクレジットカードとデビットカードの割合は世界で約40%にのぼっている。だが、日本は17%程度で、現金決済を好む文化が根強い。日本は治安が良く、偽札も少ないうえ、ATMなど金融インフラが整備されており、現金決済が便利なためだ。「プライバシー情報を第三者に渡すことに抵抗が強い国民性もある。カードを使わないことで、節約を図る人も多い」と、ニッセイ基礎研究所金融...
»続きを読む
カテゴリー:

一個500円でも大ヒット。酒のつまみ専用缶詰「缶つま」の絶妙に許せる値段 - 08月09日(木)04:45 

保存食・非常食のイメージが強い缶詰を、お酒のつまみとして特化させ話題となっている「缶つま」。1個500円と缶詰としては割高感もあるこの商品、それでも大ヒットしたカギはどこにあったのでしょうか。MBAホルダーの青山烈士さんが自身の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』で、その秘密を探ります。 消費者の利用シーン 国分グループが展開している「缶つま」にフォーカスをあてます。 ● 缶つま 戦略ショートストーリー 家呑みを楽しむ方をターゲットに「こだわりの食材」に支えられた「お酒が美味しく飲める」「美味しいつまみが手軽に食べられる」等の強みで差別化しています。 お酒のつまみに特化した商品ラインナップの拡充に加えて、缶つまを使ったレシピを募集・公開することや様々なイベントを開催することで、顧客の支持を得ています。 ■分析のポイント 消費者の利用シーン 「缶詰」を使って作るおつまみを紹介する本の出版に協力したことが「缶つま」リリースのきっかけのようです。 なぜ、きっかけになったかというと「缶詰」が酒のつまみとして扱われているという消費者の「缶詰の利用シーン」の一つを知ることができたことが大きいと思います。消費者がお酒のおつまみとして扱うならそれ専用の「缶詰」を作りましょうという発想ですね。 言い換えると消費者の利用シーンに合わせて商品をカスタマイズするという発想です。この発想が今回の事例のポイ...more
カテゴリー:

伸縮自在のカール式延長コードを発売! - 08月07日(火)07:00 

[株式会社ヤザワコーポレーション] 【主な特長】 天井のコンセントから、レジやPOSシステムの電源供給に! 店舗や小売店のディスプレイの電源供給に! 美容院でお使いのドライヤーの延長コードに! ご家庭やオフィスで、インテリアにさりげなく配...
カテゴリー:

財務省「軽減税率導入後も、イートインと持ち帰りの税込価格は同じにしろ」 スーパー「…」 - 08月05日(日)03:25  news

軽減税率、悩むスーパー 店内飲食と持ち帰りで違い 財務省「税込み価格同じに」  2019年10月に予定される消費税率引き上げまで1年余りとなり、小売業界が軽減税率制度への準備を本格化してきた。 食料品を持ち帰るか店内で食べるかで顧客が払う消費税率が異なるので、スーパーのレジ精算などに混乱が懸念されるためだ。 イートイン専用レジなど対策を練るものの妙案は乏しく、財務省は本体価格を調整して税込み価格を一つにそろえる「疑似一物一価」 ともいえる価格設定を小売店に推奨している。 https://www.nikkei.com/ar...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「小売店」の画像

もっと見る

「小売店」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる