「対策法」とは?

関連ニュース

部屋干しの活用アイテムは「新聞紙」!? 梅雨シーズンに使ってみたい家事の裏ワザ - 06月24日(日)20:00 

梅雨の時期は雨が降っていなくても、なかなかカラっとは乾燥しないもの。じめじめした空気はカビを発生させてイヤな臭いを放ったり、ダニなどの害虫を繁殖させる厄介なシーズンといえます。そこで今回は、「梅雨の時期に役立つ家事のアイデア」をご紹介していきましょう。 【写真】ふだんの手入れで大切にしたいポイント ■ プロが教える梅雨時の家事対策! 6月8日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)では、南海キャンディーズの山里亮太率いる「山ちゃん代行サービス社」が家事代行サービスを敢行。学生寮を舞台に掃除から洗濯まで“プロの技”が紹介され、ネット上では「これは勉強になるなぁ。さっそく試してみたい!」「新聞紙を使うアイデア、実際に効果ありますよ」「こういうプロのアイデアが心強い!」と反響が起きていました。 梅雨時に生活していて、「布団が湿っぽいなぁ」と気になったことはありませんか? 実はそんな湿っぽい布団はダニの温床になりがち。そんなときに試してほしい方法が、布団を干した際に「黒い布をかける」というもの。黒布を被せると布団の中の温度が上昇して、ダニ対策に効果的な高温環境を作り出せます。 「部屋干し」で知っておきたいポイントは、ズボンやスカートなどは筒干しにすること。ピンチハンガーを使って筒状に干せば、生地の重なりを減らすだけでなく空気の通り道を作って乾きが早くなります。また、厚手の生地の場合は二重に...more
カテゴリー:

【受動喫煙対策法成立】喫煙可の大臣室、とうとう禁煙に…初鹿氏「率先して取り組みを」 - 06月22日(金)23:34  newsplus

6/22(金) 22:54配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180622-00000132-asahi-pol  受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が成立すれば大臣室も禁煙に――。政府は22日、大臣、副大臣、政務官の執務室の禁煙化を求める質問主意書に対し、同法成立後は執務室が「禁煙となる」とする答弁書を閣議決定した。  立憲民主党の初鹿明博衆院議員の質問主意書に答えた。答弁書などによると、現在、喫煙を可能とする政務三役の執務室は、財務相と国家公安委員長に加え、財務省にそれぞれ2人いる副大臣、政務官の計6カ所で、他省庁...
»続きを読む
カテゴリー:

我慢できない! パワハラ対策最終手段とは - 06月22日(金)17:00 

会社で上司から受ける理不尽ないやがらせなどを「パワーハラスメント」、略して「パワハラ」と呼びます。近年、このパワハラが問題視されており、対策に乗り出している企業も増えています。 しかし、相変わらずパワハラが行われているというケースも見受けられます。上司がパワハラという意識がなく、昔からの慣習のように行われていることも多いようです。 また、上司ということで、さまざまないやがらせを我慢しているという人も。特に女性の場合は、パワハラだけではなくセクハラの問題をはらんでいる場合があります。 この記事では、グラディアトル法律事務所の刈谷龍太弁護士に、パワハラ問題への対策方法などを教えてもらいました。 ■パワハラをする上司の特徴とは? パワハラをする上司の特徴として、心理や性格面で他者の人格や差異を尊重することができなかったり、誠実さや正直さに欠けていたり、自分を強く見せたいという自意識過剰な面をもっていたりするタイプが多いといわれています。ほかには、支配欲、臆病、神経質、権力志向を持っている傾向にあります。 パワハラは、上記のような心理や性格に根ざした不安や恐怖心からくる嫉妬や妬みに起因し、しかも自分の行動が有害行為であると認識せずに行われる傾向があります。 ■ケース別パワハラ対策法 パワハラとひと口に言っても、さまざまなケースがあります。そこで、ケース別のパワハラ対策につい...more
カテゴリー:

「メンディングテープ」でカビをブロック⁉ 収納の達人おさよさんが教えるカビ対策法 - 06月21日(木)20:00 

じめじめと湿気の多い梅雨の時期は“カビ”対策が必須。時には「しまい込んでた服を久しぶりに出したらカビが発生してたのショックすぎ…」「お気に入りの靴がかびててテンションだだ下がりです」といった状況に陥ることも。今回はそんな悲劇を防ぐためのカビ対策法をみていきましょう。 【写真】テープを使った掃除のアイデア ■ 収納の達人が教える「誰でもマネできるカビ対策」 5月31日に放送された「スッキリ」(日本テレビ系)には、収納の達人“おさよさん”が登場。誰でもマネできるカビ対策を教えてくれました。 まずおさよさんが紹介したのは、オフシーズンの靴を湿気とカビから守る方法。使うのは、紙袋・新聞紙・防虫剤・乾燥剤の4つです。まず湿気を吸い取り、型崩れ防止にもなる新聞紙を靴の中に。次に紙袋に靴、乾燥剤、防虫剤を入れて、ガムテープで閉じましょう。 紙は湿気を吸いやすいため、こうすることで紙袋と乾燥材の両方が靴の湿気を吸収。靴を使うときには紙袋を捨てるだけなのも嬉しいポイントです。また大切なカバンは平積みせず縦にして衣類ケースなどに入れ、乾燥剤・防虫剤と一緒にまとめておくといいそう。 番組では他にも、衣類にうつってしまう壁や床のカビを防止する方法も取り上げられました。使用するのはドラッグストアなどで安く買える「消毒用エタノール」。カビを分解する殺菌力のある消毒用エタノールで拭き掃除をすることで、掃除だけで...more
カテゴリー:

駿河太郎「戦争めし」に主演!「伝える義務を感じました」 - 06月16日(土)10:16 

8月11日(土)に放送されるBSプレミアム 終戦特集「ドラマ×マンガ『戦争めし』」(夜10:30-11:30、NHK BSプレミアム)のキャストが発表され、駿河太郎、壇蜜らが出演することが分かった。 【写真を見る】新感覚!ドラマの随所に魚乃目三太の漫画が登場 同作は、ひょんなことがきっかけとなり、食の視点から描く戦争漫画を連載しようとする山田翔平(駿河)が、取材を通じて戦争に関する驚きの事実を発見する姿を描く。主人公・翔平のモデルである魚乃目三太の漫画「戦争めし」(秋田書店)を織り交ぜながらストーリーを展開していく。 翔平役の駿河は、「僕らにとっては当たり前に存在する食と、当たり前の事を奪う戦争を題材にした今回の脚本を読んだ時に、やりたいと、いや…やらせてもらえるのならやらなければいけない、と思いました」とオファーを受けた理由を明かす。 そして、「戦争というと暗いストーリーを思い描く方もいらっしゃるでしょうが、現代につなげられる優しい作品です。僕自身も戦争を知らない世代、でもかろうじてまだ聞くことのできる世代でもあります。色あせないように伝える義務を感じました」と意気込みを語った。 駿河の他、翔平の担当編集者を演じる壇蜜や草笛光子、田中泯、車だん吉、温水洋一、江上敬子、佐野岳らの出演も発表された。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・「怒ったって効かないですもん。だから怒らない」壇...more
カテゴリー:

SOS!唇が日焼けしてしまったときの緊急アフターケアのポイント - 06月23日(土)10:00 

唇が日焼けしたら、すぐにクールダウンを! 唇に紫外線が降り注ぎ、日焼けして赤くヒリヒリしてしまったら、なによりも早く冷やして炎症を和らげることが大切です。ただし、早く冷やそうと唇に直接保冷剤や氷水をつけると、くっついてしまう等の危険もあるので、氷水や保冷剤にガーゼやタオルを巻いたものを唇に当てましょう。20〜30分ほど冷やしたら、保湿ケアに取り掛かります。 関連画像をもっと見る 刺激の少ない白色ワセリンで唇を保護・ビタミン摂取を 日焼けした唇は、潤いが逃げて乾燥しやすい状態に。唇に刺激となる成分が含まれているリップクリームやリップ美容液を塗ると、かえって荒れてしまう場合もあるため、純度の高い白色ワセリンを塗って保湿ケアを行いましょう。 いつもより多めに白色ワセリンを取り、唇全体を覆うように優しく丁寧に塗り込んでくださいね。ワセリンで油分の保護膜を張ったら、力が入りにくい薬指の腹を使ってくるくるとマッサージを行い、血行を促進していきます。強い力でマッサージをすると、皮が剥けてしまう可能性があるため、上下左右にゆっくりと小さな円を描くイメージでマッサージをしていきましょう。 そして、日焼けをしたあとは身体の中からビタミンCをたっぷり補うことも大切です。ビタミンCを積極的に摂ることで、コラーゲンの生成が促され、紫外線ダメージを受けた唇の組織が効率よく修復していくと言われてい...more
カテゴリー:

喫煙可の大臣室、とうとう禁煙に 受動喫煙対策法成立で - 06月22日(金)22:54 

 受動喫煙対策を強化する健康増進法改正案が成立すれば大臣室も禁煙に――。政府は22日、大臣、副大臣、政務官の執務室の禁煙化を求める質問主意書に対し、同法成立後は執務室が「禁煙となる」とする答弁書を閣議…
カテゴリー:

朝日新聞「関東大震災で、デマを信じた民衆が大勢の朝鮮人、中国人を虐殺した史実を忘れてはならない」 - 06月21日(木)23:08  news

(社説)ヘイトデマ 「許さない」を着実に  虚偽の情報(デマ)を流す行為は、そもそも許されない。ましてや、震災で人々の心理が不安定になっているのに乗じ、不安をかき立てる卑劣な行いをけっして見過ごしてはならない。  大阪府北部を震源とする地震の発生後、ツイッターなどSNSを通じて、さまざまなデマがネット上を飛び交っている。  「○○電車が脱線」といった偽情報は、当の事業者が否定するなどして静まっていった。深刻なのは、在日外国人を標的に差別や偏見をあおる投稿が相次ぎ、拡散されていることだ。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

アホの朝日新聞「地震後に在日コリアンが犯罪するというヘイトデマに怒り。大虐殺の史実を忘れるな」 - 06月21日(木)12:36  news

(社説)ヘイトデマ 「許さない」を着実に 虚偽の情報(デマ)を流す行為は、そもそも許されない。ましてや、震災で人々の心理が不安定になっているのに乗じ、不安をかき立てる卑劣な行いをけっして見過ごしてはならない。 大阪府北部を震源とする地震の発生後、ツイッターなどSNSを通じて、さまざまなデマがネット上を飛び交っている。 「○○電車が脱線」といった偽情報は、当の事業者が否定するなどして静まっていった。 深刻なのは、在日外国人を標的に差別や偏見をあおる投稿が相次ぎ、拡散されていることだ。 在日コ...
»続きを読む
カテゴリー:

受動喫煙対策法案 賛成多数で可決 衆院厚労委 - 06月15日(金)18:23 

受動喫煙対策を強化する健康増進法の改正案は15日、衆議院厚生労働委員会で採決が行われ、自民・公明両党と国民民主党の賛成多数で可決されました。
カテゴリー:

もっと見る

「対策法」の画像

もっと見る

「対策法」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる