「対比」とは?

関連ニュース

世界最悪の大気汚染国モンゴル…遊牧民に見る環境破壊の影響とは『環境クライシス』 - 05月25日(金)05:00 

モンゴルにおける大気汚染の原因に迫るドキュメンタリー『環境クライシス~凍てつく大地の環境難民~』(フジテレビ)が、5月26日(土)15時30分より放送される。同番組は、昨年8月19日に地上波放送された、“環境難民”が増加の一途をたどるインドを取材した『環境クライシス~沈みゆく大陸の環境難民~』の第2弾。今回の舞台は、“世界最悪の大気汚染”にさらされているモンゴル。「人は馬の上で育つ」と言われるこの国は、太古の昔から遊牧民の国だったが、地球温暖化によって彼らの生活が脅かされているという。番組では、モンゴルにおける大気汚染の原因「ゾド」の謎を紐解き、大気汚染の現状をレポート。そして、第1弾に引き続き、地球温暖化による気候変動のために、祖先から受け継いできた土地から移住を余儀なくされる人たちのことを「環境難民」と呼び、彼らの家族にも密着。生活環境が激変する中、苦しくてもたくましく生きる子どもたちの姿を捉える。また、ゾドによって家畜を失い、遊牧の生活を捨てざるを得ず、慣れない都会での生活を強いられる元遊牧民たちの厳しい実情も伝える。一方、ゾドによって多くの家畜を失いながらも、「家畜が最後の1頭になっても遊牧民を続ける。今までもこれからも私たちは遊牧民。都会に行く気はない」と語る遊牧民たちや、自然に寄り添う生活を続ける少数民族がゾドによる環境破壊のせいで、生活を追われそうになっている実態にも...more
カテゴリー:

「海」といえば原宿! は今週まで - 05月24日(木)19:00 

5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、今週末は原宿に行ってみて。というのも、GALLERY TARGETで、フランス出身のイラストレーター、ジャン・ジュリアンさんが、日本初の個展を開催中。過去に、スマホ中毒やSNS依存といったモチーフの風刺イラストが話題になりましたが、今回のテーマは海。とってもリラックスした雰囲気でグッドです。ジャンにそう伝えたら、うんうん、今回はそうなんだよ、と頷いてました。期間は今週の土曜日までなのでお早めに。© 2018 小川真吾© 2018 小川真吾© 2018 小川真吾「世界中のどこにいても海は同じに感じる、自分の故郷を思い出させる旅の友みたいに。この展示は変わりゆくようで、変わらない海の対比性を表現している」──GALLERY TARGET「同じ海」by Jean Jullienよりもともと海は大好きなんだけど、作品を見てみょ〜にしっくりきた印象が。描かれている人々や風景の、のんびりした感じが居心地良いと言いますか。展覧会の名前は同じ海。ジャンは海を見て故郷を思い出すそうです。この絵には、彼が生まれ育ったフランス、今住んでいるイギリス、幼少期から影響を受けていた日本の共通点が描かれています。そこには彼が過去に体験した思い出も。作品を見ながら、去年までを思い出したり、今年はどうなるかな〜ってぼんやり考えた...more
カテゴリー:

増収増益を続ける半導体メーカーのフェローテックで、エンジニアが力を発揮できる理由 - 05月23日(水)10:14 

半導体の製造装置部品を中心に、電子デバイスや太陽電池関連の事業を展開するフェローテックグループが増収増益を続けている。18年3月期の連結業績予想は、売上高が昨年対比15.1%増の850億円、営業利益が49.7%増の85億円だ。同社は昨年「自動車プロジェクト」を立ち上げ、EV・PHV市場における電子デバイスのシェア獲得をねらうなど、新たな主幹事業の構築にも積極的だ。
カテゴリー:

ヴァンテージマネジメント、正社員の海外比率が10%を超え、昨年対比200%増であることを発表 - 05月22日(火)07:40 

[ヴァンテージマネジメント株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/25841/134/resize/d25841-134-744757-0.jpg ] 【社員海外比率拡大の理由】  昨年まで2名だった、海外出身の正社員は、2018年5月現在で4名に増えております。実際に海外出身のメン...
カテゴリー:

「ウエストワールド」シーズン3への継続が決定 - 05月19日(土)23:30 

 米人気ドラマ「ウエストワールド」のシーズン3への継続が決定したと、Deadlineが報じた。  同作は、作家マイケル・クライトンが監督と脚本を務めた1973年のカルト映画「ウエストワールド」を下敷きに、J・J・エイブラムスとジョナサン・ノーランが映像化したSFドラマ。西部劇の世界を再現した未来のテーマパークを舞台に、自我に目覚めたアンドロイドたちの反乱を描く。  ノーランと妻のリサ・ジョイが脚本家チームを率いる同作は、2016年10月に米有料チャンネルHBOで全米放送を開始。アメリカではシーズン2の初回放送が行われたばかりで、前シーズン対比で5%増の210万人が視聴したことを受け、HBOはシーズン3の製作を発表。同社の番組編成担当は「刺激的なストーリーテリングと圧倒的なビジュアルで、次のチャプターではどんな世界につれていってくれるのか楽しみです」とコメントを発表している。  「ウエストワールド」は、同局の看板番組「ゲーム・オブ・スローンズ」の後継番組として企画され、10話からなるシーズン1に1億ドルもの巨額製作費が投じられたことで知られる。これまでにエミー賞で22部門にノミネートされ、5冠に輝いている。  「ウエストワールド」シーズン2は、スターチャンネルで5月24日から放送開始。 【作品情報】 ・トリプルX 【関連記事】 ・TAO&祐真キキ、大ヒットSFドラマ「ウエ...more
カテゴリー:

世界最悪の大気汚染国モンゴル…遊牧民に見る環境破壊の影響とは『環境クライシス』 - 05月24日(木)19:04 

モンゴルにおける大気汚染の原因に迫るドキュメンタリー『環境クライシス~凍てつく大地の環境難民~』(フジテレビ)が、5月26日(土)15時30分より放送される。同番組は、昨年8月19日に地上波放送された、“環境難民”が増加の一途をたどるインドを取材した『環境クライシス~沈みゆく大陸の環境難民~』の第2弾。今回の舞台は、“世界最悪の大気汚染”にさらされているモンゴル。「人は馬の上で育つ」と言われるこの国は、太古の昔から遊牧民の国だったが、地球温暖化によって彼らの生活が脅かされているという。番組では、モンゴルにおける大気汚染の原因「ゾド」の謎を紐解き、大気汚染の現状をレポート。そして、第1弾に引き続き、地球温暖化による気候変動のために、祖先から受け継いできた土地から移住を余儀なくされる人たちのことを「環境難民」と呼び、彼らの家族にも密着。生活環境が激変する中、苦しくてもたくましく生きる子どもたちの姿を捉える。また、ゾドによって家畜を失い、遊牧の生活を捨てざるを得ず、慣れない都会での生活を強いられる元遊牧民たちの厳しい実情も伝える。一方、ゾドによって多くの家畜を失いながらも、「家畜が最後の1頭になっても遊牧民を続ける。今までもこれからも私たちは遊牧民。都会に行く気はない」と語る遊牧民たちや、自然に寄り添う生活を続ける少数民族がゾドによる環境破壊のせいで、生活を追われそうになっている実態にも...more
カテゴリー:

社内初のオウンドメディア『Deliways』のPV数が昨対比130%超え - 05月23日(水)18:10 

[ヴァンテージマネジメント株式会社] 【Deliways(デリウェイズ)とは】 URL:http://deliways.com 2015年に立ち上げた社内初のオウンドメディア。webマーケティングに関する情報を多くのユーザーに届けられるようにという意味を込めて名前がつけられ...
カテゴリー:

「ユニクロ×トーマスマイヤー」は買いか? 日本人はサマにならない商品も… - 05月23日(水)08:56 

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第178回目をよろしくお願いします。  先日、トーマスマイヤーとユニクロのコラボ品が発売されました。「トーマスマイヤーって誰やねん?」と思う人も多いかと思いますが、そんな人も案外「名刺ケース」だけはトーマスマイヤーの恩恵を受けているかもしれません。一時期、営業職の間でトレンドとなったメッシュレザー名刺ケースのブランド「ボッテガヴェネタ」のクリエイティブディレクターがトーマスマイヤーでございます。  イタリア指折りのラグジュアリーブランド「ボッテガヴェネタ」、ユニクロのコラボレーションでどんなケミストリーが生まれるのか……。今回はそんなトーマスマイヤーコラボを3品ほどご紹介しましょう。  ちなみに私、全型きっちり購入してレビューしておりますのでご安心を。触って、着て、さんざんねぶってモノを見極めて書いております。 ▼60点:抜群の素材感だけどシルエットがちょっと惜しい!! ●エアリズムフルオープンポロ(半袖) 2990円(+税)  素材感が面白いポロシャツ。外から見える表側がザラリとした鹿の子のような生地になっており、肌にあたる内側がツルリとしたユニクロの定番「エアリズム素材」になっています。エアリズムはご存知の通り「肌着」。着心地はいいですがペラペラ感が...more
カテゴリー:

保育園や幼稚園帰りに「今日何したの?」と聞いてはいけない理由 - 05月21日(月)00:14 

子どもと四六時中一緒にいられる時期や、ずっと見守ってあげられる時期はほんの一時ですよね。では、子どもが一人でさまざまな環境や感情と向き合えるようになるために、親がしてあげるべきこととは何でしょうか? 今回の無料メルマガ『子どもが育つ“父親術”』では、子どもが子どもだけでいろいろな体験をする場所や時間をどう用意してあげられるかについて詳しく紹介しています。 子どもの領分 「子どもの領分」とは、子どもが(親とセットではなく)自分だけでいろいろな体験をする場所・時間を指して、私がつけた名称です。とても密度の濃い経験が得られるので、「子どもが自らの力で伸びる」ということが非常に活発に行われる場でもあります。 親から見れば、「子どもの領分」は子どもを自由にさせておくべき範囲ということになります。その「領分」の中にいる限りは、口出し・手出しは内容に関わらず一切無用。興味があっても質問せず、危ないと思っても手は出さない。目で「やめなさい」とか「パパも仲間に入れてー」と訴えるのも、もちろんナシです。 心配しつつもその場を子どもに任せることになりますし、あれこれ言いたいことも抑えなければいけないので、親が「子どもの領分」を守り通せるかは、とても難しい問題です。 なぜなら、口出し・手出しをしたい欲求は、元をたどれば我が子への「危険から守りたい」「より上手にできるように教えたい」などの真摯な親心から出て...more
カテゴリー:

きらぼし銀行の発足初日にシステム障害…発注側は損害賠償を請求できる? - 05月18日(金)18:00 

5月1日、東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京が合併し、「きらぼし銀行」が発足。行員は気分新たに業務を開始させました。 ところが、蓋を開けてみると、旧新銀行東京の店舗でキャッシュカードが利用できない、旧八千代銀行のATMで一部の振り込みができないなどのトラブルが発生。15時頃には復旧しましたが、なんとも幸先の悪いスタートとなりました。なかには、影響を受けた利用者もいたことでしょう。   ■原因はプログラムミス? 一連のシステム障害ですが、プログラムミスが原因だった可能性が高い模様。システムは人間が作るものですから、どうしても不具合は発生してしまうもの。開発会社としては、ある種致し方ない部分があります。 しかし、お金を支払う側にしてみれば、当然約束した期日にシステム障害が発生するのは納得がいかず、損害賠償を請求したくなるのは当然ではないでしょうか。はたして請求することはできるのでしょうか。 パロス法律事務所の櫻町直樹弁護士に見解をお伺いしました。   ■損害賠償を請求できる? 「毎日新聞平成30年5月1日付「きらぼし銀行 復旧 システム障害で1万6000件に影響」によれば,「合併に伴って旧八千代銀の送金に使うシステムを修正した際、不具合が生じた可能性がある」、「今回のきらぼし銀行のシステムトラブルもプログラムミスが原因とみられる」とあります。 きらぼし銀行のシステ...more
カテゴリー:

もっと見る

「対比」の画像

もっと見る

「対比」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる