「審査基準」とは?

関連ニュース

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2018、9/30まで作品募集 - 07月13日(金)19:15 

 「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2018 in Mitaka」の応募受付が2018年7月15日に開始する。「ゲーム部門」と「クリエイティブ部門」の2部門で9月30日まで作品を募集。最終審査会は12月8日に行う。 中高生国際Rubyプログラミングコンテストは、子どもたちがプログラミングを学び、自分でコンピュータを動かしたときの感動や、仕上げた作品を発表する体験を通して、新しい世界への興味や関心を呼び起こし、将来への夢をはぐくむことを目的に実施される。 募集区分は、「ゲーム部門」とWebアプリケーション、各種ツール、ロボット制御など、ゲーム以外のプログラム作品の「クリエイティブ部門」。いずれの部門も個人またはグループで応募できる。 テーマは自由。作品は過去1年以内に、応募者自らがRubyで作成したオリジナルプログラムとする。Rubyの特性を生かしたプログラムの優秀性、プログラミングの楽しさ、発想の面白さや工夫が感じられるような作品を募集する。 応募方法は、作成したプログラムファイルをCD-ROM、DVD-ROMまたはUSBメモリに収め、応募用紙を添付のうえ、メールまたは郵便で実行委員会事務局宛てに送る。各テーマの仕様や環境要件、審査基準などの詳細は、Webサイトで確認できる。 2018年11月上旬に第一次審査通過者を発表し、12月8日に三鷹産業プラザで最終審査会を実施する...more
カテゴリー:

JALの旅客基幹システム刷新プロジェクト、「IT Japan Award 2018」でグランプリ受賞 - 07月11日(水)20:47 

日本航空(JAL)の旅客基幹システム刷新プロジェクト(通称、「SAKURAプロジェクト」)が、日経BP主催の「IT Japan Award 2018」でグランプリを受賞した。 「IT Japan Award 2018」は今回で12回目の開催で、2017年5月から2018年4月までの過去1年間に雑誌「日経コンピュータ」に掲載された企業の中から、「グランプリ」1社、「準グランプリ」2社、「特別賞」3社を選出している。 JALは約50年使い続けた、利用者の予約から搭乗までをサポートする旅客基幹システムを2017年に刷新。「経営革新・業務改革への貢献度」、「システム構築・活用における独創性」、「採用技術・手法の先進性」を審査基準に、有識者を交えた審査会を経て受賞に至った。 投稿 JALの旅客基幹システム刷新プロジェクト、「IT Japan Award 2018」でグランプリ受賞 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

秋田がJ2ライセンス申請 八橋競技場改修にメド - 07月03日(火)10:29 

 J3ブラウブリッツ秋田は2日、J2のクラブライセンス申請をJリーグ機構に提出したことを発表した。昨年まで2年連続で申請を見送ってきたが、審査基準の1つになる施設面でこのほど、秋田市議会が同市にある八橋運動公園陸上競技場の改修予算案を承…
カテゴリー:

JALの旅客基幹システム刷新プロジェクト、「IT Japan Award 2018」でグランプリ受賞 - 07月11日(水)20:47 

日本航空(JAL)の旅客基幹システム刷新プロジェクト(通称、「SAKURAプロジェクト」)が、日経BP主催の「IT Japan Award 2018」でグランプリを受賞した。 「IT Japan Award 2018」は今回で12回目の開催で、2017年5月から2018年4月までの過去1年間に雑誌「日経コンピュータ」に掲載された企業の中から、「グランプリ」1社、「準グランプリ」2社、「特別賞」3社を選出している。 JALは約50年使い続けた、利用者の予約から搭乗までをサポートする旅客基幹システムを2017年に刷新。「経営革新・業務改革への貢献度」、「システム構築・活用における独創性」、「採用技術・手法の先進性」を審査基準に、有識者を交えた審査会を経て受賞に至った。
カテゴリー:

日大アメフット:監督公募選考委が初会合 審査基準を議論 - 07月06日(金)20:51 

 日本大が公募したアメリカンフットボール部の監督、コーチを審査する選考委員会の初会合が6日、東京都内で行われ、選考基準について議論した。7日にも公表する。日大関係者によると、外部有識者7人で構成する選考委の委員長は上杉昌隆弁護士に決まった。
カテゴリー:

全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情 - 06月20日(水)08:21  seijinewsplus

 どこまで非情な政権なんだ――。今度は障害基礎年金をバッサリだ。  障害基礎年金は、日本年金機構が障害や難病を負った人に支給する年金。障害の程度によって1、2級に区分され、年間支給額は1級が約97万円、2級が約78万円だ。 「都道府県単位だった認定審査を昨年4月から障害年金センターに一元化したことが影響し、支給されなくなる受給者が続出しています。一元化を口実に、厚労省がやりたかったのは支給のカットです」(厚労省関係者) 20歳前に障害を負った受給者1010人に、支払いを打ち切る通知を送っていた...
»続きを読む
カテゴリー:

「審査基準」の画像

もっと見る

「審査基準」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる