「宿泊費」とは?

関連ニュース

『ソノサキ』美形の男性ギネス認定員が「好みすぎてツラい」と話題に - 07月18日(水)10:35 

世の中のありとあらゆるものの“ソノサキ”にある驚きと感動のドラマを、笑いとともに届けるバラエティ『ソノサキ 〜知りたい見たいを大追跡!〜』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)。7月17日の放送では、ギネス世界記録公式認定員について調査した。「ギネスワールドレコーズ」は、イギリスが発祥。現在はイギリス、アメリカ、中国、UAE、日本にオフィスが存在している。世界に約100人しかいないという公式認定員は、一般企業と同じく、面接、試験、研修を受ける必要があり、英語が堪能であることが条件である。ギネス記録は必ずしも公式認定員が立ち会う必要はない。認定される方法は以下の3つである。1.現場に立ち会う公式認定員は当日までに過去のデータを調べ、挑戦者と細かいルールを確認する。ちなみに、現場に行くまでの交通費や宿泊費などは挑戦者側が負担する。2.証拠映像を送ってもらい認定する3.ギネスワールドレコーズ側のリサーチとなる。こうして年間約6,000件が認定されているのだとか。今回追跡するのは、公式認定員歴1年半となる佐藤コーマさん。イギリスに住んでいた頃、ギネス世界記録の本に感銘を受けてこの仕事に就いたそう。ギネス認定の調査をするため佐藤さんが訪れたのは、日本大学三島高等学校。同校は、文化祭で「同時に食べさせ合いをした最多ペア数」に挑戦するとのこと。こちらは、2人1組で食べ物を同時に食べさせ合ったペア...more
カテゴリー:

【悲報】東京五輪「ネット通販控えて」「國民から金属回収します」「無償ボランティア1日8時間」 - 07月10日(火)22:03  news

●物流圧迫するネット通販「クリックしないでとは言えないが……」 これまでの五輪ではあまり発生していなかった問題もある。ネット通販だ。 「本当にお願いしたいところは、ネット通販がかなり物量を増やしています。個人の消費者行動なので、『クリックしないでください』とは言えないのですが、 たとえば大会期間の前に必要なものを納めていただき、不要不急のものは大会後に注文していただくなど、みなさまにご協力いただければと思います」。 現在、大手通販会社にも協力を依頼しているという。 2012年のロンドン五輪では、...
»続きを読む
カテゴリー:

インドで日本人をダマし続ける「コルカタの詐欺師」その全手口 - 07月10日(火)04:30 

毎回、アジアの日常を切り取った躍動的な写真を届けてくださる、ナショナルジオグラフィック写真賞作家・三井昌志さん。今回の無料メルマガ『素顔のアジア(たびそら・写真編)』ではなんと、「あるインド旅行者家族から届いた相談メール」に返答する形で、当地で頻発する詐欺の手口を紹介。更に、「旅行中の家族が現地トラブルに巻き込まれた時どうすべきか」について、具体的事例をあげながら解説しています。 コルカタの詐欺師ラージ インド東部の都市コルカタには、日本人旅行者に親しげに話しかけてきて「ガヤの近くの実家に一緒に行こう」と誘ってくるラージという詐欺師がいます。家族ぐるみで親しく付き合って信用させて、何日も後になってからあの手この手でお金をだまし取る(16万円も取られたという旅行者もいた)という狡猾な手を使ってくるのです。僕がこの「コルカタの詐欺師」についてブログに書いたのは2012年のことですが、この詐欺師は懲りることなく、警察に捕まることもなく、今もなお日本人旅行者を騙し続けています。 この「コルカタの詐欺師」の現在について詳しく知ることになったのは、数日前に一通のメールを受け取ったからでした。差出人は今インドを旅している日本人旅行者の母親Aさんで、「息子がコルカタの詐欺師に騙されて、行方不明になっている」という内容でした。文面が切実だったので、すぐに返事を書きました。 母親Aさんからのメール 1...more
カテゴリー:

ローカル鉄道の明日は... 「ひたちなか海浜鉄道」の試みから、地域づくりを考えるサマースクール - 07月13日(金)19:45 

「ローカル鉄道・地域づくり大学」の2018年度サマースクールが、18年8月25日、26日に茨城県・ひたちなか市にて開催される。1泊2日でローカル鉄道と地域づくりに関心のある様々な人を対象にして、ローカル鉄道の経営および地域づくりへの生かし方、そして将来に向けての課題解決の方法を学ぶ。 ひたちなか市内を走るローカル線、ひたちなか海浜鉄道の事例を通して学ぶサマースクールは、これまでに約350人が参加し、2012年の発足から今年で7年目となる。今年も座学、ワークショップ、フィールドワークなどを行う。厳しい状況下のローカル鉄道だが...「ローカル鉄道・地域づくり大学」とは、ひたちなか海浜鉄道などが企画・事務局運営を行う人材育成プロジェクトだ。人口の減少による廃線も多いローカル鉄道だが、ひたちなか海浜鉄道は湊線の2024年度延伸計画があるなど、利用者増と収支改善に成功しているという。そのノウハウを学べるサマースクールは、鉄道経営と地域運営を組み合わせて、鉄道の新たな捉え方を提示している点が評価され、2017年度にはグッドデザイン賞も獲得したそうだ。そこでJタウンネット編集部は2018年7月13日、ひたちなか海浜鉄道に今年の見どころを聞いた。「様々なカリキュラムを今年も取り揃えていますが、湊線延伸計画に関する座学は今年のメインでもあります。また、ローカル鉄道についての議論やフィールドワークとし...more
カテゴリー:

東京五輪「ネット通販控えて」「國民から金属回収します」「無償ボランティア1日8時間」 - 07月10日(火)20:26  poverty

●物流圧迫するネット通販「クリックしないでとは言えないが……」 これまでの五輪ではあまり発生していなかった問題もある。ネット通販だ。 「本当にお願いしたいところは、ネット通販がかなり物量を増やしています。個人の消費者行動なので、『クリックしないでください』とは言えないのですが、 たとえば大会期間の前に必要なものを納めていただき、不要不急のものは大会後に注文していただくなど、みなさまにご協力いただければと思います」。 現在、大手通販会社にも協力を依頼しているという。 2012年のロンドン五輪では、...
»続きを読む
カテゴリー:

小室哲哉も?「疑惑の会見」を文春砲で撃たれた5人の顛末 - 07月09日(月)15:56 

 2018年1月に女性看護師A子さんとの不倫疑惑が報じられ、涙の会見を行った音楽プロデューサーの小室哲哉(59)だが、会見に嘘があったと週刊文春(7月5日発売号)が報じ、物議をかもしている。  小室は1月19日の会見で、「妻KEIKO(45)の介護のストレスはすさまじく、そんな中A子さんが精神的な支えになった。しかし男女関係はない」といった趣旨の釈明をした。しかし、そもそも介護など全く行っていなかったと、週刊文春7月5日発売号でKEIKOの家族が反論。どちらが事実なのかは分からないが、会見で嘘をついていた疑惑が浮上しているのだ。  世間からのバッシングを避けるため、嘘ではないか…と思うような疑惑の会見を行う有名人は意外と多い。そこで今回、「疑惑の謝罪会見を行った有名人」を振り返ってみた。すると、いずれも週刊文春に何度も追及されて、会見の嘘(または、限りなくクロに近い疑惑)が明らかになっている。謝罪会見したって許さない週刊文春の粘着は恐ろしい…。 ◆会見での嘘がバレちゃった有名人二人 ◆ベッキー/会見前日のLINEが流出、後に嘘を認める  2016年1月7日発売号の週刊文春で報じられた、タレントのベッキー(34)とロックバンド・ゲスの極み乙女。の川谷絵音(29)の不倫騒動。ベッキーは会見で「恋愛感情はない」と語ったが、週刊文春の続報で、「友達で押し通すつもり!(笑)」などと...more
カテゴリー:

「宿泊費」の画像

もっと見る

「宿泊費」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる