「家族関係」とは?

関連ニュース

平気でカネを吸い上げるヤバい人の巧妙手口 金銭にルーズな人に1円も渡すべきではない | ミセス・パンプキンの人生相談室 | 東洋経済オンライン - 07月17日(火)12:00 

※ミセス・パンプキンへの子育て・家族関係などのお悩み相談は専用メール、専用サイトで受け付けています…
カテゴリー:

カンヌの是枝裕和最新作はカトリーヌ・ドヌーヴら出演の日仏合作映画 - 07月16日(月)04:00 

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞した是枝裕和監督作『万引き家族』が、観客動員300万人、興行収入37億円を突破、大ヒットを記録中だ。そんななか、是枝監督が、カトリーヌ・ドヌーヴやジュリエット・ビノシュら豪華キャストを迎え、フランスでロケをする日仏合作映画『La Vérité(仏題・仮)』(2019年公開予定)の製作が決定した。 フランス・マルヌでロケハン中の是枝裕和監督 主演は、フランスの至宝にして世界的大女優のカトリーヌ・ドヌーヴ、共演に、『イングリッシュ・ペイシェント』(96)でアカデミー賞助演女優賞を受賞したジュリエット・ビノシュ、アカデミー賞作品『6才のボクが、大人になるまで。』(14)のイーサン・ホーク、『8人の女たち』(02)や『スイミング・プール』(03)のリュディヴィーヌ・サニエらを迎える。 ドヌーヴが演じる母は、フランス映画のスター女優。彼女の自伝を出版するにあたり、娘(ジュリエット・ビノシュ)がアメリカから、夫(ジュリエット・ビノシュ)と幼い子どもを連れて帰省する。母と娘が再会したあと、さまざまな真実は露わになり、愛と確執が浮き彫りになっていく。果たして母と娘の親子関係は、修復できるのだろうか!? また、新進女優(リュディヴィーヌ・サニエ)の姿に、母はかつて親友でライバルだった、いまは亡き女優の面影を重ねていく。 本作は、是枝監督が「役者が役...more
カテゴリー:

マーティン・フリーマンにちなんだコラボメニューが登場!『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』 - 07月13日(金)19:00 

「幽霊は本当にいるのか?」――オカルト否定派の心理学者が人類史上最大の謎に挑む戦慄の心霊検証ホラー『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』が7月21日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開となる。今回、公開を記念して、7月14日(土)より渋谷の「人間関係 cafe de copain」とのスペシャルコラボレーションが実施されることとなった。【関連記事】『SHERLOCK』のジョンこと森川智之がナレーション!『ゴースト・ストーリーズ』の予告編が到着今回のコラボレーションでは、本作で超常現象体験者の一人、地方の名士マイク・プリドルを演じたマーティン・フリーマン(『SHERLOCK/シャーロック』『ホビット』)にちなみ、毎日焼かれる自家製パンに英国を代表するグルメ「フィッシュ&チップス」を合わせた "マーティン・フリーパン"が用意されるという。ライ麦を使用したほんのり甘いパンに、カラッと揚げられた大ぶりな鱈、ブロッコリーと茹で卵で作ったディップが挟まれた、食べごたえのあるブリティッシュ・テイストのサンドイッチとなっている。単品でもいいが、ビール、あるいは紅茶を合わせるとよりイギリス人気分を味わえるだろう。もちろん、コーヒーを付けることも可能だ。期間中、店内では『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』のパネル展も開催されるという。本作鑑賞前後は、「人間関係 cafe de ...more
カテゴリー:

ドラマ「ケンカツ」米田Pが信頼を寄せる、吉岡里帆のお茶の間目線の演技 - 07月17日(火)08:00 

 『カルテット』、『きみが心に棲みついた』(ともにTBS系)など、ここのところ話題の連ドラへの出演で着実な成長を感じさせる女優・吉岡里帆。7月17日よりスタートする主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(関西テレビ・フジテレビ系/火曜 21:00~)では、生活保護受給者と向き合いながら成長していく22歳の新人公務員・義経えみる役を演じる。プロデューサーの米田孝氏は、当時APとして参加していた『レディ・ダ・ヴィンチの診断』(16年10月期)で吉岡と仕事をして以降、彼女の「お茶の間と同じ目線の演技」に注目しており、本作でも主演を依頼したという。福祉現場のリアルにまで徹底追求した本作の制作の狙いを、米田氏に聞いた。 【シーン写真】『おっさんず』で話題集めた田中圭も出演、吉岡との2ショット ◆“ホンマ、おるおる!”と思ってもらえるように 「原作(柏木ハルコ著の漫画)の主人公のイメージと合う方は、吉岡さん以外いらっしゃらないと思いました。生活保護受給者の方の健康状態から家族関係、お金のことまで人生丸ごと背負って何かしらのアプローチをするケースワーカーの仕事を通じて、主人公の成長物語を描いていきます。題材は社会派ですが、人間の優しさがテーマ。そんなストーリーから、吉岡さんの女優としての魅力が自然と投影されていくことも望んでいます」(米田氏/以下同)  脇を固める俳優陣も旬な面々であ...more
カテゴリー:

謝ったのに相手がさらに激怒! ついやりがちな逆効果になる謝罪 - 07月15日(日)19:00 

誰にでも過ちや失敗はあるものだが、大事なのはその後の対応だ。つまり、謝り方である。ただ、人間は不完全なもので、間違いや自己防衛に陥りやすい。なので、心からの謝罪ができるか、壊れた関係を修復するためにベストを尽くすことができるかは、人間関係を築いていく上で課題となる。では、その課題をどうクリアしていけばよいのだろうか。『こじれた仲の処方箋』(吉井智津翻訳、東洋館出版社刊)は、女性と家族関係の心理学を専門とする心理学者のハリエット・レーナー氏が、わだかまりの解き方、誠意が伝わる方法、誠意がない人への対処法を教えてくれる一冊だ。ここではありがちな相手を怒らせてしまう可能性がある謝罪について取り上げよう。■やってしまいがちな逆効果の謝罪の仕方は?謝罪をして関係を修復しようと思ったのに、逆に謝罪によってさらに相手をいらつかせてしまう。そんな経験を多くの人が持っているだろう。実はこういった下手な謝り方には共通する要素があると著者は述べる。たとえば、「言い訳の畳みかけ」をする謝り方はその一つだ。傷ついた側の人は、何をおいてもまず、心に響く謝罪の言葉を聞きたいと思っている。そこで、誠意を持って謝罪を伝えたとしても、そのあとに「でも」と続けてしまうと、せっかくの誠意が帳消しになってしまう。この「でも」をつけ足してしまうと、言い訳に聞こえるか、せっかくの謝罪のメッセージがなかったことにさえなってしまう...more
カテゴリー:

「家族関係」の画像

もっと見る

「家族関係」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる