「宮本信子」とは?

関連ニュース

「この世界の片隅に」で、松本穂香がレコーディングに初挑戦! - 07月18日(水)04:00 

TBS系で7月15日から始まった日曜劇場「この世界の片隅に」(毎週日曜夜9:00-9:54)。このドラマの音楽を担当するのが久石譲。久石の音楽は放送前から注目を集めていたが、このたびドラマのオリジナル・サウンドトラックを8月29日(水)に発売することが決定した。 【写真を見る】劇中歌をレコーディング中の松本穂香/(C)TBS さらに、第1話ですずが歌ったわらべうたがこのサントラに収録されることも決定。この曲はドラマオリジナルの劇中歌で、久石譲が作曲・編曲し、ドラマの脚本を担当する岡田惠和が作詞したもの。「山の向こうへ」と名付けられたこの劇中歌を歌うのは、ヒロインすずを演じる松本穂香。松本は初めてのレコーディングに緊張気味だったが、透明感のある声で聞く人をドラマの世界に引き込む歌になった。 ■ 松本穂香コメント レコーディングは初体験なので、すごくドキドキしました。終わってほっとしました(笑)。 久石さんの曲と岡田さんの歌詞がとても合っていて、すずさんたちが暮らしている広島の江波や呉のちょっと昔の風景がふっと浮かぶような、優しい歌だなと思いました。 何度か歌わせていただいたのですが、最後のほうは、スタッフさんやみんなの顔を思い浮かべながら歌いました。歌っていて自分自身、優しい気持ちになれました。 久石さんが作ってくださった曲も、ドラマ全体の雰囲気も、とても優しく穏やかな時間が流れ...more
カテゴリー:

【芸能】この世界の片隅に、初回視聴率10.9%と2桁スタート 「ひよっこ」松本穂香がずすさんに! - 07月17日(火)10:07  mnewsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-mantan-ent こうの史代さんのマンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)の初回が15日、25分拡大で放送され、平均視聴率は10.9%(以下・ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2桁スタートを切った。  コミックスの累計発行部数は130万部を突破し、2016年公開の劇場版アニメはロングヒットを記録と、多くのファンを持つ名作を、数々のヒット作を生み出してきた人気ドラマ枠「日曜劇場」で実写連ドラ化。昨年放送のNHK連続テレビ小説「ひよっこ...
»続きを読む
カテゴリー:

今夜スタート『この世界の片隅に』、松本穂香の元に松坂桃李との縁談が… - 07月15日(日)11:45 

 女優の松本穂香が主演を務めるドラマ『この世界の片隅に』(TBS系/毎週日曜21時)が今夜からスタート。第1話では、ヒロインの元に縁談が持ちかけられ、伴侶と運命的な出会いを果たす様子が描かれる。【写真】TBS『この世界の片隅に』キャスト発表取材会フォトギャラリー 本作は、累計130万部を突破したこうの史代による同名コミックを実写化したヒューマンドラマ。昭和19年ごろの広島・呉を舞台に、ヒロインの北條すず(松本)が、夫の周作(松坂桃李)らと送る日常を描いていく。 昭和9年のある日、広島県広島市江波に住む少女・浦野すず(幼少期:新井美羽)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人さらいに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(幼少期:浅川大治)の機転で逃げ出すことに成功。すずは自宅に無事帰りつく。 時は経ち昭和18年秋。妹のすみ(久保田紗友)と共に祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていたすずのもとに叔母が駆け込んできた。江波の自宅に“すずを嫁に欲しい”という人が来ていると連絡があったのだ。事情がわからないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海軍兵学校へ進んだ幼なじみ・水原哲(村上虹郎)と出くわす。哲が縁談の相手の人だと思っていたすずは、さらに頭が混乱する。 その頃、浦野家では北條周作とその父・円太郎(田口トモロヲ)がすずの帰宅を待っていた。すずの父・浦野十郎(...more
カテゴリー:

「松本穂香はすずそのもの」平成最後の夏、『この世界の片隅に』は我々になにを伝えようとしているのか - 07月13日(金)22:11 

こうの史代の大人気コミックを日曜劇場で実写ドラマ化した『この世界の片隅に』(TBS系、毎週日曜21:00~)が7月15日よりスタートする。太平洋戦争の最中、広島県の江波から呉へと嫁いだヒロイン・すずの数奇な運命を描いた本作。いったいどんなテイストに仕上がっているのだろうか。平成最後の年の夏、歴史ある日曜劇場の枠で放送されるのは、1人の平凡な女性の日常を綴りながら、戦時中の厳しい閉塞感を描いた『この世界の片隅に』だ。この題材について佐野亜裕美プロデューサーは「近年は王道のエンターテインメント作品が多かったですが、『天皇の料理番』や『とんび』など、じっくり人間を描くラインも日曜劇場にはあります」と説明すると「不条理に奪われていく日常をシビアに描くことで、逆説的に日常の大切さを実感できる。その意味で、逃げずに正面から向き合っていきたい」と意気込みを語る。こうのの『この世界の片隅に』と言えば、2016年にアニメ映画化され、数々の映画賞を受賞するなど大いなるヒットを遂げた作品だが、今回は実写化、しかも連続ドラマとして尺も長い。ドラマオリジナルの部分として、まず挙げられるのが現代パートだ。第1話の冒頭は、2018年から始まる。つまり、約70年前の時代を描きつつも、“現代劇”として表現しているのだ。この点について佐野プロデューサーは「現代からの視点を入れることで、より戦時中が浮き彫りになり、現代...more
カテゴリー:

松尾スズキ&「大人計画」30周年記念イベントの豪華ラインナップ発表! - 07月05日(木)17:00 

 松尾スズキと劇団「大人計画」の30周年記念イベントのタイトルが「30祭(SANJUSSAI)」に決定。あわせて、展示、トーク、コンサート、上映会など、バラエティに富んだイベントの概要も発表された。 ・【フォトギャラリー】「30祭」参加キャスト  劇団「大人計画」は、1988年の舞台「絶妙な関係」で旗揚げし、宮藤官九郎、阿部サダヲ、皆川猿時、荒川良々など、数多くの才能を輩出してきた。18年は、松尾が“松尾スズキ”名義で活動を開始してから30年(=劇団旗揚げ30周年)、そして平成30年の節目。この「30」がそろった点を記念して、12月18~30日に東京・表参道「スパイラル」で開催されるのが「30祭(SANJUSSAI)」だ。  イベントの軸となるのは、「大人計画」の演劇活動30年分の舞台写真や稽古風景写真、衣裳、小道具の展示や、今まで松尾が発表してきた様々なイラストの原画を展示する「大人計画大博覧会」(12月18~27日)。そのほか、バンドの生演奏とともに松尾とその友人たちがとっておきの歌とダンスを披露する「松尾スズキ30周年記念ファミリーコンサート “なんとかここまで起訴されず”」(12月25、26日)が行われる。  12月28~30日の期間では、過去の「大人計画」公演の映像を上映しながらトークを交わす「名作上映会と愉快なトーク」、宮藤と伊勢志摩が退団したメンバーに会いに行...more
カテゴリー:

【芸能】この世界の片隅に、初回視聴率10.9%と2桁スタート 「ひよっこ」松本穂香がずすさんに! ★2 - 07月18日(水)02:31  mnewsplus

この世界の片隅に:初回視聴率10.9%と2桁スタート 「ひよっこ」松本穂香がすずさんに! 7/17(火) 10:04配信 MANTANWEB(まんたんウェブ) https://mantan-web.jp/article/20180717dog00m200010000c.html https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-mantan-ent TBS系日曜劇場「この世界の片隅に」でヒロインを務める松本穂香さん(左)と夫役の松坂桃李さん こうの史代さんのマンガが原作の連続ドラマ「この世界の片隅に」(TBS系、日曜午後9時)の初回が15日、25分拡大で放送され、平均視聴率は10.9%(以下・ビ...
»続きを読む
カテゴリー:

松本穂香×松坂桃李の結婚初夜に視聴者悶絶『この世界の片隅に』第1話 - 07月16日(月)11:56 

 ドラマ『この世界の片隅に』(TBS系/毎週日曜21時)の第1話が15日に放送され、主人公の浦野すずを演じた松本穂香と、結婚相手である北條周作を演じた松坂桃李のキスシーンに、SNSには「キスシーンにドキドキしたの久々」「きゅんきゅんがあった」といった視聴者の“悶絶”ツイートがあふれた。【写真】TBS『この世界の片隅に』キャスト発表取材会フォトギャラリー 昭和9年のある日、広島市江波に住む少女・すず(新井美羽)はお使いに出た帰り道、川原で絵を描いていたところを人さらいに捕まってしまう。しかし、先に捕まっていた少年・周作(浅川大治)の機転で逃げ出すことに成功。すずは自宅に無事帰りつく。 時は経ち昭和18年秋。祖母・森田イト(宮本信子)の家で手伝いをしていたすずのもとに“すずを嫁に欲しい”という人が来ていると連絡が。事情がわからないまま自宅へと急ぐ道すがら、すずは海軍兵学校へ進んだ幼なじみ・水原哲(村上虹郎)と出くわす。哲が縁談の相手の人だと思っていたすずは、さらに頭が混乱する。 その頃、浦野家ではすずの父・浦野十郎(ドロンズ石本)と母・キセノ(仙道敦子)が、周作とその父・北條円太郎(田口トモロヲ)と共にすずの帰宅を待っていた。周作は以前、すずを見初めたというが、家の様子をこっそり覗いていたすずには、周作の姿はまったく見覚えがなかった。 クライマックスに差し掛かると、すずと周作が結婚初夜...more
カテゴリー:

「松本穂香はすずそのもの」平成最後の夏、『この世界の片隅に』は我々になにを伝えようとしているのか - 07月14日(土)10:00 

こうの史代の大人気コミックを日曜劇場で実写ドラマ化した『この世界の片隅に』(TBS系、毎週日曜21:00~)が7月15日よりスタートする。太平洋戦争の最中、広島県の江波から呉へと嫁いだヒロイン・すずの数奇な運命を描いた本作。いったいどんなテイストに仕上がっているのだろうか。平成最後の年の夏、歴史ある日曜劇場の枠で放送されるのは、1人の平凡な女性の日常を綴りながら、戦時中の厳しい閉塞感を描いた『この世界の片隅に』だ。この題材について佐野亜裕美プロデューサーは「近年は王道のエンターテインメント作品が多かったですが、『天皇の料理番』や『とんび』など、じっくり人間を描くラインも日曜劇場にはあります」と説明すると「不条理に奪われていく日常をシビアに描くことで、逆説的に日常の大切さを実感できる。その意味で、逃げずに正面から向き合っていきたい」と意気込みを語る。こうのの『この世界の片隅に』と言えば、2016年にアニメ映画化され、数々の映画賞を受賞するなど大いなるヒットを遂げた作品だが、今回は実写化、しかも連続ドラマとして尺も長い。ドラマオリジナルの部分として、まず挙げられるのが現代パートだ。第1話の冒頭は、2018年から始まる。つまり、約70年前の時代を描きつつも、“現代劇”として表現しているのだ。この点について佐野プロデューサーは「現代からの視点を入れることで、より戦時中が浮き彫りになり、現代...more
カテゴリー:

『この世界の片隅に』主人公・松本穂香、オーディションでは… - 07月06日(金)11:00 

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で注目を浴び、7月スタートのドラマ『この世界の片隅に』では主人公に大抜擢。若くして自ら芸能界の扉を叩き、着実に夢の階段を駆け上がる新進女優・松本穂香の素顔とは。 透明感あふれる清楚なビジュアルに、どこか守ってあげたくなるような儚げな雰囲気。でもひとたびカメラの前に立つと、見るものを惹きつけて離さない強烈な存在感を放つ人。そんな底知れない魅力を感じさせる“女優・松本穂香”ができるまでと、今思うこと。そしてその視線の先にある意外な夢とは? ――新ドラマ『この世界の片隅に』のヒロイン・北條すず役には、約3000人の応募者の中から、5回のオーディションを経て大抜擢されたそうですね。 松本:周りの方々はすごく喜んでくれたんですけど、自分ではそこまで実感が湧かなくて(笑)。 ――オーディションでは緊張されませんでしたか? 松本:オーディションの時はとにかく自分がすずさんだと思って演じました。今まで受けてきたオーディションでは、上手く演じなくちゃとか、この役を掴まなくちゃとか、役以外のことを考えてしまうことも多かったんですけど、この時だけは何も考えずに受けられたところがあって。もちろんオーディションに臨む前は、“絶対私がすずさんを演じるんだ”という気持ちはしっかり持っていたんですけど。 ――その心境の変化は、なぜ? 松本:台本をいただいて読んだ時、今までにないく...more
カテゴリー:

榮倉奈々、2年ぶりにTBS連続ドラマにレギュラー出演 - 07月04日(水)11:58 

榮倉奈々が、7月15日からスタートする日曜劇場『この世界の片隅に』(TBS系、毎週日曜21:00~ 初回は25分拡大)に出演することがわかった。同局の連続ドラマにレギュラー出演するのは、実に2年ぶりとなる。原作は累計130万部を突破した、こうの史代の同名マンガ(双葉社刊)。太平洋戦争の最中、広島県の江波(えば)から呉(くれ)に嫁いだヒロイン・北條すず(松本穂香)が、嫁ぎ先の北條家で夫・周作(松坂桃李)らとともに暮らすかけがえのない日常が丹念に描かれていく。日本が泥沼の戦争に突き進んでいく中、戦場でない場所では、市井の人々の“普通”の暮らしがそのまま続いていた。物資が不足し、家族や友人たちが戦場に送られていく。そんな不安と戦いながらも、すずは前向きに、そして健気に日々を生きていく……。これまで、すず役をオーディションで勝ち取った松本、その夫・周作を演じる松坂をはじめ、村上虹郎、二階堂ふみ、尾野真千子、田口トモロヲ、仙道敦子、伊藤蘭、宮本信子ら豪華な出演者と、脚本に岡田惠和、音楽に久石譲といったスタッフ陣が発表されてきたが、今回新たに、榮倉と古舘佑太郎の出演が決定。榮倉は今年6月に公開された主演映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』も好評を博している。戦後70年が過ぎ、現代の日本人にも“遠い昔のこと”になりつつある戦争。しかし、当時の人々が戦時下でも感じていた喜びや悩み、幸...more
カテゴリー:

もっと見る

「宮本信子」の画像

もっと見る

「宮本信子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる