「実用化」とは?

関連ニュース

自律移動型警備ロボ実用化へ 明大発ベンチャーのSEQSENSEが国内初 - 06月22日(金)06:14 

 明治大学発ロボットベンチャーのSEQSENSE(シークセンス、東京都渋谷区)は、日本企業として初の自律移動型警備ロボットの実用化を目指す。2020年の東京オリンピック・パラリンピックを控え、街頭警備へのニーズが高まっており、今年度中にも実用化する考えだ。
カテゴリー:

3兆円のムダ遣い。六ヶ所再処理工場という「危険な無用の長物」 - 06月22日(金)04:45 

6月の半ばから矢継ぎ早に飛び出した観のある原発関連案件ですが、この流れを「原発政策の欺瞞と矛盾が勢いよく噴き出した」とするのは、これまで原子力政策の矛盾や見込みの甘さを指摘してきた元全国紙社会部記者の新 恭さん。新さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、その最たるものとして再処理工場を巡る問題を取り上げ、いつまでたっても完成に至らない六ヶ所再処理工場は不要であり、国が掲げる「核燃料サイクル」はすでに破綻していると非難しています。 危険な“無用の長物”となる六ヶ所再処理工場 6月10日の新潟県知事選が終わるのを待っていたかのように、安倍官邸と経産省は、せき止めていた原発関連案件のコックをひねった。 そこから出てきたのは、福島第二原発の廃炉、玄海原発4号機の再稼働、東海再処理施設の廃止…etc。原発政策の欺瞞と矛盾が勢いよく噴き出した。 東京電力の社長が福島県知事を6月14日に訪ね、福島第二原発の廃炉方針を表明したのは、もちろん経産省との打ち合わせ通りだ。新潟県知事選で自公の支持する国交省OB、花角英世候補が勝利したことで、柏崎刈羽原発の再稼働に見通しが立ったと踏んでいるのだ。 その前日、日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(茨城県東海村)を廃止する計画が原子力規制委員会に認可された。新基準を満たすためには莫大なコストがかかるというのが廃止の表向きの理由だが、つまるとこ...more
カテゴリー:

再生医療ベンチャーの海外展開支援 - 06月21日(木)05:30 

 三井物産と伊藤忠商事、いよぎんキャピタル(愛媛県松山市)は20日、再生医療ベンチャーのオーガンテクノロジーズ(東京都港区)に出資することで合意したと発表した。出資総額は約5億9000万円。このうち大半は三井物産と伊藤忠商事がそれぞれ同じ割合で出資する。三井物産と伊藤忠商事は、オーガンの再生医療サービスの実用化や海外展開の支援を検討している。
カテゴリー:

ゴミの分別ほどバカバカしいものはない…武田教授が明かす3つの悪 - 06月21日(木)04:45 

先日掲載の「日本は温暖化対策をもうやめよう。武田教授が明かす不都合な真実」では、「温暖化対策をやめれば消費税を廃止できる」との持論を展開し好評を得た、中部大学教授の武田邦彦先生。今回は自身のメルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』で、「環境によく、負担する税金も減るもっともよいゴミの出し方」を紹介。さらに現在行われているゴミを巡る行政がいかに酷いものかを糾弾しています。 ゴミ分別の3悪「役立たない、資源の無駄、責任を住民に」 男女共同参画と言われて久しいけれど、家庭のゴミを把握しているのは圧倒的に女性で、男性はせいぜい「出かけるときにゴミを出してきて!」と厳しく言われてイヤイヤ出すぐらいが関の山です。そして、女性の多くは社会全体を見ることができないので、自分の目の前にあるゴミは社会的にどのぐらいの影響があるかは判断できず、さらにまじめな性質で世間を気にするので、ゴミ出しに気を遣っています。 もともと、ゴミなのですから何でもかんでも袋や段ボールに入れて出せばよいのですが、20年ほど前「分別リサイクル」が始まり、ゴミを洗ったり、分別し、袋も専用になり、ひどい自治体では「名前を袋に書いて」出すところまであらわれる始末です。 自治体というのは「住民のためのサービス」をするために存在するもので、そのために住民から税金を徴収しています。でも、その自治体が「住民が気楽に生活する...more
カテゴリー:

「空からのテロを防ぐ」ドローン迎撃システム、米海兵隊が実用化 - 06月20日(水)07:16 

米海兵隊がドローンを迎撃するシステムを実用化し、対テロ任務に投入している。オモチャから空撮用途に、さらには宅配にと実用化がドローンだが、その高性能ゆえにテロの道具として使われる恐れが現実化しているためだ。
カテゴリー:

3兆円のムダ遣い。六ヶ所再処理工場という「危険な無用の長物」 - 06月22日(金)04:45 

6月の半ばから矢継ぎ早に飛び出した観のある原発関連案件ですが、この流れを「原発政策の欺瞞と矛盾が勢いよく噴き出した」とするのは、これまで原子力政策の矛盾や見込みの甘さを指摘してきた元全国紙社会部記者の新 恭さん。新さんは自身のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』で、その最たるものとして再処理工場を巡る問題を取り上げ、いつまでたっても完成に至らない六ヶ所再処理工場は不要であり、国が掲げる「核燃料サイクル」はすでに破綻していると非難しています。 危険な“無用の長物”となる六ヶ所再処理工場 6月10日の新潟県知事選が終わるのを待っていたかのように、安倍官邸と経産省は、せき止めていた原発関連案件のコックをひねった。 そこから出てきたのは、福島第二原発の廃炉、玄海原発4号機の再稼働、東海再処理施設の廃止…etc。原発政策の欺瞞と矛盾が勢いよく噴き出した。 東京電力の社長が福島県知事を6月14日に訪ね、福島第二原発の廃炉方針を表明したのは、もちろん経産省との打ち合わせ通りだ。新潟県知事選で自公の支持する国交省OB、花角英世候補が勝利したことで、柏崎刈羽原発の再稼働に見通しが立ったと踏んでいるのだ。 その前日、日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(茨城県東海村)を廃止する計画が原子力規制委員会に認可された。新基準を満たすためには莫大なコストがかかるというのが廃止の表向きの理由だが、つまるとこ...more
カテゴリー:

幕末スクールデイズ! 志士たちの学び舎 - 06月21日(木)18:00 

幕末の英雄たちだって、何も始めからスーパーマンだったわけじゃない。小説やマンガ、アニメではあまり描かれないけれど、志士たちも現代人と同じように、学校や塾に通って勉強して、だからこそ歴史に名を残せたのだ。今回は東京にある幕末の学校や塾の史跡を訪ねて、志士たちのスクールデイズを見てみよう! 【写真を見る】屈強なアメリカ人のペリーが、思わず会釈したとも目を反らしたともいわれる奇人・佐久間象山。この人の影響を受けちゃった若者たちが……。 ■ 親子2代の大砲道! 幕末の学塾では、現代の国数社理英のような科目ではなく、専門的かつ実践的な学問を教えていた。ペリーに始まる西洋諸国の来航を受けて、洋式の大砲やライフルの操法、用兵術、築城術といった西洋兵学の需要が高まる中、この分野の最高峰だったのが通称「江川塾」だ。 塾主の江川太郎左衛門英龍は、徳川幕府の伊豆韮山代官を務め、また現在東京の観光スポットになっているお台場の由来となった、台場(砲台)を江戸湾に築いた人物だ。このことからもわかるように、英龍は外国勢力に備える海防と、西洋の軍事技術や制度の導入が急務だと唱えていた。 そのため英龍は、洋式砲術の先駆者だった高島秋帆に入門して、実践と研究に励んだ。そこで修めた砲術学をさらに深めて、息子の英敏や代官所の部下、幕臣たち、さらに他藩士にも分け隔てなく教えた。伊豆韮山の代官所はもちろん、江戸の屋敷にも大砲...more
カテゴリー:

ゴミの分別ほどバカバカしいものはない…武田教授が明かす3つの悪 - 06月21日(木)04:45 

先日掲載の「日本は温暖化対策をもうやめよう。武田教授が明かす不都合な真実」では、「温暖化対策をやめれば消費税を廃止できる」との持論を展開し好評を得た、中部大学教授の武田邦彦先生。今回は自身のメルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』で、「環境によく、負担する税金も減るもっともよいゴミの出し方」を紹介。さらに現在行われているゴミを巡る行政がいかに酷いものかを糾弾しています。 ゴミ分別の3悪「役立たない、資源の無駄、責任を住民に」 男女共同参画と言われて久しいけれど、家庭のゴミを把握しているのは圧倒的に女性で、男性はせいぜい「出かけるときにゴミを出してきて!」と厳しく言われてイヤイヤ出すぐらいが関の山です。そして、女性の多くは社会全体を見ることができないので、自分の目の前にあるゴミは社会的にどのぐらいの影響があるかは判断できず、さらにまじめな性質で世間を気にするので、ゴミ出しに気を遣っています。 もともと、ゴミなのですから何でもかんでも袋や段ボールに入れて出せばよいのですが、20年ほど前「分別リサイクル」が始まり、ゴミを洗ったり、分別し、袋も専用になり、ひどい自治体では「名前を袋に書いて」出すところまであらわれる始末です。 自治体というのは「住民のためのサービス」をするために存在するもので、そのために住民から税金を徴収しています。でも、その自治体が「住民が気楽に生活する...more
カテゴリー:

ゲノム編集技術CRISPRへの「平等なアクセス」の実現に挑む、研究者たちの闘い - 06月20日(水)11:00 

ゲノム編集技術「CRISPR」の応用が進むなかで、そのメリットをより多くの人々が享受できるように取り組む研究者たちがいる。超高額な先端医療ではなく、マラリアやライム病といった伝染病の撲滅などに使おうというのだ。まだ多くの制約と課題があるなか、研究者たちはいかに実用化と「平等なアクセス」の実現に向けて取り組んでいるのか。6月上旬にボストンで開かれたカンファレンス「CrisprCon」レポート。
カテゴリー:

1回の注射で1年持続!血管若返る「高血圧ワクチン」とは - 06月20日(水)06:00 

日本人の4人に1人が高血圧に起因した病気で亡くなっている。そんなやっかいな疾患を改善する画期的な“特効薬”がもうすぐ手に入るようになる――。   「このワクチンを使うことで、高血圧の患者だけでなく、脳卒中や心筋梗塞で亡くなる人を減らすことが期待できます」   そう語るのは、血圧を下げる「高血圧DNAワクチン」(以下・高血圧ワクチン)の開発者で、大阪大学の森下竜一教授。高血圧は、日本人にもっとも多い疾患で、予備群もふくめると約4,300万人の患者がいる。森下教授がこう続ける。   「高血圧の患者のなかで治療をしている人は1,000万人ほど。放置していたり、高血圧に気づいていなかったりする人も少なくありません。とくに、40代以降の女性は要注意。女性ホルモンの『エストロゲン』には、血管のしなやかさを保つ働きがありますが、更年期になると『エストロゲン』の分泌が減少。それまで正常値だった人も血管が硬くなり、高血圧になっている女性も多いのです」   高血圧は「サイレントキラー」と呼ばれ、自覚症状のないまま動脈硬化が進行。脳梗塞やくも膜下出血などの脳卒中、心筋梗塞や腎臓病などの病気を引き起こす。実際、日本人の4人に1人が高血圧に起因した病気で亡くなっている。   そんな命に関わる生活習慣病・高血圧の新しい治療法として、日本で開...more
カテゴリー:

もっと見る

「実用化」の画像

もっと見る

「実用化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる