「実写」とは?

関連ニュース

【全米映画ランキング】「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画史上最高のOP興収でV - 06月19日(火)17:00 

 3本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、ディズニー/ピクサー最新作の「インクレディブル・ファミリー」がアニメ映画史上最高となる約1億8000万ドルのオープニング興収で首位デビューを飾った。  同作は、ピクサーの長編劇場用アニメの第20作で、04年に大ヒットを記録したヒーローもの「Mr. インクレディブル」の14年ぶりとなる待望の続編。前作で大活躍した父親ボブが家事や育児に専念し、ボブの妻ヘレン/イラスティガールが新たなミッションに挑む中、全世界を恐怖に陥れる陰謀が動き出す。批評家からは絶賛評が多く寄せられ、レビュー・興行ともに申し分のないスタートとなった。声の出演にクレイグ・T・ネルソン、ホリー・ハンター、キャサリン・キーナー、ボブ・オデンカーク、イザベラ・ロッセリーニ、サミュエル・L・ジャクソン。監督は前作の「Mr. インクレディブル」や「ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル」「トゥモローランド」といった実写作品でも知られるブラッド・バード。  興収約2000万ドルで2位となったのは前週首位の「オーシャンズ8」。10日間の累計は約7900万ドルで、最終興収は1億2000万ドル強といったところか。  約1500万ドルのOP興収で初登場3位となったのは実話ベースのコメディ「Tag」。30年以上も本気で「鬼ごっこ」を楽しむ、いい年をした男たちの滑稽...more
カテゴリー:

鎌田紘子主演!詐欺や悪事の手口を解決していく痛快バラエティドラマ、『AI探偵カマ』6月15日より配信スタート!! - 06月19日(火)13:00 

エンターテイメント向けDVD、書籍・雑誌の販売などを手がけている株式会社トップ・マーシャルは、グラビアアイドルとしても活躍するタレント鎌田紘子主演のバラエティドラマ『AI探偵カマ』の配信を6月15日よりスタートいたしました。 『AI探偵カマ』は、冴えない女探偵「鎌田ヒロコ」が、宇宙人にさらわれ、超AI電子チップを埋め込まれたことから滞在能力を発揮し、世の中の詐欺や悪事の手口を暴き解決していくドラマで、実写とムービーコミックを融合した構成となっております。 主演の鎌田紘子、お笑いコンビ『さらば青春の光』の森田哲也・東ブクロ、さらにあやまんJAPANのあやまん監督、サムギョプサル和田らが出演しております。 番組は、TSUTAYA TV、DMM、U-NEXT、楽天TV、VIDEX.jp、ビデオマーケットなど配信いたします。
カテゴリー:

小日向文世&遠藤憲一「嫌われ監察官 音無一六」新作で兄弟に! - 06月19日(火)12:00 

 小日向文世が主演する人気ドラマシリーズ最新作「ドラマ特別企画 嫌われ監察官 音無一六スペシャル」が、7月6日にテレビ東京系で放送されることが決定。あわせてゲスト出演者も発表され、遠藤憲一、大友康平、堀内敬子が参加していることがわかった。 ・【フォトギャラリー】「ドラマ特別企画 嫌われ監察官 音無一六スペシャル」場面写真  これまで4作が放送され、約1年半ぶりの新作となる「嫌われ監察官 音無一六」。小日向が演じる音無一六は、天才的な“深読み力”で事件の真相を暴き、警察内部のあらゆる不正を取り締まってきた監察官だ。今作では、暴力団との癒着疑惑で監察中だった警部補・有村俊樹が毒殺され、遺体の第一発見者になってしまう一六。仲間を失った捜査員から反感を買いつつ、四面楚歌でなおも監察を遂行するうちに、現場から逃走した被疑者・万丈二六の意外な正体に気づく。  小日向をはじめ、警務部長・千住遼子役の田中美佐子、元署長の居酒屋店主・二宮満役の小野武彦、刑事部長・七尾政和役の石丸謙二郎、巡査部長・三条渚に扮する中越典子が続投。のちに一六の弟であることが発覚するキーパーソン・万丈二六を遠藤が演じ、大友が殺害されてしまう警部補・有村俊樹役、堀内が一六の相棒として活躍する溝呂木三花役として登場する。  遠藤が息吹を注ぐ二六は、一六と幼い頃に引き離されてしまったという過去を持つ男。「全く(見た目が)...more
カテゴリー:

吉岡里帆、主演ドラマ1.5話配信決定 山田裕貴&川栄李奈らが出演 - 06月19日(火)11:30 

 女優の吉岡里帆が主演する7月17日に放送されるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(毎週火曜 後10:00※初回20分拡大)の第1話と2話をつなぐ第1.5話がWeb限定オリジナルドラマ“チェインストーリー”として映像配信サービス『GYAO!』で独占無料配信されることが決定した。番組キャストとスタッフが本編の各話の間の物語をつなぐ形でもう一つの物語を描いていく。毎話放送終了後の配信となる。 【場面カット】吉岡演じるえみるの同期メンバーが登場  同ドラマは小学館『週刊 ビッグコミックスピリッツ』連載中の柏木ハルコ氏によるコミックを実写化。安定を求めて公務員になった平凡な主人公・義経えみる(吉岡)が“生活保護受給者”を支援するケースワーカーのお仕事に配属されたことをきっかけに、生活保護現場の壮絶な現実に直面し、最初は大いに戸惑いながらも、ある事件をきっかけに一念発起。持ち前のひた向きさで、受給者たち一人一人の人生に向き合い、寄り添い、自立への道筋を見つけ出すために奮闘していく。  初回となる第1.5話では、吉岡演じるえみるのキャラを本編より深く、入庁式前後の姿を描き出す。えみるに加え、同じ配属先となった、川栄李奈演じる栗橋千奈、山田裕貴演じる七条竜一、小園凌央演じる後藤大門、水上京香演じる桃浜都ら同期5人が、気まずい空気の中繰り広げる自己紹介の“苗字ト...more
カテゴリー:

岸谷五朗主演で伝説の麻雀漫画『天 天和通りの快男児』実写ドラマ化 - 06月19日(火)10:49 

岸谷五郎を主演に迎え、2018年秋、『カイジ』や『アカギ』などで有名な人気漫画家・福本伸行の伝説の麻雀漫画『天 天和通りの快男児』が、テレビ東京にて実写ドラマ化されることが発表された。『天 天和通りの快男児』は、雑誌『近代麻雀ゴールド』(竹書房)に、1989年~2002年まで連載された福本伸行による麻雀漫画。麻雀の「理」に対して深い造詣を抱き、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた井川ひろゆきは、ある日、麻雀の請負業(=代打ち)を営む天貴史(岸谷)と出会う。天は、無類の勝負強さと強い意思をもつ代打ちで、ひろゆきは天に憧れ、麻雀の世界に没入していく。やがて天とひろゆきは、神域の男と呼ばれる伝説の雀士・赤木しげるや関西屈指の現役最強の雀士・原田克美らと出会い、日本の裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑んでいく。福本作品を民放で初めてドラマ化した『銀と金』の制作スタッフが再集結し、伝説の麻雀漫画を連続ドラマ化した本作。主演を務める岸谷は「基本的に麻雀卓を囲んで役者が座っているという、画替わりがない話を連続ドラマにする勇気がすごいなと思いました」と率直な感想を述べると「でもそういったチャレンジをすることが面白いんです」と前向きなコメント。また、天貴史という役については「まずは(麻雀の)手つきから、役作りを始めています。プロの先生から演技指導で麻雀牌の持ち方を教えていただいたり、新幹線での移動時間などで...more
カテゴリー:

竹内涼真「俺を落としてみなよ」に会場が熱狂! - 06月19日(火)13:26 

映画『センセイ君主』スペシャルイベント&完成披露舞台挨拶が6月17日に六本木ヒルズアリーナおよびTOHOシネマズ六本木ヒルズにて行なわれ、竹内涼真、浜辺美波、佐藤大樹、川栄李奈、新川優愛、月川翔監督が出席した。 本作は、幸田もも子の人気コミックを、映画『君の膵臓をたべたい』の月川翔監督が実写映画化。告白7連敗中の恋に恋するパワフルな女子高生・佐丸あゆは(浜辺)が、ふとしたことがきっかけで、好きになってしまったひねくれ者の数学教師・弘光由貴(竹内)と出会ったことから巻き起こる恋愛模様を描いたラブコメディ。 天候が悪いにも関わらず、大勢の女性ファンが詰め掛けた本イベント。大スクリーンに予告編が流れただけで、大歓声が上がるなど、キャスト登場前から会場のテンションはマックスに。 そうした中、登場した竹内は、客席に向かって「俺を落としてみなよ」と劇中のセリフを発言し、さらに観客をあおると、初の教師役について「やっとです。だんだんと制服は着なくなっていくんですね」としみじみ。続けて「先生と生徒の距離感を意識しました。あゆはの“直球の好き”をいなしながら、適度な距離を保っていくんです」と役へのアプローチ方を語る。 一方、これまでのイメージとは違うコメディ色の強い役柄を演じた浜辺は「とにかく明るい女の子なので、ちょっとでも戸惑いがあるとダメだと思いました。原作も大好きだったので、台本を開く...more
カテゴリー:

丸井グループが、実写映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』製作委員会に参加 - 06月19日(火)12:00 

[株式会社丸井グループ] [画像1: https://prtimes.jp/i/3860/1813/resize/d3860-1813-361835-0.jpg ] ■ 店舗・カードによるプロモーションを展開   当社グループでは、年間200企画を超えるマルイ店舗でのアニメ・ゲームイベントの...
カテゴリー:

スタジオより先にCG学校を作り人材を育てた! ハリウッド帰りのタイのクリエイター達がいつか日本を追い越す日 - 06月19日(火)11:30 

 世界のアニメーションの主流が3DCGになりつつある今、我々の目にする作品のうちの少なくない数が、実は東南アジアの国、タイで制作されているという。 現在タイでは、ディズニー/ピクサーやルーカスフィルムのILM(インダストリアル・ライト&マジック)を始めとしたハリウッドの3DCGアニメーションスタジオで経験を積んだCGアーティストたちが最先端のスキルを身に付け、帰国後に地元タイでスタジオを開いている。さらに子どもの頃からコンピューターをおもちゃ代わりにして育った新たな世代も巻き込み、次々とハイクオリティーな3DCG作品を送り出しているのだ。  タイのクリエイターたちの仕事の舞台は、ハリウッドの映画・TVシリーズのVFX、3DCGアニメからミュージックビデオ作品、日本の遊技機のCGアニメーションまで幅広い。そんなタイのCGスタジオが他のアジアの国に比べて発展した背景には、早くからCG学校が作られ、今では大学でCGを学ぶことができる教育や、幼少の頃から日本のアニメやハリウッドの作品に触れられる自由な文化などがある。  ドワンゴ・吉川圭三とジャーナリストの数土直志が、今後のアニメーションの行方を明らかにする連載の第3回では、バンコクにあるタイを代表するCGスタジオであるThe Monk Studio、Imagimax Studio、RiFF Animation Studioを訪...more
カテゴリー:

岸谷五朗主演で伝説の麻雀漫画『天 天和通りの快男児』実写ドラマ化 - 06月19日(火)11:00 

岸谷五郎を主演に迎え、2018年秋、『カイジ』や『アカギ』などで有名な人気漫画家・福本伸行の伝説の麻雀漫画『天 天和通りの快男児』が、テレビ東京にて実写ドラマ化されることが発表された。『天 天和通りの快男児』は、雑誌『近代麻雀ゴールド』(竹書房)に、1989年~2002年まで連載された福本伸行による麻雀漫画。麻雀の「理」に対して深い造詣を抱き、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた井川ひろゆきは、ある日、麻雀の請負業(=代打ち)を営む天貴史(岸谷)と出会う。天は、無類の勝負強さと強い意思をもつ代打ちで、ひろゆきは天に憧れ、麻雀の世界に没入していく。やがて天とひろゆきは、神域の男と呼ばれる伝説の雀士・赤木しげるや関西屈指の現役最強の雀士・原田克美らと出会い、日本の裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑んでいく。福本作品を民放で初めてドラマ化した『銀と金』の制作スタッフが再集結し、伝説の麻雀漫画を連続ドラマ化した本作。主演を務める岸谷は「基本的に麻雀卓を囲んで役者が座っているという、画替わりがない話を連続ドラマにする勇気がすごいなと思いました」と率直な感想を述べると「でもそういったチャレンジをすることが面白いんです」と前向きなコメント。また、天貴史という役については「まずは(麻雀の)手つきから、役作りを始めています。プロの先生から演技指導で麻雀牌の持ち方を教えていただいたり、新幹線での移動時間などで...more
カテゴリー:

大物感満載!地方別、旦那さんのニックネーム対決! - 06月19日(火)10:00 

世間的に認知されると、自分の名前以上にひとり歩きするニックネーム。分かりやすいところで言うと、「下町の玉三郎」と呼ばれる俳優の梅沢登美男さんであったり、「浪速のエリカ様」と呼ばれる元衆議院議員の上西小百合さんであったり。野球界で言えば「ハマの大魔神」佐々木主浩投手や「平成の怪物」松坂大輔投手など、そのニックネームを聞くと、だいたいその人がどのような人なのかが分かります。 ママスタBBSに集まった「旦那のニックネームを付けるとしたら」という投稿から、集まる集まる素晴らしい異名をもつ旦那さん(笑)。読んでいると、会ったこともないのにリアルな人物像が浮かんでくるようです! ニックネーム命名のポイントは、最初に地名や時代を入れ、その後にズバッと人柄を表すひとことを添えること。 さぁ、地名を入れた日本全国地区対決でお送りします。一番オモシロいニックネームをもつ旦那さんは、何地方かな? 北の国からこんにちは【北海道】 『十勝のゴリラ牛』 新種の牛に聞こえますね。 『札幌のシャクレ王』 道庁所在地・札幌を代表するしゃくれっぷりっとは、相当なもの! 『札幌の生ハゲ』 札幌っ子も黙るなまはげ……いやいや、リアルハゲ……? 冬場に強いみちのくの旦那さん【東北】 『東北の湿度100%デブ』 相当ジトジト、湿っぽい性格……ということ? それとも単なる汗っかき? 『山形の裸の王さま』 山形県民が、ひ...more
カテゴリー:

もっと見る

「実写」の画像

もっと見る

「実写」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる