「安達奈緒子」とは?

関連ニュース

産婦人科のリアルが綴られた NHKドラマ『透明なゆりかご』7月20日(金)10時スタート - 07月17日(火)09:00 

2015年5月に1巻が発売になった、漫画『透明なゆりかご』。 作者である沖田×華(おきた ばっか)さんが、看護学科に通う高校3年生のときに母親にすすめではじめた産婦人科院での見習い看護師、その時の経験を描いた作品です。描かれる内容の衝撃度が話題の作品となりました。 産婦人科と聞けば、新しい命が誕生する場所として、明るいイメージを想像しがちですが、実際の現場では、命にまつわる様々な出来事が起きています。 コミックス1巻に掲載されている第1話「命のかけら」の中で、×華さんが見習い看護師として働いている産婦人科の院長の言葉に衝撃的なものがあります。それは、「90年代の日本の死亡原因、本当の1位は、人工妊娠中絶」というもの(参照:KC KISS『透明なゆりかご』第1巻)。 この部分に衝撃を受けた人は少なくないはず。この作品の中では、普段知ることのできない産婦人科医院で起こる現実が描かれています。 そして、この漫画がドラマ化され、2018年7月20日(金)からNHKドラマ10(NHK総合テレビのよる10時台の連続ドラマ枠)でスタートします。 ドラマ『透明なゆりかご』のあらすじは? ドラマ『透明なゆりかご』では、漫画で描かれている衝撃的な内容がどのように表現されるのかに注目が集まっています。 原作者である沖田×華さんも、 『最初に「透明なゆりかご」がドラマになると聞いたときは、まるで現...more
カテゴリー:

清原果耶、ドラマ初主演作第1回完成に「安心しました」 - 07月09日(月)13:15 

 女優の清原果耶(16)が9日、東京・渋谷のNHKで自身が主演するドラマ10『透明なゆりかご』(20日スタート、毎週金曜 後10:00、全10回)の第1回試写会に出席した。  沖田氏と華氏が看護師見習い時代の実体験に基づいて描いた漫画『透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記』(講談社)が原作。町の小さな産婦人科医院で、アルバイトの看護師見習いとして働くことになった17歳のアオイ(清原)が、幸せな出産ばかりでなく、中絶や死産といった産婦人科の“影”の部分にも向き合いながら、「命って、何だろう…」と、産まれて来る赤ちゃんの圧倒的生命力にうち震えながら、自問自答し、少しずつ成長してゆく姿を描く。脚本は、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(3rdシーズン)の安達奈緒子氏がNHK総合で初執筆する。  ドラマ初主演を務める清原は「うれしい思いもあったが、私が主演…みたいな。すごく不安が大きかったですし、頑張らなきゃいけないな、原作の素晴らしさを届けるために、私が何をしたらいいのかすごく考えました」と、当初の心境を振り返りながらも、「責任の大きさをプレッシャーを感じることもあったんですが、現場では、キャストや監督、スタッフのみなさんが温かく迎え入れてくれて、わりと早い段階で不安はふわっとかき消されていきました」と、周囲のサポートに感謝した。  第1回の試写を観て、「無事に完...more
カテゴリー:

「安達奈緒子」の画像

もっと見る

「安達奈緒子」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる