「安藤玉恵」とは?

関連ニュース

宮藤官九郎演出の舞台「ロミオとジュリエット」公演日決定!三宅弘城&森川葵らのビジュアルも - 07月17日(火)20:00 

 宮藤官九郎が演出を手がける舞台「ロミオとジュリエット」が11月20日~12月16日に東京・本多劇場で公演されることが決定した。あわせてビジュアルも披露され、ロミオ役の三宅弘城、ジュリエット役の森川葵らの姿を切り取っている。  ウィリアム・シェイクスピアによる古典劇を、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」「パンク侍、斬られて候」などで知られる人気クリエイター・宮藤の演出で上演。“いままで誰も見たことがない”斬新かつ普遍的な喜悲劇を目指し、個性豊かな俳優陣を起用している。  宮藤作品に度々出演する三宅がロミオ役で主演し、「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」のヒロイン役を担った森川がジュリエット役で初舞台を踏む。ほか勝地涼がマキューシオ役、皆川猿時がティボルト役を務め、小柳友、阿部力、今野浩喜、よーかいくん、篠原悠伸、安藤玉恵、池津祥子、大堀こういち、田口トモロヲらが脇を固めている。  M&Oplaysプロデュース舞台「ロミオとジュリエット」は、11月20日~12月16日に本多劇場、12月19日に新潟のりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館、同22~24日に大阪・サンケイホールブリーゼ、同26、27日に愛知・刈谷市総合文化センターで上演される。 【作品情報】 ・パンク侍、斬られて候 【関連記事】 ・日韓の鬼才対談が実現!宮藤官九郎が「お嬢さん」パク・...more
カテゴリー:

産婦人科のリアルが綴られた NHKドラマ『透明なゆりかご』7月20日(金)10時スタート - 07月17日(火)09:00 

2015年5月に1巻が発売になった、漫画『透明なゆりかご』。 作者である沖田×華(おきた ばっか)さんが、看護学科に通う高校3年生のときに母親にすすめではじめた産婦人科院での見習い看護師、その時の経験を描いた作品です。描かれる内容の衝撃度が話題の作品となりました。 産婦人科と聞けば、新しい命が誕生する場所として、明るいイメージを想像しがちですが、実際の現場では、命にまつわる様々な出来事が起きています。 コミックス1巻に掲載されている第1話「命のかけら」の中で、×華さんが見習い看護師として働いている産婦人科の院長の言葉に衝撃的なものがあります。それは、「90年代の日本の死亡原因、本当の1位は、人工妊娠中絶」というもの(参照:KC KISS『透明なゆりかご』第1巻)。 この部分に衝撃を受けた人は少なくないはず。この作品の中では、普段知ることのできない産婦人科医院で起こる現実が描かれています。 そして、この漫画がドラマ化され、2018年7月20日(金)からNHKドラマ10(NHK総合テレビのよる10時台の連続ドラマ枠)でスタートします。 ドラマ『透明なゆりかご』のあらすじは? ドラマ『透明なゆりかご』では、漫画で描かれている衝撃的な内容がどのように表現されるのかに注目が集まっています。 原作者である沖田×華さんも、 『最初に「透明なゆりかご」がドラマになると聞いたときは、まるで現...more
カテゴリー:

「安藤玉恵」の画像

もっと見る

「安藤玉恵」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる