「安藤政信」とは?

関連ニュース

テセウスの船:“黒幕”登場に視聴者「まさかすぎた!」「お前だったのか… - 03月22日(日)23:01 

 俳優の竹内涼真さん主演の連続ドラマ「テセウスの船」(TBS系、日曜午後9時)最終第10話「過去を変えろ!黒幕との最後の対決」が3月22日、25分拡大版で放送された。同話では、加藤みきお(安藤政信さ…
カテゴリー:

『テセウスの船』みきお役・柴崎楓雅「竹内涼真さんみたいになりたい」 - 03月22日(日)13:34 

父が殺人犯として逮捕された事件の真相に迫るべく奮闘する主人公・田村心(竹内涼真)の真っすぐで一生懸命な姿や、予測不能な動きをする黒幕の正体に注目が集まっている日曜劇場『テセウスの船』(TBS系)の最終回がついに3月22日(日)夜9:00から25分拡大で放送される。怪しい人物が続々と浮かび上がる中、SNSでは事件の黒幕の考察などで盛り上がっているが、その中で特に視聴者の目を惹きつけているのが柴崎楓雅演じる小学生・加藤みきおだ。かわいらしい顔に浮かぶ怪しげな笑み、澄んだ声で紡がれる田村心を追い詰める言葉。みきおが登場するたびにその一挙手一投足に目を奪われてしまう。今回、そんな小学生とは思えないほどの行動力と表情を見せるみきおを演じる柴崎にインタビュー。主演を務める竹内に尊敬の目を向ける柴崎の小学生らしい素顔に迫った。――約4ヶ月、加藤みきおを演じてみていかがですか?みきおはすごく難しい役柄なのですごく緊張していたんですけど、監督に色々と指導してもらって僕なりの加藤みきおを作ることが出来たのかなと思います。怖い時のみきおと普通の小学生のみきおの2面性を意識して大切に演じました。ワープロを打つ時とかは怖い感じをちゃんと出せていたかなと・・・学校ではみんなにばれないように普通の小学生のみきおなんですけど、そのあとすぐに心先生とか文吾さんと居るシーンは怖い感じでやらないといけないので演じ分けと...more
カテゴリー:

鈴木亮平演じる文吾が逮捕!黒幕から最後のメッセージが届き…『テセウスの船』最終話 - 03月19日(木)13:17 

竹内涼真が主演を務める日曜劇場『テセウスの船』(TBS系、毎週日曜21:00~)の最終話(第10話)が、3月22日に25分拡大SPで放送される。本作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)に連載されていた東元俊哉による同名コミックを原作とした本格ミステリードラマ。竹内をはじめ、鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里、安藤政信、貫地谷しほり、芦名星、竜星涼、せいや、ユースケ・サンタマリアが出演。主人公の田村心(竹内)が、父親が犯人として逮捕された連続毒殺事件の謎を追うため、「過去を変える」というタブーに挑む姿を描く。<最終話(第10話)あらすじ>駐在所のワープロから犯行日記が、庭から青酸カリが発見されて逮捕されてしまった文吾(鈴木)。しかも……文吾は一連の事件の連続殺人の容疑を認め、自供する。「俺が犯人だ」。心(竹内)と和子(榮倉)は文吾から「家族の縁を切る」と言われ、ショックを受ける。すべては黒幕の仕掛けた罠なのか、それとも本当に文吾が殺人犯だったのか。大きく揺れる心と家族。バラバラになってしまった家族は最大のピンチをどう乗り越えるのか……?そして、事件の真相を追う心の元に黒幕から最後のメッセージが届く。それは、心に究極の選択を迫るものだった。過去を変えて家族の未来を救うため、心はある決意をする。やがて迎える黒幕との対峙。そこで事件のすべての真相が明らかにされる。心と家族の未来はどう変わるのか...more
カテゴリー:

日曜劇場「テセウスの船」最終話 - 03月22日(日)21:00  news4vip

【過去を変えろ!黒幕との最後の対決】 3/22 (日) 21:00 ~ 22:19 (79分) 文吾(鈴木亮平)が連続殺人犯として逮捕!心(竹内涼真)と和子(榮倉奈々)は激しく動揺する。 真犯人は一体誰なのか?心は過去を変えることができるのか!? 竹内涼真、榮倉奈々、安藤政信、貫地谷しほり 小籔千豊、六平直政、せいや(霜降り明星)、 今野浩喜、白鳥玉季 上野樹里(特別出演)、笹野高史、麻生祐未、鈴木亮平 ...
»続きを読む
カテゴリー:

『テセウスの船』竹内涼真ら撮了!「悔いのないようにやり切れた」 - 03月22日(日)09:49 

毎週日曜夜9:00からTBSで放送され、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」でも配信されている竹内涼真主演ドラマ『テセウスの船』の最終回が2020年3月22日(日)に25分拡大で放送される。このたび、主人公・田村心を演じる竹内、心の父・文吾を演じる鈴木亮平らがクランクアップを迎えた。本作は週刊漫画誌「モーニング」(講談社)で連載されていた東元俊哉による同名漫画が原作で、。父親が逮捕されたことで母と共に身を隠すように生きてきた主人公・田村心(竹内)が、突然事件が起こる直前の1989年(平成元年)へタイムスリップし、失われた家族の笑顔を取り戻すために事件の真相に迫っていく姿を描いている放送以来、回を重ねるごとに怒涛の展開で謎が深まり、SNSでは黒幕が誰なのかと考察をするなど大きな盛り上がりを見せている。最終回を前にさらに注目度が増している本作の約4か月に及ぶ撮影がオールアップを迎え、竹内と鈴木"父子"が揃ってクランクアップした。日曜劇場初主演作となった竹内は「1話から田村心という人物の人生を本気で演じてきましたが、悔いのないようにやり切れたと自信を持って言えます」とコメントし、「最終回はずっと願ってきた家族の笑顔を守れるのか、父の冤罪を証明できるのか、心にとってまさに集大成だと思っています。家族の愛、そして父さんとの絆がすべて詰まった最終回で僕たちを苦しめてきた真犯人は誰なのか、...more
カテゴリー:

鈴木亮平演じる文吾が失踪!意識不明のみきおを残し…『テセウスの船』第9話 - 03月13日(金)13:03 

竹内涼真が主演を務める日曜劇場『テセウスの船』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第9話が、3月15日に放送される。本作は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)に連載されていた東元俊哉による同名コミックを原作とした本格ミステリードラマ。竹内をはじめ、鈴木亮平、榮倉奈々、上野樹里、安藤政信、貫地谷しほり、芦名星、竜星涼、せいや、ユースケ・サンタマリアが出演。主人公の田村心(竹内)が、父親が犯人として逮捕された連続毒殺事件の謎を追うため、「過去を変える」というタブーに挑む姿を描く。<第9話あらすじ>田村心(竹内)が犯人に呼び出されて向かった文吾(鈴木)の後を追うと、そこには意識不明で重体の加藤みきお(柴崎楓雅)がパトカーに残されていた。連絡が取れずに行方不明の文吾に、県警の監察官・馬淵(小籔千豊)は殺人未遂容疑で家宅捜索するために佐野家を訪れる。文吾の消息が掴めないまま佐野家には記者たちが集まり、警察官が殺人事件に関与したと騒ぎ立てる。音臼小事件を阻止しても父は殺人犯の罪が着せられた状況に陥ってしまう。心は、文吾に殺人犯の罪を着せて死刑に追い込むという真犯人の執念深さを感じるのだった。そして、文吾への恨みの原点と思われる謎のメッセージが届く。追い詰められた和子(榮倉)が集まった記者たちに語った言葉とは!? そして、ラストには衝撃的な犯人の策略が待ち受けていた……!! ...more
カテゴリー:

「安藤政信」の画像

もっと見る

「安藤政信」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる