「安田顕」とは?

関連ニュース

大泉洋、サンボマスターの“熱さ”の秘密に切り込む! - 07月19日(木)19:24 

サンボマスターが、7月21日放送の音楽番組『SONGS』(NHK総合、毎週土曜23:00~)に初出演。番組の責任者を務める大泉洋が、彼らの魅力に迫る。サンボマスターは、大学の音楽サークル仲間3人で2000年に結成。メンバーは唄とギターの山口隆、ベースの近藤洋一、そして、ドラムの木内泰史だ。2003年にデビューし、2005年には「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」が大ヒット。ポジティブな歌詞はもちろん、ライブでの山口のシャウトと熱いMCなど、ファンの心をひきつけてやまない。一方の大泉も、大学の演劇サークル仲間でTEAM NACS(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉、音尾琢真)を結成しており、サンボマスターに大きなシンパシーを感じた様子。大泉は、彼らのほとばしる熱さの秘密を様々な切り口で浮き彫りにしようと、質問責めにする。今回、その舞台に選ばれたのは、学生時代のたまり場だった喫茶店と、彼らが初めて出会った母校・東洋大学朝霞キャンパス。バンドの「原点」で、音楽との出会いから現在の心境まで、大泉の鋭い質問に答えていくが、「5,000人の前でもビビらない奴とやりたかった」「“アーティスト”と呼ばれるより、“バンドマン”と呼ばれたい」「売れるより、3人が“いい感じ”でバンドをやることのほうが重要」など、飾らない言葉が次々と飛び出す。そして、スタジオライブでは彼らの代表曲「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」か...more
カテゴリー:

【ドラマ】下町ロケット:阿部寛主演の人気連ドラ続編決定 10月から - 07月19日(木)04:46  mnewsplus

2018年07月19日 下町ロケット:阿部寛主演の人気連ドラ続編決定 10月から  俳優の阿部寛さんが主演し、2015年10月クールに放送された人気ドラマ「下町ロケット」(TBS系)の続編が今年10月期に放送されることが19日、明らかになった。続編は、今月20日に発売される「下町ロケット」シリーズの最新作となる第3弾「下町ロケット ゴースト」(小学館)が原作で、前作に引き続き阿部寛さんが主人公の佃航平を演じ、立川談春さん、安田顕さん、和田聰宏さん、今野浩喜さん、中本賢さん、谷田歩さんら佃製作所のメンバーの続投も発表され...
»続きを読む
カテゴリー:

『志乃ちゃんは自分の名前が言えない オフィシャルブック』 オリジナル読み切りも収録 - 07月14日(土)07:00 

7月14日(土)より、映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が公開されるのを記念し、キャストたちのスチール&インタビューや、原作者の押見修造完全描き下ろしのスピンオフ読み切りを収録した『志乃ちゃんは自分の名前が言えない オフィシャルブック』が刊行される。 〈高校1年生の志乃は上手く言葉を話せないことで周囲と馴染めずにいた。そんな時、ひょんなことから同級生の加代と友達になる。音楽好きなのに音痴な加代は、思いがけず聴いた志乃の歌声に心を奪われバンドに誘う。文化祭へ向けて猛練習が始まった。そこに、志乃をからかった同級生の男子・菊地が参加することになり……〉 『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は、自分の名前が言えない女子高校生・大島志乃(おおしま・しの)の、とってももどかしくて、でもそれだけじゃない学校生活を描いた物語。映画では、第18回nicolaモデルオーディションのグランプリを受賞し、現在も雑誌「nicola」専属モデルとして活躍する南沙良が志乃を、さらに加代と菊池は、それぞれ蒔田彩珠と萩原利久が演じている。 オフィシャルブックは、押見修造が6年ぶりに描き下ろした“志乃ちゃん”カラーイラストが表紙になっているほか、18ページにわたる完全スピンオフ読み切り作品を収録。さらに、10代キャストたちの青春の息遣いが伝わる撮影スチールアルバム&手書きアンケ―トや監督インタビューなど、「志乃...more
カテゴリー:

『下町ロケット』続編、10月期放送! 阿部寛・立川談春・安田顕ら続投 - 07月19日(木)05:00 

10月期のTBSの日曜劇場枠(毎週日曜21:00~)で、2015年10月期に放送し好評を博した阿部寛主演ドラマ『下町ロケット』の続編を放送することが18日、わかった。
カテゴリー:

阿部寛主演『下町ロケット』続編が10月に放送決定!池井戸潤も「大いに期待」 - 07月18日(水)20:34 

2015年の10月期にTBS系で放送され、好評を博した阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』の続編の制作が決定した。原作は、池井戸潤の小説「下町ロケット」シリーズの第3弾となる「下町ロケット ゴースト」。大きな転換期を迎えた佃製作所の新たな戦いを描いていく。前作の『下町ロケット』では、小説のシリーズ第1弾と第2弾をベースに物語が展開。第2弾の小説「下町ロケット ガウディ計画」はドラマの放送されている最中に発売され、ドラマの6話からは、ガウディ計画編として、発売直後の小説を原作としたストーリーが繰り広げられた。主演の阿部は、ロケット開発への熱い思いと、諦めない姿勢で社員を引っ張る佃製作所の社長・佃航平を熱演。さらに、殿村直弘役の立川談春、山崎光彦役の安田顕をはじめ、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩らが阿部を支えた。特許侵害訴訟、ロケットエンジン用バルブシステム開発、人工心臓弁ガウディ計画など、度重なる困難を社員が力を合わせて切り抜けていく佃製作所の物語は、放送中から大きな反響を呼び、最終回の平均視聴率は22.3 %を記録。さらに、「第2回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」作品賞や「東京ドラマアウォード2016」連続ドラマ部門優秀賞など、数々の賞を総なめにし、2015年を代表するドラマの一つに輝いた。そんな大ヒット作の続編が、2018年の10月期に日曜劇場枠(毎週日曜21:00~)で放送...more
カテゴリー:

「今日のハナタレが一番楽しいかもしれない!」大泉洋を言わしめた新企画がスタート - 07月11日(水)16:33 

北海道テレビ(HTB)で毎週木曜深夜に放送されている「ハナタレナックス」。7/12(木)は、新企画「おもちゃの時間」第1夜を放送する。 同番組は、北海道が誇る演劇ユニット・TEAM NACS(森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真)が全国で唯一勢揃いする体当たりバラエティー。 今回はTEAM NACSがただおもちゃで遊ぶだけの新企画「おもちゃの時間」がスタート。第1のおもちゃは「おばけキャッチ」。お題のカードによる指示で、コマを素早くキャッチするというシンプルなゲーム。ルールは単純だが、紛らわしいお題にお手付きを連発するメンバー。とっさの判断力と反射神経がモノを言うこのゲーム。誰よりも早く取りたいという焦りが、メンバーの判断を狂わせることに。 第2のおもちゃは「そっとおやすみ」。同じ絵柄の手札を4枚揃えてそっと伏せ、伏せたことに最後まで気付かなかった人が負けというゲーム。誰かが手札を伏せたら、気付かない訳がないと、たかをくくる一同。周りの動きに目を配りながらも、最後まで手札を伏せることができず取り残されてしまうのは一体。 大泉が「今日のハナタレが一番楽しいかもしれない!」と言わしめた本企画。初めて見るおもちゃの数々に戸惑う5人だったが、遊ぶにつれ徐々にその魅力に引き込まれていく。番組は、7/12(木)深夜0:20~北海道テレビ(HTB)で放送される。(ザテレビジョン) 【関...more
カテゴリー:

「安田顕」の画像

もっと見る

「安田顕」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる