「孤独死」とは?

関連ニュース

定年間近で会社が倒産、退職金なし…住宅ローンだけが残った60代の悲惨な老後 - 06月21日(木)08:55 

◆「老後破産」は身近なものに。40代からマネープランの対策を  昨今、ニュースでも話題になる老後破産。「まだ先のこと」と他人事のように考えている人も多いだろうが、その遠因は30~40代にある。中野重治さん(仮名・62歳)は退職を目前に控えた59歳のとき、長年勤め上げた会社が倒産した。勤務先は機械メーカーで大手の孫請け。複数の主要取引先の業績悪化に伴い、同時期に取引量が縮小され倒産したという。 「倒産時の退職金規定が曖昧だったため、退職金は1円ももらえませんでした。住宅ローンの残債700万円を退職金で一気に返す予定だったので、老後のライフプランに大幅な狂いが生じました。ずっと専業主婦だった妻もパートに出て、今は夫婦共働きで年収290万円。年間100万円ほど返済していて、生活は非常に苦しい。農家をやっている親戚から米や野菜を送ってもらい、食費を最小限に抑えています。もっと若いうちから住宅ローンの返済や貯蓄をすべきでしたね」  このような老後破産は、どの家庭にも起こりうることだ。経済ジャーナリストの荻原博子さんは40代の未来をこう話す。 「給料が右肩上がりの時代はマイホームと車を所有し、子供2人を育てるのが人並みの生活でした。ところが今やそれは高嶺の花。給料は下がり学費も上昇。入ってくるお金は減っているのに出費は増えているわけですから、いくら生活を切り詰めようと、従来の人並みの人...more
カテゴリー:

阿川佐和子×クミコ×残間里江子、「老いと介護」で本音トーク - 06月18日(月)21:32 

 作家の阿川佐和子(64)、歌手のクミコ(63)、プロデューサーの残間里江子(68)がこのほど、残間の設立した会員制コミュニティ「クラブ・ウィルビー」で、介護をテーマに鼎談(ていだん)を実施。介護を経験し終えた者、現在進行形の者、それぞれの角度で介護の捉え方を本音で語り、自身の「老い」にも触れながら、生きていくコツを話し合った。 【写真】“新婚”の阿川佐和子、涼しげなブラウスで登場 ◆阿川佐和子 「日本って同世代を友達にするでしょ。私はいろんな人に会う仕事をしているせいか、歳を取った人と親しくなることもありますが、若い人とご飯を食べる機会もあるんですね。『え、今の若い子たちはこんなこと考えてるのか。けしからん!』って思ったりしますけど、学ぶこともあったり、なるほどと刺激されることある。やっぱり多世代と仲良くしてると、一人欠けてもまだこっちいるぞと。 日本人は「孤独死」というのを、いかにも子供が親を放置したように言いますけど、孤独死はヨーロッパでは「はい、オッケー!」なんですって。広島にもう100歳を超えた伯母がいるんですが、97を越してから入退院や施設への引っ越しを繰り返したことで、一時精神的におかしくなった時があったんですね。伯母は精神病院に入れられちゃったんです。もう杖をついていた父や母を連れて、また広島に行ったんです。 伯母に会うと、今度はすっきりとした顔をしていて...more
カテゴリー:

「人生をダメにする部屋」から脱却するには - 06月15日(金)08:50 

 人間にとって衣食住は欠かせぬが、食はもちろんのこと、「住」も人の精神や肉体に大きな影響を与える要素だ。今現在、不要なモノで溢れ“人生をダメにする部屋”に住んでいる人や、そうなりつつある予備軍の人たちへの改善策を紹介しよう。 ◆人生をダメにしない部屋の処方箋 ●捨てる→決断する  捨てるという行為は、「決断すること」に繋がる。部屋がモノで溢れている場合、本当に大切なものを見極めることができていないということだ。部屋にあるものを手に取り、心が動かないようなモノは手放していこう。 ●磨く→再評価する  すでにあるモノの輝きを取り戻す行為が、「磨く」。これを続けることで「ないモノを求める」思考が減り、自分自身の中にあるものを大切にする発想へと繋がる。また、外に向いた意識を自分の内側へと戻し、内省を促してくれる。 ●循環させる→動く  循環=部屋の流れを変えること。いつまでも同じ部屋の状態だと、メンタルの動きにも影響が。部屋がいつまでも淀んだ状態だと保守的になり、新しいことに挑戦しづらい心理状態になる。小まめな換気や模様替えなどで変化をつけよう。 ●引っ越しする  新しい住居に引っ越すことは、認知行動療法的にも有効。認知行動療法とは、行動をしていく中で物事の捉え方や考え方を変え、ストレスを軽減する精神療法。土地との相性は重要で、排他的な地域で肩身の狭い思いをしたり、治...more
カテゴリー:

【結婚願望が迷子です】「徐々に増えた独身がつらいと思う瞬間」 - 06月10日(日)20:00 

こんばんは。最近、愛犬が安物フードと高級フードを見分けるようになってきて焦っている、元キャバ嬢ライターのすずや鈴音です。 さりげなく安物を出すとあからさまに嫌な顔をされます。そんなグルメ気取りの愛犬のためにも、今日も頑張って働きたいと思います。 さて、これまで散々、「結婚するのがつらい」と言い続けてきた私ですが、何と最近、「独身がつらい」と思うことの方が増えてきたのです。 今回はその一部始終について語らせていただきたいと思います。 ◆独身がつらいと思う瞬間その1:背中に湿布が貼れない きっとデスクワークをしている人であれば、必ずや一度は、肩や腰の痛みに悩まされたことがあるのではないでしょうか。 私すずやもその例外ではなく、常日頃から体中の痛みに悩まされております。もはや生活において、湿布が欠かせない状況にまでなっております。 しかし最近、日頃の運動不足もあってか、以前よりも体が固くなった気がするのです。 するとどうでしょう。何と、自力では背中に湿布が貼れなくなってしまいました。以前なら軽々と背中まで回せていた腕がまったくあがらなくなってしまったのです。 そのため、最近は毎晩湿布を貼るのにとてつもない時間と労力を奪われております。想像してください。女が部屋でひとり、額から汗を流しながら背中に湿布を貼ろうと必死で頑張る姿を。 そして、「誰か私の背中に湿布を貼ってくれる人がいたら……」...more
カテゴリー:

被災住民互いに見守り 亘理・上浜街道災害住宅の有志 高齢単身世帯を巡回 つながり深め孤独死防ぐ - 06月21日(木)06:05 

東日本大震災の被災者が住む宮城県亘理町の上浜街道災害公営住宅で、集合住宅(123世帯)の住民が今月、高齢の単身世帯などを定期的に回る活動を始めた。住民のつながりを深め、孤独死を防止するのが目的。災害公
カテゴリー:

来世もお一人様がいい!が約半数 独身男女の死生観 - 06月17日(日)07:10 

 ある程度年を重ね、自身の暮らし方が安定してくると、特段変化の必要性もないし、暮らし方を変えるのが面倒になるということもあるかもしれない。40代以上の単身者を対象にした調査(鎌倉新書・東京)では、生まれ変わっても「おひとりさま人生」を望む人が男女ともに半数を超え、現在の暮らしに満足している様子がうかがえた。【写真】関連情報を含む記事はこちら  厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の将来推計によると、国内の単身世帯の割合は増加傾向で、2040年には4割に達する見込み。生涯未婚率の上昇や、高齢者の孤独死などを受け、自治体が終活支援サービスの開始に踏み切るなど、単身世帯の終活が注目を集めている。そんな中、40歳以上の独身男女444人に、死生観や終活への価値観、将来への展望、不安などについて聞いた調査だ。 それによると、「早く結婚したい」(7.7%)、「いずれは結婚したい」(21.4%)など、結婚意欲を持つ人は29.1%。一方、「結婚は考えていない」人は70.9%に上った。男女別にみると、結婚の意欲がある女性は20.2%、対する男性は38.0%と、女性の約2倍という結果に。 生まれ変わっても「おひとりさま人生」を望む男性は50.2%、女性は54.7%にのぼった。自分に万が一のことがあったときのために、すでに取り組んでいることを聞くと、「身のまわりのものの整理」、「お墓の生前準備」、「自...more
カテゴリー:

【社会】賃貸マンション派VSマンション購入派 どちらを選択すべき? - 06月11日(月)20:09  newsplus

今は賃貸物件に住んでいるけど、将来は住宅を買うべきか迷っている…そういう方は多いのではないでしょうか。 「マンションに住んでいる人」でも賃貸派と購入派ではライフプランが大きく変わってきます。 マンションは賃貸と購入では「どちらを選択した方がよいのか」について考えます。 ■賃貸派のメリット1:状況変化に柔軟に対応できること はじめに賃貸派の視点から考えてみます。1つ目のメリットは「引っ越しが容易にできること」です。 転勤や子どもの進学、Uターンなどにともなう転居があってもスムーズに対応できます。 さら...
»続きを読む
カテゴリー:

【不動産】賃貸マンション派VSマンション購入派 どちらを選択すべき? - 06月10日(日)17:03  bizplus

今は賃貸物件に住んでいるけど、将来は住宅を買うべきか迷っている…そういう方は多いのではないでしょうか。「マンションに住んでいる人」でも賃貸派と購入派ではライフプランが大きく変わってきます。マンションは賃貸と購入では「どちらを選択した方がよいのか」について考えます。 賃貸派のメリット1:状況変化に柔軟に対応できること はじめに賃貸派の視点から考えてみます。1つ目のメリットは「引っ越しが容易にできること」です。転勤や子どもの進学、Uターンなどにともなう転居があってもスムーズに対応できます。さらに、「会社...
»続きを読む
カテゴリー:

「孤独死」の画像

もっと見る

「孤独死」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる