「季節調整値」とは?

関連ニュース

メーカー「暑すぎビールが売れない(´;ω;`)」 販売量が増える気温は37度が限界?猛暑で新しい「定説」 - 08月18日(土)18:55  poverty

J-CASTニュース ビール販売量が増える気温は37度が限界?猛暑で新しい「定説」誕生か 「暑過ぎ」が生む ビール販売の「新しい定説」 夏の暑さは景気にプラスというのが一般的なテーゼだが、異例の猛暑が消費を冷やす懸念が膨らんでいる。内閣府が2018年8月10日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、 物価変動の影響を除いた実質で前期比0.5%増(年率換算で1.9%増)と、2四半期ぶりにプラスとなったのは、GDPの約6割を占める個人消費が0.7%伸びたのが大きな支えだったが、ここにきて「暑すぎ」のマ...
»続きを読む
カテゴリー:

GDP:個人消費が回復 年率換算で1.9%増 - 08月11日(土)07:00 

4~6月期速報値、2四半期ぶりにプラス  内閣府が10日発表した2018年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.5%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1.9%増と、2四半期ぶりにプラスとなった。前期(1~3月)に天候不順などで低迷した個
カテゴリー:

4~6月期GDP、年率1・9%増 2四半期ぶりプラス - 08月10日(金)09:01 

 内閣府が10日発表した2018年4~6月期の国内総生産(GDP)の1次速報は、物価の変動を除いた実質で前期より0・5%(季節調整値)増加した。この状態が1年続いたと換算した年率では1・9%増。前1~…
カテゴリー:

内閣府統計:機械受注、回復「足踏み」 - 08月09日(木)19:29 

企業、投資リスク見極めも  内閣府が9日発表した6月の機械受注統計(季節調整値)は民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が前月比8.8%減となり、基調判断を下げて「持ち直しの動きに足踏みがみられる」と指摘した。前年同月比では0.3%増となお高い水準だが、米中貿易摩擦などを警戒し
カテゴリー:

6月の機械受注(船舶・電力を除く民需)は前月比-8.8%=内閣府 - 08月09日(木)09:16 

内閣府が9日に発表した6月機械受注統計によると、設備投資の先行指標である船舶・電力を除いた民需の受注額(季節調整値)は、前月比8.8%減の8276億円となった。2カ月連続の減少。ロイターの事前予測調査では1.3%減と予想されていたが、これを下回った。前年比では0.3%増だった。
カテゴリー:

「暑過ぎ」が生む ビール販売の「新しい定説」 - 08月18日(土)13:00 

夏の暑さは景気にプラスというのが一般的なテーゼだが、異例の猛暑が消費を冷やす懸念が膨らんでいる。内閣府が2018年8月10日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.5%増(年率換算で1.9%増)と、2四半期ぶりにプラスとなったのは、GDPの約6割を占める個人消費が0.7%伸びたのが大きな支えだったが、ここにきて「暑すぎ」のマイナスを指摘する声が強まっている。
カテゴリー:

GDP年1.9%増 2四半期ぶりプラス - 08月10日(金)09:29 

内閣府が10日発表した2018年4〜6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0.5%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は1.9%増と...
カテゴリー:

GDP:年率1.9%増、2期ぶりプラス 4~6月期 - 08月10日(金)09:00 

 内閣府が10日発表した2018年4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.5%増、年率換算で1.9%増となった。プラス成長は2四半期ぶり。
カテゴリー:

【経済指標】6月機械受注、8.8%減 基調判断を下方修正-内閣府 - 08月09日(木)16:50  newsplus

内閣府が9日発表した6月の機械受注統計(季節調整値)によると、企業の設備投資の先行指標となる民間需要(変動の大きい船舶・電力除く)の受注額は前月比8.8%減の8276億円となった。2カ月連続のマイナス。製造業、非製造業ともに減少した。   内閣府は基調判断を前月までの「持ち直している」から、「持ち直しの動きに足踏みがみられる」に1年1カ月ぶりに下方修正した。 (2018/08/09-11:40) 日本経済新聞 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018080900300&g=eco ...
»続きを読む
カテゴリー:

6月の県内有効求人倍率過去最高1.32倍 - 08月02日(木)09:08 

佐賀労働局が7月31日に発表した6月の佐賀県内の有効求人倍率(季節調整値)は、前月から0・02ポイント増え、1963年の統計開始以来、過去最高の1・32倍となった。 新規求人数は前年同月比3・3%増の6808人。新規求職者数は8・0%減の3377人。 有効求人数は、前年同月比5・5%増の1万9191人で、35カ月連続で増加。有効求職者数は3・9%減り1万5523人で、30カ月連続で減少した。正社員の有効求人倍率は、前年同月を0・15ポイント上回り、0・91倍だった。
カテゴリー:

もっと見る

「季節調整値」の画像

もっと見る

「季節調整値」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる