「子守唄」とは?

関連ニュース

「この世界の片隅に」で、松本穂香がレコーディングに初挑戦! - 07月18日(水)04:00 

TBS系で7月15日から始まった日曜劇場「この世界の片隅に」(毎週日曜夜9:00-9:54)。このドラマの音楽を担当するのが久石譲。久石の音楽は放送前から注目を集めていたが、このたびドラマのオリジナル・サウンドトラックを8月29日(水)に発売することが決定した。 【写真を見る】劇中歌をレコーディング中の松本穂香/(C)TBS さらに、第1話ですずが歌ったわらべうたがこのサントラに収録されることも決定。この曲はドラマオリジナルの劇中歌で、久石譲が作曲・編曲し、ドラマの脚本を担当する岡田惠和が作詞したもの。「山の向こうへ」と名付けられたこの劇中歌を歌うのは、ヒロインすずを演じる松本穂香。松本は初めてのレコーディングに緊張気味だったが、透明感のある声で聞く人をドラマの世界に引き込む歌になった。 ■ 松本穂香コメント レコーディングは初体験なので、すごくドキドキしました。終わってほっとしました(笑)。 久石さんの曲と岡田さんの歌詞がとても合っていて、すずさんたちが暮らしている広島の江波や呉のちょっと昔の風景がふっと浮かぶような、優しい歌だなと思いました。 何度か歌わせていただいたのですが、最後のほうは、スタッフさんやみんなの顔を思い浮かべながら歌いました。歌っていて自分自身、優しい気持ちになれました。 久石さんが作ってくださった曲も、ドラマ全体の雰囲気も、とても優しく穏やかな時間が流れ...more
カテゴリー:

藤井フミヤ、デビュー35周年 歌の力を信じて「行けるところまで」 - 07月17日(火)17:00 

 歌手の藤井フミヤ(56)が、2018年9月でデビュー35周年、ソロデビュー25周年を迎えるのを記念して、ベストアルバム『FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST “25/35” L盤 & R盤』をリリースした。ソロデビューシングル「TRUE LOVE」(1993年)から最新アルバム『大人ロック』(2016年)までの全277楽曲の中から、ファンによるリクエスト投票の結果、上位100曲を『L盤』(ポニーキャニオン)と『R盤』(ソニー・ミュージックダイレクト)にそれぞれ50曲ずつ収録。9月22日から全国を巡るアニバーサリーツアーも控える、今の心境を聞いた。 【写真】ジャケットも2作を並べてフミヤの顔が完成する仕様 ――デビュー35周年、ソロデビュー25周年ですね。 【藤井】さすがに、長いことやってきたな、と思うね。昭和、平成、来年年号が変わるから、3時代を駆け抜けることになるなぁ。音楽メディアもレコード、カセットテープ、CD、データと、激動だよね。この35年で言えば、一番の変化をもたらしたものは、携帯電話とインターネットだと思う。この2つがないと、もはや恋愛できないでしょう。俺らが若い頃は、恋人との一番楽しかった思い出は誰にも知られたくない、って思っていたけど、いまはネットに「アップ」して、「シェア」する時代だからね。 ――激動の中で、「TRUE LOVE」の...more
カテゴリー:

「納涼恐怖体験列車“クロユリの子守唄”」を運行します - 07月10日(火)12:10 

[阪急阪神ホールディングス株式会社] 【概 要】 1.名称 「納涼恐怖体験列車“クロユリの子守唄”」 2.開催日 2018年8月25日(土)(2回運行) ※荒天中止 3.開催時間 1回目:19時04分出発(受付18時30分~) 2回目:20時38分出発(受付20...
カテゴリー:

『この世界の片隅に』サントラ発売決定 松本穂香歌う「わらべうた」も収録 - 07月18日(水)04:00 

 女優の松本穂香が主演するTBS系連続ドラマ「日曜劇場『この世界の片隅に』」(毎週日曜 後9:00)のオリジナル・サウンドトラックが、8月29日に放送されることがわかった。15日放送の第1話で、主人公・すず(松本)が歌っていたわらべうたもサントラに収録される。このわらべうたはドラマの音楽を担当する久石譲氏が作曲・編曲し、ドラマの脚本を担当する岡田惠和氏が作詞したもので、タイトルは「山の向こうへ」。松本による初レコーディングも行われ、透明感ある歌声を披露した。 【全身ショット】もんぺ姿で会見に出席した松本穂香  同ドラマは、原作が累計130万部を突破した、こうの史代氏の人気マンガ(双葉社刊)を実写化。太平洋戦争の最中、広島県の江波(えば)から呉(くれ)に嫁いだヒロイン・北條すずが、嫁ぎ先の北條家で夫・周作(松坂桃李)らとともに暮らすかけがえのない日常を丹念に描いていく、家族の愛の物語。第1話では、幼少期のすずから、突然持ち上がった縁談により18歳で周作のもとに嫁ぐまでが描かれた。  緊張のレコーディングを終え、胸を撫で下ろした松本は「すごくドキドキしました。終わってほっとしました(笑)」と安堵。「久石さんの曲と岡田さんの歌詞がとても合っていて、すずさんたちが暮らしている広島の江波や呉のちょっと昔の風景がふっと浮かぶような、優しい歌だなと思いました。何度か歌わせていただいたのです...more
カテゴリー:

デビュー35周年イヤーのチェッカーズ、ライブベストDVDに初出し映像特典 - 07月13日(金)10:00 

 今年、デビュー35周年を迎えるチェッカーズ。発売中のEPサイズブックレット付のシングルコレクション、アルバムBOXに加えて、ライブベストDVD『チェッカーズ・ベストヒッツ・ライブ! 1985-1992』が、9月19日に発売されることが決定した。 【ジャケット写真】藤井フミヤのベストアルバム  ライブ作品としては、これまでにも1985年の「Typhoon‘」ツアーから、ラストライブとなった92年の「FINAL」まで、10作のライブDVDとBlu-rayが発売されているが、今回、新たに発表されたライブベストDVDは、10作の中からシングルヒット曲を中心にチョイスされた23曲を1枚のDVDに収録。チェッカーズの歴史を、選りすぐりのライブ映像とともにたどることのできる構成になっている。歌詞字幕も「ON/OFF」が可能でカラオケ好きのファンにも楽しめる仕様だ。  さらに、マニアにも魅力の初出し特典映像として、87年にリリースされた初の全曲オリジナルアルバム『GO』発売当時の店頭用プロモーション映像が収録される予定。メンバーからのコメントに加えて、「REVOLUTION 2007」「TOKYO CONNECTION」の貴重なスタジオライブ映像を含む約7分半の内容となっている。その映像の一部を含むダイジェスト映像が、YouTubeポニーキャニオン公式チャンネルで公開中。  今月18日に...more
カテゴリー:

カラオケで歌うと“おっさん認定”される曲が判明 - 06月23日(土)19:45  news

 次からはいよいよTOP5を発表していきたい。 ◆5位…『チェッカーズ』(36人)  前述したように藤井フミヤが同率14位にランクインしているが、その彼がメインヴォーカルを張っていたチェッカーズ(1983年デビュー)が5位。 「『ギザギザハートの子守唄』や『涙のリクエスト』といった大ヒット曲を持つチェッカーズは、今のアラフィフの青春を象徴するようなバンド。 ですから、カラオケでついつい青春時代を思い出して熱唱したい気持ちもわかりますが、20代女性からすれば“おっさんの青春”に興味が沸かない のは言わずもがなで...
»続きを読む
カテゴリー:

「子守唄」の画像

もっと見る

「子守唄」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる