「好業績」とは?

関連ニュース

上方修正する銘柄は決まっている!? オススメ銘柄8選 - 06月25日(月)08:44 

 毎年のように期初予想を上回り、株価が意外高を演じることがある。それらの銘柄には、業績予想や想定為替レートが保守的という共通点がある。好業績企業も想定を上振れしやすい。業績の上方修正が濃厚な銘柄を狙え! 今が仕込みどき! […]
カテゴリー:

任天堂、スマホで1000億円目指す 次期社長「収益の柱の一つに」 - 06月23日(土)06:10 

 任天堂の新社長に28日就任する古川俊太郎取締役常務執行役員(46)は22日、共同通信のインタビューに応じ、スマートフォン向けゲームの売上高を早期に現在の数倍となる1000億円規模に引き上げることを目指すと明らかにした。現在の好業績を支える家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」などに続く事業として軌道に乗せることで、収益の多角化を図る。
カテゴリー:

今日の株式見通し=強もちあい、米ナスダック最高値・円安基調が支え - 06月21日(木)07:50 

[東京 21日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいの展開が想定されている。前日の米国市場ではナスダック総合の終値が最高値を更新。為替はドル高・円安に振れており、日本株の支援材料となる見通しだ。ただ貿易戦争への懸念は根強く上値は限られやすい。好業績が期待できる銘柄への個別物色が主体となるとみられている。
カテゴリー:

ソニー前社長の平井氏、退職金+好業績で報酬20億円 開示制度の開始以降、ソニー最高額 - 06月19日(火)19:47 

 ソニーは19日、2018年3月期の有価証券報告書で、4月に社長を退任した平井一夫会長の役員報酬が20億7300万円だったと開示した。退職金11億8200万円や好業績が報酬を押し上げた。開示制度が始まった10年3月期以降、ソニーでの最高額となる。4月に就任した吉田憲一郎社長は4億3800万円だった。
カテゴリー:

欧米や中国が大盤振る舞いする中で…日本人の給与が永遠にショボい深刻理由3 - 06月16日(土)16:00 

 欧米企業や国内の外資系企業に比べ、日本企業の給与は相対的に低い。好業績でもぐんと上がったという話はほとんど聞かない。なぜなのか。ダメ社員を「解雇しにくいから」という指摘もあるが、人事ジャーナリストの溝上憲文氏は「それよりももっと深刻な根本的理由がある」という--。
カテゴリー:

【企業】任天堂、スマホで1000億円目指す 次期社長「収益の柱の一つに」 - 06月23日(土)07:45  bizplus

 任天堂の新社長に28日就任する古川俊太郎取締役常務執行役員(46)は22日、共同通信のインタビューに応じ、スマートフォン向けゲームの売上高を早期に現在の数倍となる1000億円規模に引き上げることを目指すと明らかにした。現在の好業績を支える家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」などに続く事業として軌道に乗せることで、収益の多角化を図る。  古川氏は「スマホ向けは重要なビジネスで、将来的に収益の柱の一つにしたい」と表明。年2、3タイトルを継続的に配信し、ユーザー獲得を目指す。古川氏とともに取材に...
»続きを読む
カテゴリー:

和心は訪日観光客数の増加など材料視され戻り高値を連日更新 - 06月22日(金)15:00 

■貿易摩擦の影響が小さい好業績株として選別買いされる様子も 和心(わごころ)(東マ)は22日の13時30分にかけて3925円(185円高)前後で推移し、連日、戻り高値を更新している。
カテゴリー:

【ソニー株主総会・詳報(1)】吉田新社長、好業績にも「危機感」強調 - 06月19日(火)19:50 

 ソニーは19日、東京都内で株主総会を開いた。4月に就任した吉田憲一郎社長にとっては、経営トップとして迎える初の総会。平成30年3月期決算で20年ぶりに営業最高益を更新したことから株主の好意的な声が目立ったが、吉田社長は冒頭の経営方針説明で「危機感、謙虚さ、長期視点」を強調し、収益力のさらなる向上を図る考えを示した。
カテゴリー:

今日の株式見通し=弱含み、米中貿易戦争の激化懸念が重し - 06月18日(月)08:11 

[東京 18日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱含みとなりそうだ。米中貿易戦争が激化の様相を呈してきたことで、買い手控えムードが広がるとみられる。為替の落ち着きが支えとなるほか、好業績の内需株物色は継続すると予想されるため下値は限定的だが、日中の為替次第では先物主導で上下に振れることも考えられる。
カテゴリー:

夏ボーナス平均96万7386円 好業績で過去最高 経団連 - 06月14日(木)21:29 

 経団連が14日発表した大企業の平成30年夏の賞与・一時金(ボーナス)の第1回集計によると、96社の組合員平均妥結額は昨夏比6.71%増の96万7386円で、昭和34年の調査開始以来、過去最高だった。2年ぶりにプラスに転じた。企業収益の好調さやボーナスを業績に連動させる傾向が強まったことが影響した。
カテゴリー:

もっと見る

「好業績」の画像

もっと見る

「好業績」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる