「女性セブン」とは?

関連ニュース

【音楽】<ハイレゾ音質のラジカセがヒット>おじさんニーズに合致! - 07月14日(土)13:53  mnewsplus

音楽はスマートフォンで楽しむ時代になったが、30年ほど前まで、その主役はラジカセだった。  好きな曲をラジオやレコードからカセットテープに録音し、自分で編集した1本には、青春時代の思い出が詰まっている。そして、再生するラジカセ本体がない今も、これらのカセットテープを大事に押し入れの奥で眠らせている中高年は少なくない。  そんな隠れたニーズに応えるべく、最近また、ラジカセが発売されるようになった。なかでも人気なのが、今年3月に発売された『Aurex TY-AK1』(実勢価格2万3000円前後)だ。 『TY-AK1』は、...
»続きを読む
カテゴリー:

『あさイチ』華丸・大吉にちょっと不安も…「プチ別居」特集でイノッチロス - 07月11日(水)08:44 

 今年4月にNHK『あさイチ』の司会が博多華丸(48)・大吉(47)と近江友里恵アナ(29)にかわって、はや3ケ月。新体制は、おおむね好評のようです。  華丸・大吉はもともと好感度バツグンとはいえ、前任の最強コンビ・有働由美子(49)&井ノ原快彦(42)を惜しむ声もチラホラ。その一端が垣間見えたのが、同番組7月9日放送の「プチ別居」特集でした。 ◆「プチ別居」特集に、華丸・大吉はツッコミなし 「夫への不満を我慢して夫婦関係が破綻する前に…」として紹介されたのが「プチ別居」で、妻が「1日から1週間、ひとりで実家や友達の家、ホテルなどで過ごす」ことと定義されています。スタジオには、「プチ別居」の名づけ親・提唱者の石蔵文信氏大阪(大学招へい教授)もいました。  この特集に、SNS等で「妻がたった1日出かけただけでプチ別居と言われるのか?」「有働さんとイノッチなら、絶対ツッコミ入れてくれたのに」といったブーイングが続出したのです。  そんなに物議をかもす内容なのかと、あらためて番組録画を見てみると…たしかに女としてはムカッとする部分も。  番組ではある主婦(子供3人)に密着しているのですが、「私も気晴らしに1人で飲みに行こうかな~」と夫の肩をもみながら(!)おねだりします。夫は「子供は俺がみるの?」「ママ家出だって」などと言いつつ、すんなりOK。妻が1人で飲みにいくのは8年ぶり...more
カテゴリー:

釈由美子、へそ出しくびれの“美ボディ”披露に「細い!!」「いくつになっても綺麗」の声 - 07月06日(金)11:50 

女優の釈由美子が、5日に自身のアメブロを更新。雑誌の撮影でへそ出しの“美ボディ”写真を披露したことを明かした。 釈は、ブログの冒頭で「いま発売中の女性セブンさんで“美ボディーメーク術”という特集ページに出させてもらってます」と報告した。 ブログには「久しぶりにボディーが出る撮影でした」と、雑誌の撮影中に撮ったくびれが美しい釈の“美ボディ”写真が複数枚公開されている。 また、撮影には息子を連れて行ったようで、撮影を見守る息子の後姿も公開、「ママ、何してんの~?って顔でじーっと眺めてました笑」と、まだ撮影というものがよく分かっていないようだった。 釈は「普段のワークアウトなどを紹介してますので ぜひ女性セブンさんの誌面でご覧ください」と雑誌をPRしてブログを締めくくった。 これに対してファンからは「いくつになっても綺麗。昔から変わらない。」「細い!!凄い 素晴らしい~」「nicebodyですね。」などの声が寄せられている。 【関連記事】 ・「女性セブン」(釈由美子オフィシャルブログ) ・釈由美子、40歳の憂鬱な誕生日が息子のおかげで「一年で一番特別な日に」 ・釈由美子、母親と会えず我慢している息子に「胸がざわざわしました」 ・釈由美子、新山千春からの差し入れに感謝「ちぃちゃんの優しさに感謝感激」 ・釈由美子、高嶋ちさ子から大量のプレゼントに息子が大喜び「大絶叫をあげてました...more
カテゴリー:

【芸能】篠原涼子(44) 子供を寝かしつけた後に年下イケメン2人と会食 ちょっと上目遣い? - 07月05日(木)01:17  mnewsplus

篠原涼子 子供を寝かしつけた後に年下イケメン2人と会食 2018.07.04 16:00 NEWS ポストセブン https://www.news-postseven.com/archives/20180704_714202.html https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00000017-pseven-ent 「オフ」でも、女優オーラが香り立つ 年下男子にちょっと上目遣い? 篠原涼子(44才)が、スリットの入ったスカート姿で、“年下イケメン”2人と会食する姿をキャッチした──。 1日の中で、自分の時間が持ててホッとできるのは、子供を寝かしつけた後、ほんのわずかな時間だけ…。篠原涼子...
»続きを読む
カテゴリー:

【秋葉原殺傷事件】加藤智大の父「当事者にとって10年という節目の数字に意味ない」社会から隔絶された生活送る 弟は自死、母は入院★2 - 07月01日(日)21:46  newsplus

https://www.news-postseven.com/archives/20180629_709534.html?PAGE=1#container 2018.06.29 07:00  児童虐待など「親の資格」を問われるような事件が頻発する一方で、子供の罪に向き合い、極限の生活をしている親がいる。10年前に秋葉原通り魔事件を起こした加藤智大死刑囚(35才)の父親(60才)である。  青森県青森市の閑静な住宅街の中で、事件発生以来引っ越すこともなく暮らしている加藤死刑囚の父。 「近所づきあいが一切なく、話すこともない」 「夜でも電気すらつけていない。本当に生きているのかと思うことも...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】大物二世の一茂と良純 「炎上しない安心感」で爆売れ中 - 07月11日(水)17:20  mnewsplus

 114回と138回──これは、長嶋一茂(52才)と石原良純(56才)が、今年の上半期にテレビ出演した回数。タレントではトップクラスだ。  情報番組のコメンテーターからバラエティーまで、「顔を見ない日はない」人気を誇る2人は、それぞれ“ミスタープロ野球”の長嶋茂雄(82才)と、元東京都知事の石原慎太郎(85才)という大物の血を引く「ぼんぼん」。時に、恵まれたおぼっちゃん生活を話のネタにすることもあるのだが、どこかにくめないところがあって、視聴者からの支持を広く集めている。上智大学教授の碓井広義さん(メディア文化...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】釈由美子(40)美くびれ&美脚にうっとり「変わらず綺麗」「憧れる」と絶賛の声 - 07月07日(土)10:30  mnewsplus

https://mdpr.jp/news/detail/1777912 2018.07.06 18:19 女優の釈由美子が5日、自身のブログにておへそを出した美ボディ際立つショットを公開し、絶賛の声が寄せられた。 釈は「久しぶりにボディーが出る撮影でした」とコメントし、現在発売中の週刊誌「女性セブン」の撮影中のオフショットを公開した。 写真の釈は裾を縛ったTシャツにショートパンツ姿。おへそを出してキュッと引き締まったくびれや、スラリとした美脚をあらわにしており、なんともスタイル際立つショットとなった。 またこの日撮影に息子を連れて行ったという...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】小栗旬、娘とデレデレ手つなぎ幼稚園お迎えショット - 07月05日(木)16:18  mnewsplus

 180cmを超える長身のパパに肩車され、女の子は嬉しそうな声をあげていた。6月下旬の平日、3才になる娘の幼稚園のお迎えをする小栗旬(35才)の姿を キャッチした。 「小栗さんは、“うちの娘はお尻が魅力”と公言するほどデレデレ。スマホには娘さんの写真がいっぱい入っていて、撮影現場でそれを見てはニヤニヤ笑って いるそうです」(芸能関係者)  小栗の幼少期、父親は仕事に多忙で家を空けることが多かった。 「その経験があるから、時間があれば家事もするし、幼稚園の送り迎えは小栗さんの役目だそうです。決めているの...
»続きを読む
カテゴリー:

【秋葉原殺傷事件】加藤智大の父「当事者にとって10年という節目の数字に意味ない」社会から隔絶された生活送る 弟は自死、母は入院★3 - 07月02日(月)14:10  newsplus

https://www.news-postseven.com/archives/20180629_709534.html?PAGE=1#container 2018.06.29 07:00  児童虐待など「親の資格」を問われるような事件が頻発する一方で、子供の罪に向き合い、極限の生活をしている親がいる。10年前に秋葉原通り魔事件を起こした加藤智大死刑囚(35才)の父親(60才)である。  青森県青森市の閑静な住宅街の中で、事件発生以来引っ越すこともなく暮らしている加藤死刑囚の父。 「近所づきあいが一切なく、話すこともない」 「夜でも電気すらつけていない。本当に生きているのかと思うことも...
»続きを読む
カテゴリー:

【秋葉原殺傷事件】加藤智大の父「当事者にとつて10年という節目の数字に意味ない」町内会費納めつつ、社会から隔絶された生活 - 07月01日(日)13:15  newsplus

https://www.news-postseven.com/archives/20180629_709534.html?PAGE=1#container 2018.06.29 07:00  児童虐待など「親の資格」を問われるような事件が頻発する一方で、子供の罪に向き合い、極限の生活をしている親がいる。10年前に秋葉原通り魔事件を起こした加藤智大死刑囚(35才)の父親(60才)である。  青森県青森市の閑静な住宅街の中で、事件発生以来引っ越すこともなく暮らしている加藤死刑囚の父。 「近所づきあいが一切なく、話すこともない」 「夜でも電気すらつけていない。本当に生きているのかと思うことも...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「女性セブン」の画像

もっと見る

「女性セブン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる