「奥田瑛二」とは?

関連ニュース

もう一度見たい昭和の人気ドラマランキング - 05月18日(金)07:30 

今までに放送されてきたテレビドラマの中には、時代を超えて愛されている名作が多数存在します。では、昭和に放送されたドラマの中で、多くの人に支持されたのはどの作品だったのでしょうか。 そこで今回は、もう一度見たい昭和の人気ドラマについて探ってみました。 1位 あぶない刑事 2位 男女7人夏物語 3位 太陽にほえろ! ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『あぶない刑事』! 1986年に初回が放送された伝説の刑事ドラマ『あぶない刑事』。刑事ドラマ特有のハラハラどきどきするアクションシーンもありつつ、舘ひろし演じたタカと、柴田恭兵演じたユージのコンビがおりなす軽妙な会話やスタイリッシュな雰囲気はまるでトレンディードラマのよう! 今までの男くさい刑事ドラマとは一線を画したおしゃれな雰囲気に魅了された人が多数。2016年に公開された映画『さらば あぶない刑事』も大きな話題になりました。今も多くのファンを持つ『あぶない刑事』が1位となりました。 2位は『男女7人夏物語』! 男女7人の仕事や恋愛模様を描いた明石家さんま主演のラブコメディー『男女7人夏物語』。明石家さんまと大竹しのぶの結婚のきっかけとなった作品としても知られていて、最高視聴率はなんと31%超え! 明石家さんまと大竹しのぶ以外にも池上季実子、片岡鶴太郎、賀来千香子、小川みどり、奥田瑛二など豪華な出演陣も話題になりました...more
カテゴリー:

岡田准一、愛のために剣を振るう! 木村大作監督「散り椿」ポスター&特報完成 - 05月14日(月)18:00 

 日本を代表するキャメラマン・木村大作の監督第3作「散り椿」のポスタービジュアルが、このほどお披露目された。降旗康男監督作「追憶」に続き、木村監督とタッグを組んだ主演・岡田准一をはじめ、西島秀俊、黒木華、池松壮亮、麻生久美子の姿を活写している。  「劔岳 点の記」「春を背負って」でメガホンをとった木村監督が、葉室麟氏の同名小説を実写映画化。盟友である「阿弥陀堂だより」「蜩ノ記」の小泉堯史監督と共同で脚本を執筆し、時代劇に初挑戦する。時代劇としては前代未聞ともいえる、長野、富山、彦根での全編オールロケを敢行。“美しい自然”と木村監督による“美しい画”、そして岡田ら豪華キャスト陣による“美しい佇まいと生き様”が全編を通して描かれている。  物語は、かつて上役の不正を訴えたが認められずに藩を追われた瓜生新兵衛(岡田)が、18年ぶりに帰郷するところから始まる。藩を追放された後も連れ添い続けた妻・篠が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを夫に託す。「藩に戻りて、榊原采女様を助けてほしい」というものだった。2人はかつて篠をめぐる恋敵であり、新兵衛の藩追放にかかわる大きな因縁を持っていた……。  ポスタービジュアルは、一刀流平山道場の四天王のひとりである新兵衛を演じるべく、約3カ月に渡る殺陣の稽古に身を投じた岡田の精悍な表情をフィーチャー。「ただ愛のため、男は哀しき剣を振るう――」と...more
カテゴリー:

岡田准一×木村大作 映画『散り椿』特報&ポスタービジュアル解禁 - 05月14日(月)08:00 

 人気グループ・V6の岡田准一が主演する映画『散り椿』(9月28日公開)の特報&ポスタービジュアルが14日、解禁された。 【動画】岡田准一主演『散り椿』特報  同作は、日本を代表するキャメラマンとして活躍し、映画監督としても『劔岳 点の記』(2009年)で『第33回日本アカデミー賞』最優秀監督賞を受賞している木村大作氏が、3度目の監督作として挑んだ時代劇。岡田は、かつては藩を追放されるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛を演じ、道場の四天王の一人という役柄から約3ヶ月にわたって殺陣のけいこに励み、激しく鋭い剣豪アクションを披露する。  道場の四天王の一人で、瓜生とはかつての親友であり、一人の同じ女性を想いあう恋敵でもある榊原采女役で西島秀俊が出演。そのほか、黒木華、池松壮亮、緒形直人、新井浩文、柳楽優弥、麻生久美子、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二らが共演する。  撮影は、富山、彦根、長野にて全編オールロケを敢行。特報映像は“美しい自然”と木村氏こだわりの“美しい画”、岡田ら豪華俳優陣による“美しい佇まいと生き様”が全編通して描かれた様を切り取っている。 【関連記事】 岡田准一、理想の“45歳”語る「仕上がってる男性になりたい」 (18年05月10日) 岡田准一が新CMで100人と共演「新しいことに挑戦する気概が大事」 (18年03月09日)...more
カテゴリー:

安藤サクラ、松岡茉優らが家族語る/『万引き家族』カンヌ公式記者会見 - 05月16日(水)17:49 

5月14日(現地時間)にカンヌ国際映画祭で是枝裕和監督最新作『万引き家族』公式記者会見が行われ、是枝監督をはじめリリー・フランキー、樹木希林、安藤サクラ、松岡茉優、子役の城桧吏くんと佐々木みゆちゃんが出席した。 是枝監督は、今回も家族をテーマにした理由について「家族を通じて日本社会を語ることが、より効果的だと思っているからか?」と聞かれると、「この数年、ファミリードラマを撮り続けてきましたが、今回はどちらかというと少し視野を広くもって、現代の日本社会と家族とが摩擦する面をきちんと描こうと思ったんです。あくまで、家族を描こうと思ったのであって、社会を描くのが効果的だと思ったわけではないんです。ただ今回は今までより少し、社会によって切り裂かれていく家族を描いてみたいと思いました」と回答。 また本作では、貧しく哀れな家族が描かれているが、「見終わった後は、この家族の一員になりたいと思った」という感想が寄せられると、「この家族が実際にいたとして、日本で報じられたら、ただの犯罪者の集まりでしかない。ただ、カメラがあの家に入った時に、報じられるだけではない、ある種の豊かなつながりや、僕たちが感じられない色や光があって、その家族を描くことで、逆に僕らの家族とか共同体というものが照らされるというか、そんな存在としてあの家族を描きたいと思ったんです」と話した。 子役の2人は、「家族をモチーフに...more
カテゴリー:

岡田准一、西島秀俊らが魅せる美しい時代劇…『散り椿』特報とポスターが到着 - 05月14日(月)08:00 

これまでに日本アカデミー賞最優秀撮影賞を5回受賞し、映画監督としても『劔岳 点の記』(09)で第33回日本アカデミー賞最優秀監督賞を受賞している木村大作が、映画人生60周年を記念する監督作として挑んだのが『散り椿』だ。盟友の小泉堯史が手掛けた脚本で、監督として初の時代劇に臨む。 【写真を見る】『散り椿』に日本映画を代表する豪華キャストが集結!/「散り椿」(角川文庫刊)書影 主演には幅広い世代から絶大な支持を受ける岡田准一。本作では、かつては藩を追放されるも妻の最期の願いを胸に藩の不正や権力に立ち向かっていく男・瓜生新兵衛を儚くも強く演じる。また、道場の四天王の1人という役柄であることから約3か月にわたる殺陣の稽古に励み、激しく鋭い剣豪アクションに挑戦した。 共演には、ドラマ、映画の枠を超えて話題作に立て続けに出演する演技派・西島秀俊が、岡田演じる新兵衛と共に道場の四天王の1人で、持ち前の頭脳明晰さで藩主の側用人として頭角を現す榊原采女を演じる。かつての親友にして恋敵でもあり、藩を追われた新兵衛とは対照的に、藩で頭角を現すというキャラクターで、初共演となる岡田と対峙する。 また、黒木華、池松壮亮、緒形直人、新井浩文、柳楽優弥、麻生久美子、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二ら錚々たる日本を代表する豪華俳優陣が集結。このたび、そんな絢爛豪華なキャストの姿がお披露目となる特報映像と、ポスタービジ...more
カテゴリー:

岡田准一主演『散り椿』 美しき特報&ポスタービジュアル解禁 - 05月14日(月)08:00 

 V6の岡田准一が主演を務める、木村大作監督の映画『散り椿』から、特報とポスタービジュアルが初解禁となった。特報には、“美しい自然”や木村による“美しい画”、木村の演出、岡田や共演の西島秀俊ら豪華俳優陣による“美しい佇まいと生きざま”が映し出されている。【写真】「西島秀俊」フォトギャラリー 黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』の撮影助手でカメラマンのキャリアをスタートさせ、『悪い奴ほどよく眠る』『用心棒』『椿三十郎』『どですかでん』と黒澤監督に従事した木村。映画人生60周年を迎える作品として取り組む本作では、盟友の小泉堯史を脚本に迎えて初タッグを組み、監督としては初めての時代劇に臨む。藩の不正を訴え出たために時の権力に負け藩を離れた男・瓜生新兵衛(岡田)が、連れ添い続けた妻・篠(麻生久美子)、かつて良き友だった榊原采女(西島)らと織りなすドラマを描く。 岡田は道場の四天王の一人という役柄から、約3ヵ月にわたる殺陣の稽古に励み、激しく鋭い剣豪アクションに挑戦。一方の西島が演じる采女は、新兵衛と共に道場の四天王の一人で、持ち前の頭脳明せきさを武器に藩主の側用人として頭角を現すという役どころだ。本作には、篠の妹・坂下里美役で黒木華、里美の弟・坂下藤吾役で池松壮亮も出演。ほかに、緒形直人、新井浩文、柳楽優弥、芳根京子、石橋蓮司、富司純子、奥田瑛二らも登場する。 撮影は時代劇としては前代未聞の全編...more
カテゴリー:

「奥田瑛二」の画像

もっと見る

「奥田瑛二」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる