「奥原希望」とは?

関連ニュース

女子は日本ユニシス連覇=トナミ運輸は2年ぶりV-バドミントン - 06月17日(日)16:05 

 団体戦で争うバドミントンの全日本実業団選手権は17日、山口・キリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで男女の決勝が行われ、女子は日本ユニシスがヨネックスを3-2で下し、2年連続5度目の優勝を遂げた。男子はトナミ運輸が日本ユニシスを3-1で破り、2年ぶり11度目の制覇。 女子の日本ユニシスは、第1試合のダブルスをリオデジャネイロ五輪金の高橋礼華、松友美佐紀組が敗れて苦戦したが、最終第5試合のシングルスで昨年世界選手権覇者の奥原希望が快勝した。 [時事通信社]
カテゴリー:

羽生結弦選手、国民栄誉賞受賞で気持ちを一新「文化を大事に日本人らしい人間でいたい」 - 06月08日(金)18:15 

 フィギュアスケーターの羽生結弦選手(23)が8日、都内で開催された『平成29年度JOCスポーツ賞 表彰式』に出席。国民栄誉賞の受賞決定後、初めての公の場で笑顔を見せつつも気を引き締め直した。 【写真】羽生スマイルがいっぱい!パレードの模様(計100枚)  羽生選手は『平成29年度JOCスポーツ賞』の「年度賞 特別栄誉賞」を受賞。平昌五輪ではフィギュアスケート男子で66年ぶりとなる五輪2連覇を達成し、1日に国民栄誉賞の授与も決まった。  受賞のインタビューで、羽生選手はケガを乗り越えての金メダルに「平昌五輪では自分の1番高い難易度の構成ではなかった。ただ、あのときの自分の実力の最大限のことは出し切れた」と回想し、飽くなき挑戦を続けることを約束。  「挑戦にはケガのリスクがつきもの。失敗ということも確実に経験しなくてはいけない。だからこそ、それが成長につながる。技術的な面だけでなく、人間としての成長にもつながるかな」と心得を語り、今後の目標については「4回転アクセルに向けて挑戦していきたい」と力を込めた。  来賓として出席した小池百合子東京都知事は羽生選手、小平奈緒選手らを祝福しながら、「後でサインください」とおねだりして笑わせた。  囲み取材では、報道陣から改めて受賞を祝福されると「ありがとうございます」と笑顔。直後に受賞の思いを語る際には表情を一変し、「国民栄誉賞を授...more
カテゴリー:

【バドミントン】日本女子、タイに3連勝で見事優勝!!37年ぶり!【ユーバー杯】 - 05月26日(土)18:07  mnewsplus

タイで開催中の、国別対抗団体戦、女子ユーバーカップの決勝が行われ、 最有力候補として第一シード国だった日本が、 強豪中国を破って決勝進出した地元タイを相手に、 第二シングルスまでに三戦三勝を果たし、ストレートで優勝を決めた。   【第一シングルス】 山口茜 21-15 21-19 ラチャノック・インタノン   【第一ダブルス】 福島由紀/廣田彩花 21-18 21-12 キティハラクル/スパジラクル   【第二シングルス】 奥原希望 21-12 21-9 ニチャノン・ジンダポル 前日、日本に次ぐ優勝候補の中国を相手に、 1プレ...
»続きを読む
カテゴリー:

【バドミントン】今井章宏 元監督に、熊本県協会が資格無期限停止と、詐欺罪で告訴の決定。ユーバー杯では、日本女子が準決勝進出中【 - 05月24日(木)19:33  mnewsplus

【バドミントン元監督 選手の報奨金を自身の口座に 資格停止処分 5月24日 18時18分】 バドミントンでオリンピックのメダリストなどを育てた実業団の元監督が、本来はチームに支払われる選手への報奨金を自身の口座に振り込ませていたとして、競技団体から会員資格の無期限の停止処分を受けました。 処分を受けたのは、熊本県の実業団で指導に当たっていた今井彰宏元監督(48)です。 熊本県バドミントン協会によりますと、今井元監督は平成27年に世界バドミントン連盟から、チームに所属する選手2人に出された報奨金およそ1...
»続きを読む
カテゴリー:

羽生結弦「まだまだ挑戦し続ける」 JOCスポーツ賞授賞式にメダリスト集合 - 06月08日(金)21:57 

 フィギュアスケート男子の羽生結弦、スピードスケート女子の小平奈緒、高木美帆らが8日、都内で行われた平成29年度「JOCスポーツ賞」表彰式に出席。羽生は受賞の挨拶の中で、今後の抱負として「フィギュアスケートで挑戦したいことがまだまだある」と述べた。【写真】平成29年度JOCスポーツ賞 表彰式フォトギャラリー 「JOCスポーツ賞」は日本オリンピック委員会が主催する、スポーツの各分野で優れた成果を挙げた者に贈られる賞。羽生、小平、高木美帆をはじめ、カーリング女子日本代表チームやスピードスケート女子の高木菜那など、平昌オリンピックのメダリストたちが顔をそろえた。 「年度賞 特別栄誉賞」を受賞した羽生は受賞時のインタビューで、司会者に「この先も挑戦し続けますか?」と問われ、「自分としてはオリンピック2連覇という目標は達成できたし、実際に達成感もある。でも自分自身挑戦したいことがフィギュアスケートではまだまだあるし、まだ磨き続けなければいけない」と回答。今後、4回転アクセルに向けて挑戦していくことを口にした。授賞式後の囲み取材では今シーズンに向けた新プログラムに関して「ある意味新しい自分を出したいと思うし、新たな決意を胸に滑っていくことになると思うので、皆さんに楽しんでいただきたいし、自分自身も楽しみたい」と述べた。 同じく「年度賞 特別栄誉賞」を受賞した高木美帆は、羽生や優秀賞を受賞したバ...more
カテゴリー:

羽生結弦選手、JOCスポーツ賞受賞に喜び 多くの失敗も「成長につながる」 - 06月08日(金)17:42 

 フィギュアスケーターの羽生結弦選手(23)が8日、都内で開催された『平成29年度JOCスポーツ賞 表彰式』に出席。受賞に笑顔を見せた。 【写真】羽生スマイルがいっぱい!パレードの模様(計100枚)  羽生選手は『平成29年度JOCスポーツ賞』の「年度賞 特別栄誉賞」を受賞。平昌五輪ではフィギュアスケート男子で66年ぶりとなる五輪2連覇を達成し、1日に国民栄誉賞の授与が決まった。  受賞のインタビューで羽生選手はケガを乗り越えての金メダルに「平昌五輪では自分の1番高い難易度の構成ではなかった。ただ、あのときの自分の実力の最大限のことは出し切れた」と平昌五輪を回想し、飽くなき挑戦を続けることを約束。  「挑戦にはケガのリスクがつきもの。失敗ということも確実に経験しなくてはいけない。だからこそ、それが成長につがる。技術的な面だけでなく、人間としての成長にもつながるかな」と心得を語り、今後の目標については「4回転アクセルに向けて挑戦していきたい」と力を込めた。  来賓として出席した小池百合子東京都知事は羽生選手、小平奈緒選手らを祝福。そして羽生選手、小平選手を見やると「後でサインください」とおねだりして笑わせた。 ■『平成29年度JOCスポーツ賞』受賞者 「最優秀賞」 スケート/スピードスケート 小平奈緒選手 「年度賞 特別栄誉賞」 スケート/スピードスケート 高木美帆選手 ...more
カテゴリー:

【バドミントン】日本女子が昨年優勝の韓国を撃破、悲願の世界一に王手! = ユーバー杯準決勝 - 05月25日(金)19:41  mnewsplus

2年に一度開催されるバドミントン女子の世界国・地域別対抗戦、第27回ユーバー杯(タイ・バンコク)は、5月25日、大会6日目を迎えた。 この日は準決勝2試合が行われ、日本女子は昨年優勝の韓国と対戦。まずは、第1シングルスの山口茜(再春館製薬所・世界ランク2位)が、世界ランク7位の相手とのエース対決を2-0で制した。 続く第1ダブルスは、福島由紀/廣田彩花(岐阜トリッキーパンダース・世界ランク2位)が0-2で落としたが、第2シングルスの奥原希望(日本ユニシス・世界ランク9位)が落ち着いてストレート勝利。決勝進出へ王...
»続きを読む
カテゴリー:

「奥原希望」の画像

もっと見る

「奥原希望」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる