「契約書」とは?

関連ニュース

【速報】中華ソシャゲ「少女前線」、日本人から陰湿な嫌がらせを受け商標を奪われた模様… - 07月17日(火)12:58  news

日本版「少女前線」,商標トラブルによりサービス名称を「ドールズフロントライン」に変更。法的手段での解決を目指す サンボーンジャパンは本日(2018年7月17日)付けで,日本版「少女前線」(iOS / Android)のタイトル名を「ドールズフロントライン」に変更すると発表した。 この情報は,本作の公式Twitterアカウントで明らかにされたもの。 【日本版「少女前線」正式タイトル決定のお知らせ】#少女前線 #ドールズフロントライン #ドルフロ pic.twitter.com/dHRTETIyUy — ドールズフロントライン公式 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ジェニファー・アニストン、金銭問題で離婚が泥沼化!? - 07月16日(月)12:45 

今年の2月、結婚してわずか2年半足らずで電撃離婚を発表したジェニファー・アニストン(49)とジャスティン・セロー(46)。その際には、広報を通じて円満離婚を強調していた2人だが、どうやら事情が変わってきているようだ。 【写真を見る】フランスのホテルで共に…エマ・ストーンとジャスティンを激写!/写真:アフロ 結婚当初はジェニファーの方がはるかに資産を持っていたが「お金より愛が大切」「契約で愛を台無しにしたくない」という理由で、婚前契約書にサインをすることを拒否したジェニファー。最終的にはかなり寛容な内容で合意をしていたようだが、今ではその内容を後悔しているようだ。 「もともとジェニファーはハリウッドを拠点にしていましたが、ニューヨークが本拠地のジャスティンは『仕事も子供もニューヨークで』と主張。ジャスティンがもともと住んでいた小さなマンションを改装して、ジェニファーも拠点を移したんです」 「そのためにジェニファーは、ロスで撮影されるギャラの高いテレビシリーズの出演も断り、ロスの自宅にもお金をかけずに、ひたすら将来家族が住むことになるだろうとニューヨークの家にお金をつぎ込んでいたんです。結局離婚することになってしまったのですが、何よりジャスティンは、離婚直後から若い女性とデートを楽しんでおり、5月には、ジェニファーより20歳も若いエマ・ストーンとの交際が伝えられました」 「さすがのジェ...more
カテゴリー:

【豪雨被災地支援】携帯3社がデータ通信無償に 申し込み必要なし - 07月13日(金)21:55  newsplus

2018年7月13日 21時14分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180713/k10011532561000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_006 大手携帯3社は、今回の豪雨で被害を受けた人に対して、契約プランを超えた携帯のデータ通信量を無償にするなどの支援策を13日から始めました。 このうち、NTTドコモは今月末までは、契約プランのデータ通信量を超えた場合でも無償で、制限なく利用が続けられるようにしました。 KDDIは、データ通信量10ギガを無償で追加しました。 ソフトバンクは、来月末までのデータ通信の追加購入...
»続きを読む
カテゴリー:

センター試験改訂の学年別認知度、高校1年生は100% - 07月10日(火)20:15 

 2020年度にセンター試験が改訂されることを知っている中高生は91.2%だが、初回の大学入学共通テストを受験することになる高校1年生に限ると認知度が100%であることが、パンダグラフのアンケート調査により明らかになった。 2020年度から実施される「大学入学共通テスト」についてのアンケート調査は、パンダグラフが運営する受験生応援サイト「受験のミカタ」の閲覧者を対象に行ったもの。現役中学生、高校生、20歳以下の大学浪人生571名より回答を得た。実施期間は2018年4月6日~6月30日。 2020年度にセンター試験が改訂されることを知っている人は全体の91.2%。学年別に見ると、初回の大学共通テストを受験することになる高校1年生の認知度は100%、高校2年生は95%、高校3年生は91%、浪人生は92%だった。一方で、中学生の認知度は75%だった。画像:2020年に大学入試センター試験が改訂されることを知っているか(学年別) センター試験改訂に関する情報源は、「学校の先生」58.8%がもっとも多く、ついで「インターネット」26.6%、「塾の先生」22.2%などだった。 センター試験改訂について知っていることは、「国語と数学に記述式問題が加わる」68.0%、「英語4技能評価が加わる」63.9%、「『大学入学共通テスト』に名前が変わる」58.1%などが多く、「国語と数学の試験時間が増える」...more
カテゴリー:

【AV出演強要問題】「不適正AV」業者が新団体、ベテラン安達かおる監督語る「表現の自由」支援団体は「冷めた目」 - 07月07日(土)21:26  newsplus

https://withnews.jp/article/f0180706004qq000000000000000W05s10101qq000017622A 2018年07月06日 「不適正AV」業者が新団体、監督語る「表現の自由」 支援団体は… 高野 真吾  健全化に向け「適正AV」という枠組みを掲げるアダルトビデオ(AV)業界で、「不適正AV」とされた業者が新たな団体を立ち上げました。突然できた「適正AV」が「基準」になることへの不安や「表現の自由」が脅かされるとの心配が背景にあるためです。内部で「適正・不適正」をめぐる主導権争いをしているように見える動きに対し、AV強要問題の被害者を...
»続きを読む
カテゴリー:

安衛経費の定義付けへ 下請けまで確実な支払いを 国交省実務者検討会 - 07月17日(火)05:04 

適切な積算方法も  国土交通省は、「建設工事における安全衛生経費の確保に関する実務者検討会」を立ち上げ、第1回会合を開催した。長年懸案となっていた元請・下請間での安全衛生経費の負担者の明確化、見積書・契約書での内訳明示の取組みなどを加速させるもので、具体的には安全衛生経費の定義付けと下請けまで確実に支払われる実効性のある施策について結論を出す考えだ。論点では、建設職人基本法上の安全衛生経費の……[続きを読む]
カテゴリー:

新iPhoneは結局安くならない? アップル「独禁法違反」騒動の余波 - 07月16日(月)04:45 

公正取引委員会から、iPhone販売に関して携帯大手3キャリアと結んでいる契約が、「独禁法違反」に抵触する疑いありとの指摘を受けたAppleが、その内容を見直す意向を示したとの報道がなされました。これを受け各メディアは「iPhoneの低額料金プラン」の登場の可能性を期待を込めて報じていますが、ユーザーは恩恵にあずかることができるのでしょうか。ケータイ/スマートフォンジャーナリストの石川温さんが、自身のメルマガ『石川温の「スマホ業界新聞」』で今後の動きを占っています。 公取委、アップルに対する独禁法違反の疑いを解消――NTTドコモはdocomo withでiPhoneを扱うようになるのか iPhone日本上陸10周年を迎えた2018年7月11日、公正取引委員会は、アップルのiPhone販売に対する独占禁止法違反の容疑が解消されたとして、審査を終了したと発表した。 アップルと3キャリアには「iPhone Agreement」という契約書が存在するのだが、アップルは3キャリアに対して、iPhoneの販売台数や料金プラン、下取り、端末補助金などで様々な圧力があるのではないかという疑いがかけられていたのだった。 業界内ではその存在がまことしやかにささやかれていたが、まさかアップルとキャリアの契約関係が、今回、公取委の手によって、公にされた事自体に驚きを隠せない。 ソフトバンクがiPhoneを...more
カテゴリー:

クラウド契約書サービス「Holmes」が、Wordファイルもアップロードできる新機能をリリース - 07月11日(水)09:00 

[株式会社リグシー] [画像1: https://prtimes.jp/i/29225/10/resize/d29225-10-191824-0.jpg ] 【概要】 リグシーは『契約の全てを簡単に』をミッションに2017年8月にHolmesの提供を開始し、これまで一部上場企業から中小企業まで15...
カテゴリー:

「正恩氏は契約書を尊重するだろう」 トランプ氏 - 07月10日(火)11:21 

 トランプ米大統領は9日、北朝鮮の非核化を目指す米朝交渉をめぐり、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は「(首脳会談で)我々の署名した契約書を尊重するだろうと私は確信しているし、それ以上に重要なの…
カテゴリー:

コンビニで「Z会」答案提出、増進会・セブン&アイが業務提携 - 07月06日(金)16:15 

 Z会グループの増進会ホールディングスは2018年7月5日、セブン&アイ・ホールディングスとの間で業務提携に関する契約書を締結したことを発表した。今後、学びに関するSNS連動型イベントの共同開催やセブン-イレブンの実店舗の答案提出拠点としての活用などを予定。 増進会ホールディングスとセブン&アイ・ホールディングスが締結した業務提携は、Z会グループが創業以来教育分野で提供し続けてきた教材・サービスと、セブン&アイグループの多様な事業領域を組み合わせることによって、より近く快適性・利便性の高い教育を提供することを目指すもの。2つのグループが有する経営資源や経営ノウハウを有効活用し、全国の子どもと家庭の学び、社会課題の解決に貢献するため、7月5日に業務提携契約書の締結に至った。 業務提携の内容は、「学びに関するイベントの共同開催」「セブン-イレブンの実店舗の答案提出拠点としての活用」「そのほかの協業施策」の3つ。「学びに関するイベントの共同開催」では、2018年2月に開催され、10万人以上の参加者を集めたセブン-イレブンの実店舗と連動した高校生対象のイベント「Z会監修 全国高校対抗 超良問ドリル」に続くSNS連動型イベントの開催を企画している。 「セブン-イレブンの実店舗の答案提出拠点としての活用」では、Z会グループの通信教育において、セブン-イレブンの実店舗に設置されているマルチコピー...more
カテゴリー:

もっと見る

「契約書」の画像

もっと見る

「契約書」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる