「太陽光」とは?

関連ニュース

凸版印刷、自然光を再現する照明 - 06月18日(月)05:00 

凸版印刷は、自然光を再現するLED(発光ダイオード)照明システム「コエルクス」の販売を開始した。新照明システムは、太陽光とほぼ同じ波長を生成するLEDの光源から…
カテゴリー:

【積水化学工業】「VtoH」機能搭載の住宅を調査した結果、EV蓄電池の電気が走行よりも自宅で消費されると判明 - 06月17日(日)05:40  newsplus

2018年06月16日 https://newswitch.jp/p/13315  積水化学工業が太陽光パネルと電気自動車(EV)の間で電気を融通できる「VtoH」機能を搭載した住宅を調査したところ、EVの蓄電池の電気が走行よりも自宅で多く消費されていることが分かった。 太陽光パネルの電気を優先的に充電すると、自宅での消費量が走行よりも70%多かった。また、最大84%の電気を自給自足できた。  積水化学が13日、調査結果を発表した。同社が販売した住宅で暮らす家庭から得られた64件の電力使用データを分析した。日中、太陽光パネル...
»続きを読む
カテゴリー:

日本は準備をしているか? 北朝鮮がアジア経済のフロンティアになる可能性 - 06月16日(土)06:00 

紆余曲折を経て、12日にシンガポールで開催された米朝首脳会議。今後のアジア情勢にどう影響していくのだろうか。 『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は、安倍政権の態度に不安を隠さない。 *本記事は『週刊プレイボーイ』26号(6月11日発売)に掲載されたものです * * * 自国産業の保護に血眼なトランプ大統領のアメリカと、自由で公平な貿易を求める各国との対立が深まっている。 中国とは貿易戦争の一歩手前だし、G7諸国とも鉄鋼・アルミニウム輸入の高関税措置をめぐって揉(も)めている。 このままアメリカと各国の通商戦争が激しくなれば、世界の貿易が縮小する事態だってありうる。 そうなれば、日本への影響は甚大だ。アベノミクスが順調に見えるのは、世界経済の好調を背景に日本の輸出が増え、企業収益が大幅に改善しているからだ。その頼みの綱である外需が頭打ちになれば、アベノミクスはたちどころに変調を来す。 ただ、日本経済の底上げにつながるかもしれないプラス材料はある。それは、米朝首脳会談だ。その交渉は予断を許さないが、もし、最終的に核廃棄、朝鮮戦争...more
カテゴリー:

ギミック印刷のグッズに特化したショップ「オ・モ・ロ」がオープン!太陽光で絵が変化するTシャツも - 06月15日(金)13:00 

太陽光で絵柄が変わる各種のTシャツを取り扱い 株式会社SO-KENは、オンラインショップ「オ・モ・ロ」をオープンした(http://omoro-goods.com/)。ギミック印刷のユニークなグッズに特化しており、オリジナル製作が可能。フラッシュプリントなど同社の技術を生かしたグッズが展開される。 株式会社SO-KENは、“「あっ!」と驚く印刷技術で印刷をもっとおもしろく”を理念としている企業。「オ・モ・ロ」で取り扱われている商品は、太陽光でモノクロからカラーに変わるTシャツ、太陽光でモザイクが取れていくTシャツ、太陽光で絵柄が変わるTシャツなど。さらに、今後もラインナップの追加が予定されている。また、現在はオープン記念価格として、各種デザインTシャツをプライスダウンしての販売も実施中だ。 「オ・モ・ロ」では、これらの太陽光で絵が変化するギミックのTシャツのオリジナル製作も可能。版代を必要としない溶剤インクジェットプリント(ソーラー印刷)であるため、1枚から気軽に手頃な価格で注文できる。オリジナル作成のTシャツのサイズは、着丈65cmのS、着丈69cmのM、着丈73cmのL、着丈77cmのXLに対応しており、脇は丸胴で5.6オンスの仕様。 株式会社SO-KENURL:http://trickprint.com2018/06/15 ■関連記事 エ...more
カテゴリー:

<岩手・宮城内陸地震10年>「花山の財産」継承誓う 佐藤旅館、日帰り入浴再開へ - 06月15日(金)09:11 

2008年の岩手・宮城内陸地震で被災し休業していた栗原市花山の温湯(ぬるゆ)温泉佐藤旅館の再開に向け、同地区の太陽光発電施設管理会社花山サンゼットは14日、同旅館と業務委託契約を結んだ。施設の修繕を経
カテゴリー:

【遡及】最近施行されたばかりの市の規制条例を反対運動起きてるメガソーラーにも適用すっから、と伊東市長 工事するよ、と事業者 - 06月17日(日)19:22  newsplus

事業者“市条例は適用できず” http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3035628511.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 伊東市が地域ぐるみで建設計画に反対している大規模太陽光発電所メガソーラーを巡って、 事業者側は16日夜に開いた住民説明会の中で、市が今月1日施行したメガソーラー規制条例は さかのぼって適用できず、県の森林開発の許可を受け工事を始める方針だと住民に伝えました。 東京の事業者が伊東市に計画しているメガソーラーをめぐっては、 環境への影響などを理由に地域ぐるみ...
»続きを読む
カテゴリー:

【獣害】<害獣撃退装置>オオカミ模型で水田守れ 「モンスターウルフ」九州初上陸 福岡 - 06月16日(土)19:29  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000009-mai-soci  シカなどによる農作物の食害に悩む福岡県添田町は12日、私有地の水田にオオカミを模した害獣撃退装置「モンスターウルフ」 (高さ50センチ、全長65センチ)を九州で初めて設置した。赤外線センサーで害獣を感知すると、両目の赤いLED(発光ダイオード)を点滅させて首を振り、 本物のオオカミのうなり声や「猟銃で撃て、撃て」といった人間の叫び声など57種の音声で追い払う。 半年間の試験で「効果があれば、広げていきたい」(寺西明男町長)としてい...
»続きを読む
カテゴリー:

可視光で水から水素=安定な光触媒開発-東工大など - 06月15日(金)14:24 

 太陽光に多く含まれる目に見える光(可視光)を吸収し、水を水素と酸素に分解する新たな「光触媒」を開発したと、東京工業大と中央大の研究チームが15日までに米化学会誌に発表した。これまで可視光を吸収するよう試作された光触媒に比べ、安定して長く性能を発揮できるという。 触媒は、自らは変化せず周りの化学反応を促す物質で、今回はチタンと酸素、鉛、フッ素を使った。東工大の前田和彦准教授は「有毒な鉛が含まれるので、毒性が低いスズやビスマスに置き換える研究をしたい」と話した。可視光で水を分解する効率は低いが、将来引き上げることができれば、次世代エネルギーの水素生産につながると期待される。 【時事通信社】
カテゴリー:

自民、エネ基本計画を了承 太陽光・風力を主力電源 - 06月15日(金)12:35 

 自民党は15日、エネルギー関連の合同会議を開き、経済産業省の新たなエネルギー基本計画案を了承した。太陽光や風力など再生可能エネルギーを主力電源に位置付け、原発の依存度を可能な限り低減するのが柱。政府は今夏に閣議決定する。
カテゴリー:

【宇宙開発】NASA火星探査車が音信不通 砂嵐で太陽発電休止に[06/14] - 06月15日(金)07:11  scienceplus

米航空宇宙局(NASA)は13日、火星で大規模な砂嵐が発生し、 表面で観測を続けて15年目になる探査車オポチュニティーが、音信不通になっていると発表した。 砂嵐により太陽光が遮られ、太陽電池が発電できなくなり、休止モードに入った。 そのまま運用停止になるおそれもあるという。  NASAによると、砂嵐は5月30日に確認され、その後急速に発達。表面の4分の1を覆うまでになり、 火星で観測されたものとしては最大規模だという。上空が砂ぼこりに覆われ地表に太陽光が届かなくなっている。  オポチュニティ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「太陽光」の画像

もっと見る

「太陽光」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる