「天海祐希」とは?

関連ニュース

B型が「最も高ストレス」 血液型別イメージは間違いだった - 06月10日(日)10:05  news

メディプラス研究所が厚労省「ストレスチェック制度の健康状態項目(15問)」を点数化し、血液型の違いによるストレスの高低を分析した。 対象は約7万人で、集計したデータを県・年齢を実際の人口でウエート修正している。 「高ストレス女性(77点以上)を血液型別に分類したところ、高ストレス者の含有率が高かったのは、一般的に“自由を好む”といわれるB型。 逆に低ストレス女性(39点以下)は、一般的に“神経質”だとされるA型が多いという結果でした」(メディプラス広報事務局) ただし、高ストレスの血液型による...
»続きを読む
カテゴリー:

佐藤浩市:「Aではない君と」でテレ東ドラマ10年ぶり主演 天海祐希と… - 06月06日(水)20:07 

 俳優の佐藤浩市さんが、今秋放送のテレビ東京系スペシャルドラマ「Aではない君と」に主演することが6日、分かった。ドラマは第37回吉川英治文学新人賞を受賞した薬丸岳さんの同名小説(講談社)が原作のヒュ…
カテゴリー:

佐藤浩市&天海祐希共演で小説『Aではない君と』のドラマ化決定 - 06月06日(水)11:05 

薬丸岳の第37回吉川英治文学新人賞受賞を受賞した『Aではない君と』が、佐藤浩市・天海祐希共演により、今秋スペシャルドラマとしてテレビ東京で実写化されることが発表された。本作は、大手建設会社に勤める吉永圭一(佐藤)が、離婚した妻から、離れて暮らす息子が同級生への殺人容疑で逮捕されたという知らせが来たことから始まるヒューマン・サスペンス。制作陣には、TBSドラマ『アンナチュラル』の塚原あゆ子監督と新井順子プロデューサーが名を連ね、脚本を『ゲゲゲの女房』などの山本むつみが務める。殺人容疑をかけられた中学生の父・吉永圭一を演じた佐藤は「薬丸岳さんの原作モノは2度目ですが、どちらも“加害者家族”という、子供が殺人の罪に問われたときに、どういう形で受け止めるのかという、答えがあるようでないようなテーマを持つ作品。原作の難しさをどういう形で提示できるのかに向き合っています」とアプローチ方法を語ると、吉永親子を支える弁護士・神崎京子を演じた天海は「台本を読み終わり、胸の痛みが止まらずにいました。誰の、どの立場でもわかるがゆえに、とても苦しかった。しかし、だからこそこのドラマには、意味があるのではないかと思います。丁寧に丁寧に、心を込めてい演じたい」と意気込んでいた。佐藤は「天海さんとは久々の共演ですが、子供を持つ女性弁護士という役柄を、彼女が彼女らしく、また彼女らしくなく、どう演じてもらえるのか、...more
カテゴリー:

沢村一樹、役者像を焦がさない耐熱性と自己ブランディングの妙 - 06月06日(水)08:40 

 7月クールで放送されるフジテレビ「月9」枠で放送される、『絶対零度』の最新作『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』にて、沢村一樹が主演を務めることが発表された。沢村といえば、「演技派」、「二枚目」などと共に、「エロ男爵」という肩書が彼を“沢村一樹”たらしめているといえる。“セクハラ”問題が多く取り沙汰される昨今、一歩間違えれば大やけどのこの呼び名。そんな特異な立ち位置を確立していても、俳優としての地位を焦がさない“沢村一樹の耐熱性と自己ブランディングの妙とは? 【写真】篠田麻里子、危うし!“セクスィー部長”のハグに危機一髪! ■二枚目役の乱発に危機感…殻を破ったセクスィー部長  沢村一樹は1967年鹿児島生まれ。20歳で上京し、まずはモデルとして活動。1996年に内村光良が監督を務めたドラマ『松田のドラマ』(日本テレビ系)で俳優デビュー、同年『続・星の金貨』(同系)に出演し、『救命病棟24時』(フジテレビ系)、『ショムニ』(同系)、『ごくせん』(日テレ系)と次々話題作に出演した。だが、モデル出身の二枚目というイメージが定着していることに危機感を抱いた沢村は、「このままでは役が限定される」と苦悩。バラエティ番組で下ネタを披露するようになり、島田紳助からは「エロ男爵」の称号を得た。  この選択が当たった。二枚目からの脱却を果たした沢村は、2006年『サラリーマンNEO』(NHK総合...more
カテゴリー:

佐藤浩市×天海祐希ら最強布陣で、「Aではない君と」初実写化 - 06月06日(水)07:00 

今秋、テレビ東京系で佐藤浩市と天海祐希出演のスペシャルドラマ「Aではない君と」の放送が決定。 【写真を見る】天海は「台本を読んで胸の痛みが止まらなかった」と話す 原作は第37回吉川英治文学新人賞を受賞した、薬丸岳の同名小説。薬丸は映画「友罪」の原作でも知られ、“少年犯罪”を題材にした作品を多数執筆している。同ドラマは、普遍的な親子の愛を描き、自分の子供が殺人容疑で逮捕された時、親としてどう向き合うのかを問うヒューマンサスペンスとなっている。 主演の佐藤は、テレビ東京のドラマ出演は10年ぶりで、一人息子・翼が起こした死体遺棄事件により、翻弄(ほんろう)されていく会社員・吉永圭一を演じる。息子は本当に人を殺したのか? 息子の犯した“罪”とは何なのか? そして、“命の意味”とは? といった、難題を突き付けられる難しい役柄に挑む。 また、テレビ東京のドラマへの本格的な出演は初となる天海は、翼が起こした事件を担当する弁護士・神崎京子を演じる。なかなか真相への突破口を見いだせない中で、根気強く親子に寄り添い、吉永の最大の理解者として事件の真相と向き合っていく。 さらに制作は、今年1月に放送されたヒットドラマ「アンナチュラル」(TBS系)が記憶に新しい、塚原あゆ子監督と新井順子プロデューサーが担当する。 ■ 佐藤浩市コメント ――出演にあたっての意気込み、吉永役への思いをお聞かせください。 薬丸...more
カテゴリー:

市村正親が家康役 NHK正月時代劇初の2連続放送 - 06月06日(水)20:27 

 俳優の市村正親が徳川家康に扮し、直木賞作家・門井慶喜氏の時代小説『家康、江戸を建てる』が、NHKの正月時代劇としてドラマ化される。寒村から「大都市・江戸」を計画した、ドリーマー徳川家康と、彼の夢に人生を賭けた無名の男たち熱いドラマ。前後編2部作(73分×2本)の大作となり、正月時代劇史上初の2夜連続で放送される。 【写真】前編に出演する佐々木蔵之介、後編に出演する柄本佑  原作者の門井氏は、『家康、江戸を建てる』で2016年上半期の直木賞にノミネートされ、『銀河鉄道の父』で17年下半期の直木賞を受賞した。門井作品のドラマ化は、今回の『家康、江戸を建てる』が初となる。脚本は、『半沢直樹』『陸王』ほかを手がけた八津弘幸氏が執筆する。  前編「水を制す」(2019年1月2日 後9:00~10:13)は、泥湿地帯で地下水が得難く、海水が流れ込んでくる関東の低地で、人が生きるために必要なもの、それは「飲み水」。いわゆる上水の整備を命じられたのは、家康(市村正親)の元で、菓子を作ってきた土木の素人・大久保藤五郎(佐々木蔵之介)だった。  後編「金貨の町」(同1月3日 後9:00~10:13)は、銀を使う秀吉の大坂経済圏から独立するため、家康(市村)は金貨の「小判」作りを京都から引き抜いた職人・橋本庄三郎(柄本佑)に命じるが、秀吉との経済戦争が始まり…というストーリー。  前編には、...more
カテゴリー:

佐藤浩市&天海祐希共演で小説『Aではない君と』のドラマ化決定 - 06月06日(水)11:08 

薬丸岳の第37回吉川英治文学新人賞受賞を受賞した『Aではない君と』が、佐藤浩市・天海祐希共演により、今秋スペシャルドラマとしてテレビ東京で実写化されることが発表された。本作は、大手建設会社に勤める吉永圭一(佐藤)が、離婚した妻から、離れて暮らす息子が同級生への殺人容疑で逮捕されたという知らせが来たことから始まるヒューマン・サスペンス。制作陣には、TBSドラマ『アンナチュラル』の塚原あゆ子監督と新井順子プロデューサーが名を連ね、脚本を『ゲゲゲの女房』などの山本むつみが務める。殺人容疑をかけられた中学生の父・吉永圭一を演じた佐藤は「薬丸岳さんの原作モノは2度目ですが、どちらも“加害者家族”という、子供が殺人の罪に問われたときに、どういう形で受け止めるのかという、答えがあるようでないようなテーマを持つ作品。原作の難しさをどういう形で提示できるのかに向き合っています」とアプローチ方法を語ると、吉永親子を支える弁護士・神崎京子を演じた天海は「台本を読み終わり、胸の痛みが止まらずにいました。誰の、どの立場でもわかるがゆえに、とても苦しかった。しかし、だからこそこのドラマには、意味があるのではないかと思います。丁寧に丁寧に、心を込めてい演じたい」と意気込んでいた。佐藤は「天海さんとは久々の共演ですが、子供を持つ女性弁護士という役柄を、彼女が彼女らしく、また彼女らしくなく、どう演じてもらえるのか、...more
カテゴリー:

佐藤浩市&天海祐希共演で小説『Aではない君と』のドラマ化決定 - 06月06日(水)11:05 

薬丸岳の第37回吉川英治文学新人賞受賞を受賞した『Aではない君と』が、佐藤浩市・天海祐希共演により、今秋スペシャルドラマとしてテレビ東京で実写化されることが発表された。 本作は、大手建設会社に勤め…
カテゴリー:

佐藤浩市と“がっつり”共演、天海祐希「えへへ」 - 06月06日(水)07:02 

俳優の佐藤浩市(57歳)、女優の天海祐希(50歳)が、テレビ東京が今秋放送するスペシャルドラマ「Aではない君と」に出演することがわかった。佐藤がテレ東ドラマに出演するのは10年ぶり、天海がテレ東ドラマへ本格的に出演するのは、これが初めて(※2017年「バイプレイヤーズ〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜」へのゲスト出演あり)。
カテゴリー:

佐藤浩市&天海祐希、『アンナチュラル』P&監督コンビのサスペンスドラマで共演  - 06月06日(水)07:00 

 俳優の佐藤浩市、天海祐希の出演で、『第37回吉川英治文学新人賞』受賞作品、薬丸岳氏の小説『Aではない君と』(講談社文庫)がドラマ化され、今秋、テレビ東京系で放送されることがわかった。『夜行観覧車』や『リバース』、最近では『アンナチュラル』(3作ともTBS)などのヒット作が続く、ドリマックス・テレビジョンの新井順子プロデューサーと、塚原あゆ子監督のコンビが参加。自分の子供が「殺人の罪」に問われたら?というテーマで、普遍的な親子の愛を描いた社会派の感動作を2時間枠の特番ドラマとして世に送り出す。 【画像】薬丸岳氏の原作小説書影  主演の佐藤がテレビ東京のドラマに出演するのは、2008年『本当と嘘とテキーラ』(主演)以来、10年ぶり。今回、佐藤が演じるのは、一人息子の翼が起こした死体遺棄事件により、翻ろうされていく会社員、吉永圭一。息子は本当に人を殺したのか? 息子の犯した“罪”とは何なのか? そして、“命の意味”とは…。難題を突き付けられる難しい役柄に挑む。  薬丸氏原作の作品は、映画『友罪』に続いて2作目となる佐藤。「どちらも“加害者家族”という、子どもが殺人の罪に問われたときに、どういう形で受け止めるのかという正解のなさ…、贖罪を含め、ただ『謝る』ということでは何もクリアできないという、答えがあるようでないような、そういうテーマの作品です。そんな薬丸さんの原作の難しさを僕は...more
カテゴリー:

もっと見る

「天海祐希」の画像

もっと見る

「天海祐希」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる