「大脳皮質」とは?

関連ニュース

「怒り」は対処できる!大人の癇癪(かんしゃく)との向き合い方 - 06月13日(水)07:50 

「あの時怒らなければ」「怒りを堪えられたら」という経験をお持ちではないだろうか。日常生活や仕事の中で「怒り」の感情に襲われることは誰しもがあることだろう。実は、しっかりと向き合うことである程度コントロールできる「怒り」もある。「怒り」について理解を深め、部下との関係、恋人との関係などに活かしてほしい。 そもそも「怒り」という感情はなにか? 感情とは人に自分の状況を伝えるためのわかりやすいシグナルである。中でも「怒り」という感情は人間誰しも持ち合わせる強い感情である。 人は怒りを覚えると、気持ちを抑えることが大変だ。さらに普段ではしないような突発的な行動に出てしまうこともある。そんな気持ちや行動をうまく抑制できないほど怒っている状態を「癇癪(かんしゃく)」と呼ぶ。「強い怒り」と表現することもできる。怒りや癇癪の原因は「瞬間」か「意味付け」かの2つに大別される。 瞬間的な怒りとは認知を介在しない怒りだ。感情を司る大脳辺縁系の刺激から突発的に現れる。「親友に裏切られた」「彼女に浮気をされた」「横を走っている車に割り込みされた」など考えるよりも先に怒りの感情が芽生えた経験は無いだろうか。突発的な行動を取ってしまいやすいのもこの瞬間に起こる怒りである。 もう1つは意味付けによる怒り。「よくよく考えたら腹が立ってきた」という怒りの種類であり、認知を介在している。きっかけとなる出来事が起こり...more
カテゴリー:

【ダイエットに朗報】 「脳のスイッチ」を操作、甘味の誘惑絶つ マウス研究 - 06月05日(火)18:46  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3177332?cx_module=latest_top 「脳のスイッチ」を操作、甘味の誘惑絶つ マウス研究 2018年6月5日 16:58 発信地:パリ/フランス 【6月5日 AFP】ダイエット中にこう思ったことはないだろうか──自分の味覚を刺激する食べ物がホウレンソウだったらいいのになあ、チョコレートには全くそそられないようになればなぁ──と。  このほど、甘いものをまずく、苦いものをおいしく感じさせるように脳を操作する方法を発見したとする研究結果が、神経科学者チームによって発表された。  だがこれは今の...
»続きを読む
カテゴリー:

【医学】サンスクリット語でマントラを暗唱すると、脳灰白質が増加することが明らかに[06/08] - 06月10日(日)11:18  scienceplus

■サンスクリット語の翻訳で気づいた認知力のシフト 古代のインドで使われていた言語「サンスクリット語」でマントラ (日本語では真言とも言われ、神秘的な力を持つとされる語句)を記憶して暗誦すると、 脳の灰白質が増加する――そんな調査結果がこのほど明らかになった。 調査を行ったのは、スペインのバスク認知脳言語センターで博士課程修了後の研究を行なっている、 ジェームズ・ハーツェル博士が率いるチームだ。ハーツェル博士はもともと、 サンスクリット語から英語への翻訳者として活躍していた。 しかし、サンスクリ...
»続きを読む
カテゴリー:

「大脳皮質」の画像

もっと見る

「大脳皮質」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる