「大統領選挙」とは?

関連ニュース

【速報】 5ch クソ重い - 05月23日(水)13:05  news

「受験生を釣るため」5ちゃんねるに集結 架空の大学を“安価方式”で設立 偽大学の仕掛人談「受験生を釣ることが目的」 5ちゃんねる掲示板の安価スレッドが契機に アメリカ大統領選挙や新潟女児殺害事件でも https://www.fnn.jp/posts/00313840HDK ...
»続きを読む
カテゴリー:

「魔女狩り」開始から1年、米大統領選トランプ陣営とロシアとの関係調査の現状 - 05月22日(火)16:00 

2018年5月17日、米大統領選のトランプ陣営と選挙への介入が疑われるロシアとの関係を捜査する責任者としてロバート・ミュラーが指名されてから、ちょうど1年を迎えた。1年がたった今でもミュラーの存在を意識し、”魔女狩り”と揶揄するトランプ。果たしてミュラー特別捜査官は、大統領を起訴することができるのか?2018年5月17日、2016年の米大統領選におけるトランプ陣営と、選挙への介入が疑われるロシアとの関係を捜査する責任者としてロバート・ミュラーが指名されてから、ちょうど1年を迎えた。捜査当局はこれまで、22組の個人と組織に対する8つの訴訟を起こしている。トランプ陣営の協力者であるリック・ゲイツ、陣営の外交政策顧問を務めたジョージ・パパドプロス、元国家安全保障担当補佐官マイケル・フリンらは皆、同捜査絡みの裁判で有罪を認めている。トランプの選挙対策本部長だったポール・マナフォートは、さまざまな金融犯罪により起訴されたが、無罪を主張している。しかし自身の選挙キャンペーンに犯罪の臭いが漂っているにもかかわらず、ドナルド・トランプは依然として米国大統領の職に留まっている。しかもミュラーが特別捜査官に就任して1年を迎えた日の朝、トランプはツイッターで”祝意”を表明した。 Congratulations America, we are now into the second year of th...more
カテゴリー:

トランプ氏「大統領選でFBIが陣営にスパイ送り込んだ」 - 05月22日(火)10:27 

アメリカのトランプ大統領は、おととしの大統領選挙でFBI=連邦捜査局がみずからの陣営にスパイを送り込んだ可能性があるとして、司法省に調査を要請し、調査が行われることになりました。トランプ大統領としてはロシア疑惑をめぐる捜査が政治的に偏向していると主張する狙いがあると見られ、捜査当局との攻防が続きそうです。
カテゴリー:

中、ロ、欧州とも関係悪化。トランプの最悪外交の犠牲になる日本 - 05月22日(火)04:30 

アメリカと各国の関係悪化が止まりません。中国やロシアはおろか、米国のイラン核合意離脱で欧州とも足並みが揃わない事態に陥っています。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、トランプ大統領が各国との間で展開する「メチャクチャな外交」を分析しつつ、その理由を探っています。 トランプ、【最悪】外交 トランプさんの外交が、最悪レベルになっています。どういうことでしょうか? まず、アメリカとロシアの関係は、最悪です。トランプさんは、昔も今も「親ロシア」「親プーチン」。しかし、全民主党、共和党反ロシア派が強く、和解できないでいる。現在 クリミア併合 ロシアのウクライナ内戦介入 ロシアが、シリア・アサドを助けていること ロシアがアメリカ大統領選挙に介入したこと(ロシアは否定) ロシアが、元諜報員スクリパリと娘を殺そうとしたこと(ロシアは否定) などを理由に、制裁がますます強化されている。 貿易戦争で悪化する米中関係 もし、アメリカがロシアをつぶすつもりなら、どうすればいいのでしょうか? 定石は、「中国と組んでロシアをつぶす」となるでしょう。アメリカはニクソン時代、中国と和解し、ソ連に対抗しました。 しかし、トランプさんは、何をやったか? そう、「米中貿易戦争」を開始した。 現在米中関係は、アメリカ主導の貿易戦争で悪化しています。つまり、アメリ...more
カテゴリー:

反米左派マドゥロ氏が再選=「記録的勝利」主張-ベネズエラ大統領選 - 05月21日(月)15:49 

 【カラカス時事】南米ベネズエラで20日、大統領選挙が実施され、独裁色を強めて欧米諸国から非難されている反米左派のニコラス・マドゥロ大統領(55)がエンリ・ファルコン前ララ州知事ら3候補を破り再選を決めた。選管発表によると、開票率9割超の段階で、マドゥロ氏の得票率は68%、2位ファルコン氏は21%だった。就任は来年1月10日の見込みで、任期は6年間。 マドゥロ氏は「われわれは記録を樹立した。かつて対立候補に47ポイントの差をつけた候補者はいなかった」と圧勝を宣言。一方で、野党に対して和解のための対話を呼び掛けた。ファルコン氏は不正があったとして結果の受け入れを拒んだ。 マドゥロ氏の弾圧を受けている野党連合「民主統一会議(MUD)」は選挙をボイコット。主要な野党支持者は棄権したため、投票率は前回大統領選から32ポイント減の46%にとどまった。マドゥロ政権は再選の正統性を示すため、投票率アップを画策したが失敗に終わった。 【時事通信社】
カテゴリー:

もはや格差ではなく「身分」。アメリカで深刻化する貧富の実態 - 05月22日(火)19:00 

2016年のアメリカ大統領選におけるドナルド・トランプの勝利は、世界中に衝撃を与えたとともに、米国社会内部の「分断」を明確に示した出来事として人々の間に記憶されている。また、「分断」を示す例はアメリカだけではない。イギリスでも国民投票によってEU離脱が決定し、スコットランドが独立に向けて動いた。また、スペインではカタルーニャ州が独立への動きを活発にしている。私たちは、そうした分断する世界の姿をメディアを通して見ているが、本当の姿はまた別の様相を呈しているのかもしれない。そんなことを教えてくれるのが『分断した世界』(集英社刊)だ。本書は、高城剛氏が世界中をめぐりながら、分断の真の姿を捉えようとする一冊である。ベルリンの壁崩壊から2018年で30年。グローバリゼーションとインターネットは情報の流れを一変させ、私たちは瞬間的に世界と繋がれるようになった。そんな中で起きている分断とは一体なんだろう。ここでは本書から、メディアが捉えられなかった本当のトランプ大統領の支持層とアメリカの分断について触れてゆく。■もはや格差ではなく「身分」。アメリカの貧富の実態共和党のドナルド・トランプは“白人労働者階級の支持”を受けて主党のヒラリー・クリントンに勝利した、というのが大統領選挙後にメディアや専門家が語っていたことだ。しかし、実際にアメリカの各地をまわった高城氏が出した結論は、そうではなかった。確か...more
カテゴリー:

Facebook騒動の教訓--プライバシー問題とビッグデータ管理の課題 - 05月22日(火)16:00 

Facebookのユーザー情報をデータ分析会社Cambridge Analyticaが大量に入手し、米大統領選挙の結果に影響を与えようとしたとされる問題で、Facebookは厳しい立場に追い込まれた。この騒動から企業が学ぶべきこととは。
カテゴリー:

なぜロンドン・パラリンピックのチケットは史上初めて完売したのか? 乙武氏が世界中を放浪して気づいたこと - 05月22日(火)08:53 

 5月20日、『週刊SPA!』の創刊30周年記念イベント=SPA!フェスに、’13~’14年にかけて本誌連載『八面六臂』で、女装姿などをさまざまな一面を披露してきた乙武洋匡氏が登場。2年前の“大騒動”後、世界中を放浪して目にした海外のバリアフリー事情などについてマシンガントークを繰り出した!  そのトークショーはのっけからブラックジョーク満載……。「手足がないのに、『八面六臂』ってふざけた連載でしたよね」と言いながら、不倫騒動についても言及。「あれだけフルスイングで叩かれた障碍者っていうのは、ギネス記録ものかもしれませんね(苦笑)」と振り返りつつ、当時の生活ぶりを明かした。 「ずっと家に籠っていたんですよ。家の前には週刊誌記者がずっと張ってるから。外に出れば、美容院にもラーメン屋にもついてくる。正直、しんどいなと思って、思い切って昨年3月から海外に飛び出そうと考えたんです」  それから1年で、訪れた先は37の国と地域。最初の訪問先はロンドンだった。ロンドンを選んだ理由は、実に乙武氏らしい。「’12年のロンドン・パラリンピックで、パラリンピック史上初めてチケットを完売させた」都市だったのだ。 「何が成功の秘訣だったのか、知りたくて当時の大会の総合ディレクターを務めたクリス・ホームズさんという、全盲のスイミングのメダリストを訪ねたんです。今では彼は上院議...more
カテゴリー:

ローリング・ストーンズ欧州ツアー初日、10年ぶりのダブリン公演レポート - 05月21日(月)19:00 

ザ・ローリング・ストーンズは、2018年「ノー・フィルター」ツアーを10年ぶりにアイルランド・ダブリンでスタートした。定番ソングから隠れた名曲までライブでは珍しい楽曲の数々を披露した。木曜日の夜、ダブリンのクロークパークでザ・ローリング・ストーンズが「ミス・ユー」を演奏したとき、何かが起こった。ストーンズのコンサートでは、この曲はたいてい脇役で、次の楽曲へのつなぎの曲として演奏されることが多かった。だがその夜は、このディスコ調の楽曲が会場に火をつけた。それは曲が始まったとたんに起きた。チャーリー・ワッツが力強い4ビートを打つと、ベーシストのダリル・ジョーンズがスタッカートでファンクの要素を加える。これをきっかけにキース・リチャーズのギターが目を覚まし鮮やかなコードを奏で、ミック・ジャガーは狂ったように踊り始め、ロニー・ウッドはストラットギターをかき鳴らし、にやりと笑った。前触れもなくやってくるこうした瞬間が、ザ・ローリング・ストーンズを現在も最高のライブバンドたらしめている。「ノー・フィルター」ヨーロッパツアー第2弾の初日は、そんな瞬間のオンパレードだった。「ライド・エム・オン・ダウン」でヒューバート・サムリン風のフレーズを炸裂させ、笑みをのぞかせるリチャーズ。ライブではほとんどお目にかからない「ネイバーズ」を演奏し、「これがロックだぜ」と漏らすジャガー。他のスタジアム級バンドのコ...more
カテゴリー:

“独裁化”ベネズエラ マドゥロ大統領再選 5/21 14:27更新 - 05月21日(月)14:27 

独裁化が進む南米ベネズエラで20日、大統領選挙が行われ、現職のマドゥロ大統領が再選された。アメリカなど周辺諸国からは、「民主的な選挙ではない」などと批判が相次いでいる。
カテゴリー:

もっと見る

「大統領選挙」の画像

もっと見る

「大統領選挙」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる