「大株主」とは?

関連ニュース

村上世彰氏、出光創業家との合意は「大きな意味」 昭和シェル石油との経営統合で - 07月12日(木)19:33 

 石油元売り大手の出光興産と昭和シェル石油の経営統合をめぐり、出光創業家の相談相手となった投資家の村上世彰氏が産経新聞の取材に応じた。創業家の資産管理会社で大株主の日章興産などは一定の条件付きで統合に賛同することで出光と合意したが、村上氏は「大株主との合意は、臨時株主総会での(統合の)決議に向けて大きな意味のあるものだ」と強調した。
カテゴリー:

出光・昭シェル、来年4月統合 創業家主要メンバー賛同 3年越しで実現へ - 07月11日(水)06:15 

 石油元売り2位の出光興産と同4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月1日の経営統合で合意したと発表した。大株主である出光創業家の反対で足踏みが続いたが、創業家の主要メンバーが賛同に転じた。石油元売りは昨年4月に誕生したJXTGホールディングス(HD)と出光・昭シェルの「2強」にコスモエネルギーHDを加えた3グループへの集約が進む。
カテゴリー:

出光・昭シェル、来年4月1日の経営統合発表 出光会長「両者で前だけを向いて進む」 - 07月10日(火)13:20 

 石油元売り2位の出光興産と同4位の昭和シェル石油は10日、来年4月1日付で経営統合することで合意したと発表した。約28%の出光株を持つ大株主の出光創業家の反対姿勢が障害となり、統合問題は足踏みが続いていたが、同日までに出光と創業家の主要メンバーとの協議が決着した。
カテゴリー:

【年金】市場のクジラ、おなかいっぱい GPIF「運用目安」超え - 07月07日(土)17:25  bizplus

 市場のクジラ、ほぼおなかいっぱいです――。約160兆円の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)で2017年度末、国内株の運用比率が初めて25%の目安を超えた。大食漢が日本の株価を上げる構図は終わり、これからのクジラは「ESG」を切り口に食べ物を選ぶ。運用の安定には債券も含めたバランスの良い食生活も課題だ。 GPIFは6日、17年度の運用成績を発表した。主に国内債、国内株、外国債、外国株の4つに分散して運用しており、国内株の比率は25.14%。14年に運用改革を始めてから、年度末時点で初めて...
»続きを読む
カテゴリー:

インタビュー:ヴァーレ株式買い増しも選択肢=大株主売却検討で三井物産専務 - 07月06日(金)16:03 

[東京 6日 ロイター] - 三井物産で金属資源、エネルギー事業などを率いる竹部幸夫専務は5日、ロイターのインタビューに応じ、5.51%出資するブラジルの資源大手ヴァーレの大株主が保有株の一部を売却した場合、買い増すことも選択肢のひとつとの考えを示した。 ヴァーレはブラジル政府系年金基金グループや三井物産など4社が主要株主となっているが、このうち国立ブラジル
カテゴリー:

【サッカー】C・ロナウド獲得の巨額出費に怒り。ユーベ親会社の労働者が抗議のストライキ - 07月12日(木)00:34  mnewsplus

7/11(水) 23:52配信 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180711-00281085-footballc-socc  ユベントスは10日、レアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドを獲得することが合意に達したと発表した。だが、この大型補強に反発するフィアット社の労働者がストライキを決行する事態にも発展している。伊紙『コッリエーレ・デッラ・セーラ』などが伝えた。  ユーベはC・ロナウド獲得の費用を公表しており、移籍金1億ユーロ(約130億円)がマドリーに支払われる。また、4年契約を交わしたC・ロナウドに...
»続きを読む
カテゴリー:

出光・昭和シェル統合:村上氏「創業家の意向反映」後押し - 07月10日(火)21:29 

 3年前の計画発表以来、混乱が続いた出光興産と昭和シェル石油の経営統合が来年4月にようやく実現する見通しとなった。統合に反対していた大株主の出光創業家側が翻意したためだが、一時は「没交渉」とされた出光経営陣と創業家が交渉のテーブルに着き、歩み寄った背景には、旧村上ファンド代表で「物言う株主」として知
カテゴリー:

出光・昭和シェル、来年4月の経営統合を発表 大株主の創業家の一部との協議が決着 - 07月10日(火)11:31 

 石油元売り2位の出光興産と同4位の昭和シェル石油は10日、来年4月に経営統合すると発表した。約28%の出光株を持つ大株主の出光創業家の反対姿勢が、最大の障害となり、統合問題は足踏みが続いていたが、同日までに出光と創業家の一部との協議が決着した。
カテゴリー:

フェラーリ、憧憬していたスーパーカーの世界観に触れる - 07月07日(土)07:00 

高級スポーツカーといえば、フェラーリと答えることができるほど老若男女にも浸透している高級自動車メーカーである。デザインはもちろん、スポーツカーとしての性能も高く、見る人を楽しませてくれるクルマと言っても過言ではない。多くの人が憧憬するフェラーリの世界観を歴史から最新モデルまで紐解いていく。 フェラーリ(Ferrari)とは フェラーリとは、イタリアのエミリア=ロマーニャ州モデナ県マラネッロに本社を構える高級自動車メーカーだ。高級スポーツカーやレーシングカーのみを製造している。イタリアのみならず世界的にも高い人気とブランドイメージがあり、主に王侯貴族や富裕層に愛用されている。高価格、高利益率、少量生産のメーカーとしても有名で、年間の売上台数は8000台ほどだ。世界60ヶ国以上を拠点として生産台数の95%を輸出している。 またフェラーリはF1世界選手権等のモータースポーツコンストラクターとしても活躍し、 ・FIA世界耐久選手権 ・ル・マン24時間レース ・ミッレミリア ・タルガ・フローリオ などのレースで数々の伝説を残している実績がある。 フェラーリのエンブレムはイタリア語で「カヴァッリーノ・ランパンテ」と呼ばれ、後ろ足で立ち上がった「跳ね馬」がモチーフとなっている。エンブレムには長方形と盾形の2種類があり、イタリア国旗と同じ緑白赤の3色ラインが入っている。このマックはフェラー...more
カテゴリー:

お知らせ:重複記事を削除します - 07月06日(金)15:48 

[東京 6日 ロイター] - 「ヴァーレ株式買い増しも選択肢=大株主売却検討で三井物産専務」は重複のため削除します。 (大林優香 志田義寧)
カテゴリー:

もっと見る

「大株主」の画像

もっと見る

「大株主」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる