「大家志津香」とは?

関連ニュース

上白石萌歌も感動!細田守作品の音を支える高木正勝が『未来のミライ』サントラを生披露 - 07月17日(火)20:27 

『時をかける少女』(06)、『サマーウォーズ』(09)、『おおかみこどもの雨と雪』(12)、『バケモノの子』(15)と、次々と大ヒットアニメーション映画を生みだしてきた映画監督・細田守。7月20日(金)には3年ぶりとなる最新作『未来のミライ』がいよいよ公開となる。そんななか、本作のオリジナル・サウンドトラックがリリースされたことを記念し、16日にタワーレコード渋谷店にて発売記念イベントが行われ、細田監督と主演の上白石萌歌、音楽を手掛けた高木正勝が登壇した。 【写真を見る】音楽を手掛けた高木正勝がピアノを生演奏!監督リクエストの楽曲に上白石も感動/[c]2018 スタジオ地図 『未来のミライ』は甘えん坊の男の子“くんちゃん”と未来からやってきた妹“ミライちゃん”が織りなす、ちょっと変わった「きょうだい」の物語。主役の“くんちゃん”の声優を上白石が務め、細田作品常連の高木が音楽を手掛けた。イベントに集まった約150人のファンの前で3人はクロストークを展開。本作のみならず、そして細田守監督作品の音楽の魅力について大いに語った。 作曲にあたり、高木は「自分自身が弟ということもあり、(妹の)ミライちゃん目線で曲を作ることが多かった」と製作の裏側を明かした。一方、細田は「自分の世界観に合った方なので、音楽に関して特に注文はつけず、大まかなテーマをお伝えしただけ」と、すっかり信頼していた模様。 ...more
カテゴリー:

福士蒼汰&早乙女太一が池の水初参戦! 巨大ウナギ&熱帯魚軍団が棲む沖縄の池で大奮闘! - 07月15日(日)12:00 

7月22日(日)放送の「緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦 沖縄で出た出た!超巨大1.5メートル怪物ウナギ&まさかの熱帯魚軍団」(夜7:54-9:54ほか、テレビ東京系ほか)。7月9日に行われた沖縄ロケでは、福士蒼汰と早乙女太一が初参戦。レギュラーメンバーとともに、外来種駆除に奮闘する姿に密着した。 【写真を見る】素手でオオウナギと格闘する大家は… 「池の水―」は、ロンドンブーツ1号2号・田村淳とココリコ・田中直樹が、外来生物が大量発生し、困っている池の水を全部抜き、そこに潜んでいる生物を調査し、駆除をしていく番組。今回から、新レギュラーとして、前回の放送で活躍したAKB48・大家志津香も加わった。 今回の場所は、沖縄県本部町の「田空の駅 ハーソー公園」。貸農園や牧場、農産品の直売所、沖縄ならではの食材を使った食堂など、さまざまな側面を備えた複合施設。その施設内にある貯水池は、生き物がいない池だったが、いつの間にか誰かが放してしまったものが増えてしまい、さまざまな生物が棲みつくようになった。荒れた池を綺麗にすべく、静岡大学の加藤英明先生とNPO法人の久保田潤一氏、地元のボランティアスタッフも加わって、総動員で外来種駆除に挑む。 淳が池を覗くと「なんかいるじゃん!にょろにょろしている」と池に潜む謎の生物に大興奮。加藤先生から「強くつかむと噛む可能性が…」との指摘に、少しとまどってしま...more
カテゴリー:

「大家志津香」の画像

もっと見る

「大家志津香」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる