「大友康平」とは?

関連ニュース

【男子!】『ロンハー』“勘違いキャラ”狩野英孝の「50TA」新曲が大評判 - 05月27日(水)20:10  mnewsplus

2020年05月27日 18時40分 http://npn.co.jp/article/detail/200004396 5月26日放送の『ロンドンハーツ』において、収録ストックが尽きたため、過去の名作選がスタートした。 今週登場したのは、狩野英孝に仕掛けられた「50TA」ドッキリであった。 狩野はもともとストリートライブで人を集めるなど、芸人になる前はミュージシャン志望だった。 そんな彼に音楽の仕事を舞い込ませ、「50TA」として活動を始めさせる。 名前はテレビ朝日開局50周年を記念したもの。 レコード会社との打ち合わせで即興で歌を作らせる無茶振り、プロミ...
»続きを読む
カテゴリー:

狩野英孝が『ロンハー』で3年ぶりに新曲を発表!ネットでは「何コレ?すっごーい!」の大反響 - 05月27日(水)10:26 

50TAこと狩野英孝が、5月26日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)に出演。ロンドンブーツ1号2号・田村淳から「50TAの曲で、日本中を元気にしてほしい!」とドッキリで作曲を依頼された。冒頭、「ついに番組のストックが切れました」と淳が報告。その場でZOOMで狩野に連絡を取り、「4日後までに新曲を作ってもらえませんか?」と依頼したところ、さっそく曲が降ってきたという狩野は即興で「何コレ? すっごーい!」というメロディを生み出した。“メロディ工場長”の異名が未だ健在であることを証明するに相応しい50TAの新曲を紹介する前に、番組では過去の名場面をプレイバック。50TA誕生のきっかけは、12年前(2008年)のマジックメールにて、仕掛け人のグラドル・秋山莉奈とのデート中に、のちのデビュー曲となるオリジナルラブソング「涙」をプレゼントしたことから始まった。その曲が話題になり、オリジナルCD発売ドッキリが仕掛けられることに。レコード会社との打ち合わせでお題を出された狩野は、その場で「PERFECT LOVE」「インドの牛乳屋さん」の2曲のサビを作曲。裏でレコード会社スタッフが淳から指示を出されていることを知らない狩野は、スタッフの好反応に機嫌を良くする。その際、アーティスト名は50TA、意味はGo Top Artist(トップアーティストを目指す)に決定。本当の由...more
カテゴリー:

「大友康平」の画像

もっと見る

「大友康平」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる