「大倉孝二」とは?

関連ニュース

小芝風花「生きたいように生きて…」のセリフに「救われた気がする」の声『妖怪シェアハウス』最終話 - 09月20日(日)11:18 

小芝風花主演のオリジナルホラーコメディ『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)の最終話が9月19日に放送。インターネット上では、彼女のセリフを受け、前向きになったという人たちの声が多くみられた(以下、ネタバレが含まれます)。本作は、主人公の目黒澪(小芝)が直面するトラブルを“超おせっかい”な妖怪たちが次々と解決していくホラーコメディ。日に日に妖怪化が進む澪。水岡譲(味方良介)の父・衛(福田転球)から、児童文学の賞レースの締め切り日でもある9月26日までに結婚をして、人間の男と繋がるしかないと告げられた。1日に譲と原島響人(大東駿介)からプロポーズを受けた彼女は2人の間で揺れる。期日が迫る中、妖怪たちのテレパシーまで聞こえるようになった澪に、慌てたぬらりひょん(大倉孝二)たちは「どっちがいいの?」と詰め寄る。しかし、澪はどちらにも惹かれているという。そこで童子たちは天狗大王のところへ出向き、自分たちの宝物と引き換えにお守りを入手。出かける前の澪を呼び止め「必ず助けになる」と渡した。澪が外に出ると、突然カラスの大群が押し寄せ暗闇に巻き込まれる。そこで譲の助けを呼ぶ澪。譲から「俺が一生守る」と言われ、彼との結婚を決意した。一年の月日が流れ、譲との結婚生活を満喫しながらも「きっとこれでいい。これが幸せというものだ」と思い込むが、9月26日は特別な日だったことを思い出す。そ...more
カテゴリー:

小芝風花『妖怪シェアハウス』での様々な“困り顔”に視聴者「特許を!」「見てるだけで楽しい」 - 09月13日(日)11:13 

小芝風花主演のオリジナルホラーコメディ『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系、毎週土曜23:15~)の第7話が9月12日に放送。インターネット上では、小芝の“表情”や松本まりかの“奥の深いセリフ”に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。本作は、主人公の目黒澪(小芝)が直面するトラブルを“超おせっかい”な妖怪たちが次々と解決していくホラーコメディ。澪は、編集プロダクションに勤務しており、ある日のこと「(妻から)離婚を切り出されたんだ……」と職場の上司・原島響人(大東駿介)から告白され、彼との間に気まずい雰囲気が流れていた。澪は自分を変えるため、過去の不幸エピソードを並べた童話の原案を原島に見せる。すると児童文学の賞レースへ提出することを勧められた。翌朝、座敷童子(池谷のぶえ)が不在のため、朝からぬらりひょん(大倉孝二)がカレーをふるまう。一様にいつもの生活を送っているようだが、のんべ(毎熊克哉)だけは「みんな気をつけろ。座敷童子が留守の間は必ずと言っていいほど不幸が起こる」と警戒を呼びかけた。原島に手伝ってもらいながら原稿を進めていく澪。とうとう彼から離婚したことを明かされる。原島のことを思いながら一人での帰り道、どこからともなくうめき声が聞こえてきた。恐怖に包まれるが、水岡譲(味方良介)が救助に。難を逃れたものの、今度は部屋で髪の毛を引っ張られるような感覚に襲われる。部屋も揺れ...more
カテゴリー:

miwa、お神酒を注ぐ巫女役に!“白無垢姿”の小芝風花と共演「とても光栄でした」 - 09月12日(土)15:37 

どん底気弱女子・目黒澪(小芝風花)が、現代でルームシェアをしている妖怪たちと出会い、その自由で何にも縛られない姿に感化され、たくましく成長していく姿を描くホラーコメディー『妖怪シェアハウス』。本作の主題歌『DAITAN!』を歌うmiwaが、9月19日(土)放送の『妖怪シェアハウス』最終怪にカメオ出演することが決定した。実は以前、撮影現場にmiwaが表敬訪問をした際、主演の小芝から「miwaさんにぜひ、この作品に出ていただきたくて!」というお願いが。そんな小芝の熱烈ラブコールがこの度実現。最終怪のある重要なシーンで、お神酒を注ぐ巫女役となり小芝とも共演することに。これまでも映画『マエストロ!』や『君と100回目の恋』、ドラマ『紅白が生まれた日』『民王』(すべて2015)に出演経験があるmiwa。数年ぶりの演技に緊張しながらも、見事に演じた。◆ついにクライマックス!最終怪で白無垢姿の澪が登場人に言いたいことも言えず、空気ばかり読んで窮屈に生きていた澪は、クズの元彼やセクハラ&パワハラ上司などなど数々のどん底を味わって生きてきたが、妖怪たちの助けを借りながら苦難を乗り越え、その度に強くなり、心身ともにどんどん変化してきた。そんな澪が、最終怪でなんと、幸せいっぱいの白無垢姿を披露する。第六怪では、澪の上司・原島(大東駿介)への恋と失恋、そして、これまで当たりの強かった神主の水岡(味方良介)...more
カテゴリー:

人食い“鬼婆”がヤマンバギャルに!長井短演じる「山姥」、澪(小芝風花)の恋を応援<妖怪シェアハウス> - 09月05日(土)11:09 

小芝風花演じる気弱で空気ばかり読んでいた主人公・目黒澪が、超絶お節介な妖怪たちに助けられながら、その自由で縛られない姿に感化され、たくましく成長していく姿を描くホラーコメディー『妖怪シェアハウス』。これまで澪(小芝風花)は、お岩さん(松本まりか)、酒呑童子(毎熊克哉)、ぬらりひょん(大倉孝二)といった“妖怪シェアハウス”の住人のほか、お菊さん(佐津川愛美)、アマビエ(片桐仁)など、名だたる妖怪たちの力を借りて、さまざまな問題を解決してきた。そして、9月5日(土)放送の第6話では、数々の伝説が語り継がれているあの恐ろしい妖怪が、驚きのキャラクターで登場! 恋にトキメク澪の背中を押す。◆長井短、山姥を熱演!ヤマンバギャル姿のポップなキャラで登場第5話(8月29日放送)で、上司の原島響人(大東駿介)を意識する自分に気づいた澪。そんな澪の恋に絡んで、第6話のキーパーソンとなるのが、長井短演じる山姥だ。山姥と言えば、研いだ刃物を手に襲い掛かってくるおどろおどろしい老婆…というイメージが強いが、長井が扮する『妖怪シェアハウス』の山姥は、ガングロメイクに金髪、ド派手な服に身を包んだ“ヤマンバギャル”というポップなキャラクターで登場する。人間の個性や充実度を見抜けるという特殊能力を持っていて、その上で最大の魅力を引き出すビューティーアドバイザーとして、渋谷のカリスマ的存在になっているという。さらに...more
カテゴリー:

池谷のぶえ演じる座敷童子!『妖怪シェアハウス』最終話、究極の選択に悩む澪(小芝風花)を後押し - 09月19日(土)11:21 

小芝風花演じる気弱で空気ばかり読んでいた主人公・目黒澪が、超絶お節介な妖怪たちに助けられながら、その自由で縛られない姿に感化され、たくましく成長していく姿を描くホラーコメディー『妖怪シェアハウス』。これまで澪(小芝風花)は、お岩さん(松本まりか)、酒呑童子(毎熊克哉)、ぬらりひょん(大倉孝二)といった“妖怪シェアハウス”の住人のほか、お菊さん(佐津川愛美)、アマビエ(片桐仁)、山姥(長井短)、黄泉醜女(峯村リエ)など、名だたる妖怪たちの力を借りて問題を解決してきた。第7話(9月12日放送)のラストで、「“妖怪化”を阻止するためには結婚をするしかない!」とまさかの宣告を受けた澪。さらに、勤め先の上司・原島(大東駿介)と荒波神社の陰陽師・水岡(味方良介)から相次いでプロポーズを受けるという思ってもみない展開に!9月19日(土)放送の最終回では、これまで澪を一番近くで支え、励ましてきた“あの妖怪”が、究極の選択に悩む澪のためにひと肌脱ぐ。◆池谷のぶえ、弾けた演技で“大人の座敷童子”に命を吹き込む!最終話では、妖怪化が止まらない澪を救うべく、“妖怪シェアハウス”の寮母・座敷童子が奔走する。座敷童子を演じるのは池谷のぶえ。ドラマや映画でバイプレイヤーとして活躍し、コミカルからシリアスまで幅広い役どころに命を吹き込んできた演技派女優だ。本ドラマで座敷童子は毎話、“昔話タイム”のナレーターを務め...more
カテゴリー:

日本神話に伝わる鬼女が大暴れ!峯村リエ演じる「黄泉醜女」、濃厚な“大阪のおばちゃん”キャラで見参<妖怪シェアハウス> - 09月12日(土)15:52 

小芝風花演じる気弱で空気ばかり読んでいた主人公・目黒澪が、超絶お節介な妖怪たちに助けられながら、その自由で縛られない姿に感化され、たくましく成長していく姿を描くホラーコメディー『妖怪シェアハウス』。これまで澪(小芝風花)は、お岩さん(松本まりか)、酒呑童子(毎熊克哉)、ぬらりひょん(大倉孝二)といった“妖怪シェアハウス”の住人のほか、お菊さん(佐津川愛美)、アマビエ(片桐仁)、山姥(長井短)など、名だたる妖怪たちの力を借りて問題を解決してきた。9月12日(土)放送の第7話では、原島(大東駿介)の勧めで児童文学の懸賞に応募しようと意気込む澪が、 “生霊”に悩まされる。そんな澪に救いの手を差し伸べたのは、数千年の昔から神話として語られているあの伝説的な妖怪だった!◆峯村リエが“黄泉醜女”に…コテコテキャラで大暴れ!第7話で物語のカギを握るのは、古来より日本に伝わる黄泉醜女(よもつしこめ)。演じるのは、シリアスからコメディーまで幅広い役どころで魅力を発揮しているベテラン女優・峯村リエだ。本ドラマでも、振り切った演技で黄泉醜女を熱演している。黄泉醜女と言えば「恐ろしい顔をした鬼女」として知られるが、『妖怪シェアハウス』ではコテコテの関西弁でマシンガントークを繰り広げる大阪のおばちゃん…という、エキセントリックなキャラクターとして描かれている。普段は四方津志子(よもつ・しこ)の名で、“スーパ...more
カテゴリー:

どん底ヒロイン・澪(小芝風花)に人生最大の危機!“妖怪たち”もお手上げの最強の敵「生霊」が襲う - 09月08日(火)11:31 

どん底気弱女子・目黒澪(小芝風花)が、現代でルームシェアをしている妖怪たちと出会い、その自由で何にも縛られない姿に感化され、たくましく成長していく姿を描くホラーコメディー『妖怪シェアハウス』。これまで、クズの元彼やセクハラ、パワハラ上司などなど数々の強敵を前に、妖怪たちの助けを借りながら成敗して苦難を乗り越えてきた澪だが、ここに来て最大最強の敵が現れる。妖怪たちさえも怯え、手も足もでないというその敵は、なんと生霊。生霊とは、生きている人の怨霊と言われており、特定の相手に執着し祟りをもたらすなど、悪影響を与えるとされている。古典文学の『源氏物語』でも、光源氏の愛人だった六条御息所が、愛するあまりの嫉妬心から生霊となって源氏の子どもを身ごもった正妻・葵上や、恋人を呪い殺してしまう話が描かれている。それほど、恨みを抱えて生きている人間が一番恐ろしい存在なのだ。そんな生霊を演じるのは、日本のみならず韓国でも活躍する女優・藤井美菜。その涼しげで清らかな姿からは想像しがたい、恐ろしい生霊ぶりを発揮する。◆大阪のおばちゃん化したヨモツシコメ、大親友の座敷童子とデュエットそんな澪に最大の危機が訪れるなか、ゲスト妖怪としてヨモツシコメ(峯村リエ)が登場する。日本神話の『古事記』でイザナミがイザナギを捕まえるために放った刺客として、古来から日本に伝わる鬼女である黄泉醜女(ヨモツシコメ)だが、今回は想像...more
カテゴリー:

「大倉孝二」の画像

もっと見る

「大倉孝二」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる