「大久保」とは?

関連ニュース

【西郷どん】鹿賀丈史、渡辺謙とのロシアンルーレット「涙が出た」 - 05月27日(日)06:00 

 NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)で、島津家第27代当主で第10代薩摩藩主、島津斉興を演じている俳優の鹿賀丈史(67)。1990年の大河ドラマ『翔ぶが如く』では、大久保利通を演じ、西郷隆盛役の俳優・西田敏行とともに主役を務めたことでも知られている。「今回、島津斉興役のオファーをいただいた時、僕もずいぶん老けたもんだなって実感しましたけど」とちゃめっ気たっぷりに笑って、『西郷どん』について語ってくれた。 【第20回場面写真】久光(青木崇高)にあることを進言する正助(瑛太)  「オンエアを観ていますと、西田敏行さんのナレーションがいいですね。かつて西郷さんを演じた時の思いも含まれているのかな、と感じることもあって、すごく『西郷どん』を盛り上げていると思います。日本が大きく動いた時代、西郷さんを中心とした話はやっぱり面白いんですよね」と、2人で再び“幕末大河”に関われたことを喜んでいた。  第4回で“ロシアンルーレット”の末、嫡男・斉彬(渡辺謙)に家督を譲り、第5話で隠居したかと思ったら、斉彬亡き後、第17回で再び権力を握った斉興。「おとなしく隠居していればいいのに…って思いましたけど、それだけ精力的な人だったんだろうし、島津家・薩摩藩を守りたいという思いは斉彬以上にあったんじゃないでしょうか。とてもやりがいのある人物でした」と語っている。 ...more
カテゴリー:

西郷どん展開幕 東京芸大美術館 - 05月26日(土)13:00 

 東京・上野の東京芸大大学美術館で、NHK大河ドラマ特別展「西郷どん」が26日開幕する。報道陣向け公開が25日あり、大久保利通を熱演する俳優瑛太さんが駆け付けた。
カテゴリー:

歌舞伎町一流キャバ嬢について行っちゃったら… - 05月26日(土)10:00 

歌舞伎町で働く25歳の一流キャバ嬢が、5月30日放送の『家、ついて行ってイイですか?』(テレビ東京系、毎週水曜21:00~)に出演。男達を従える驚きの私生活が明らかに……。同番組は、終電を逃した人にタクシー代を払う代わりに「家、ついて行ってイイですか?」と頼み、その人の家について行く“完全素人ガチバラティ”。ビビる大木、矢作兼(おぎやはぎ)、鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)が司会を務める。今回、家について行くのは「元海上自衛隊幹部の男性」「歌舞伎町一流キャバ嬢」「離婚を後悔し続ける男性」の3人。一体どんな人生を送っているのか? 中でも、歌舞伎町で働くキャバ嬢には、意外な夢があるというのだが……。ゲストの岡田圭右(ますだおかだ)と泉里香のリアクションにも注目だ。 関連リンク 小島瑠璃子、藤田ニコルら“売れっ子”女性タレントがテレビに出続けられる理由とは? 中嶋朋子 「子役あがりだからまともに育つはずがない」と紛糾…坂上忍が深く同意 二宮和也『ビビット』初登場!国分太一「先輩と思ってないでしょ?」 大久保佳代子、サルに癒され「引くほど資産があるので養子縁...more
カテゴリー:

瑛太「ストレス感じる」大久保正助役で白髪増えた - 05月26日(土)07:01 

 瑛太(35)が25日、東京芸術大学大学美術館で開催される「NHK大河ドラマ特別展 西郷どん」(26日~7月16日)の報道内覧会に出席した。  大久保正助(利通)役で出演中。現在京都編を撮影中で、正助は西郷吉之助(隆盛)と島津久光の間で…
カテゴリー:

岡村隆史とオアシズ『めちゃイケ』25年来の仲もプライベートでは交流ナシ!? - 05月26日(土)06:00 

女性お笑いコンビ・オアシズ(光浦靖子、大久保佳代子)が、5月26日放送の『おかべろ』(カンテレ、毎週土曜14:27~ ※フジテレビでは5月29日24:25~)に出演し、酒を片手にプライベート・トーク(!?)を披露する。同番組は、テレビ局近くのダイニングバーを舞台に、常連客の岡村隆史(ナインティナイン)と店主の田村亮(ロンドンブーツ1号2号)が、有名人から“ここだけ”の話を引き出していくシチュエーショントークバラエティ。岡村とオアシズといえば、『めちゃ×2イケてるッ!』で共演し、出会いから25年という付き合いだが、のっけから「岡村の隣にどちらが座るか」という議論に。なんと、これだけ長い付き合いにもかかわらず、プライベートでの接点はほぼゼロだというのだ。岡村はプライベートで大久保に遭遇したことがあったというが「めっちゃビビった!  大久保さんがおる!  どうしよ!」と、困惑してしまったことを明かす。光浦に関しても「プライベートで話したことがない」と断言するほど。番組では、なぜこんな微妙な関係になってしまったのかが語られる!?また、オアシズと親交のある後輩芸人が登場し、二人の恋愛事情を赤裸々に暴露すると“アラフィフ&独身”という共通点を持つ、岡村と光浦、大久保に、既婚者の亮が「結婚にどこまでスイッチ入ってます?」と直球質問。すると光浦は「一番望んでいるのは、同棲!」とぶっちゃける。一方の...more
カテゴリー:

東京六大学野球:早慶戦で完全優勝目指す 慶大が連覇 - 05月26日(土)21:57 

 東京六大学野球春季リーグは26日、慶大の2季連続36回目の優勝が決まった。横浜市内の合宿所でテレビ観戦していた慶大の選手は、優勝が決まるとハイタッチや抱き合って喜んだ。大久保監督は「代が替わっての連覇は自信になる」と充実した表情を見せた。
カテゴリー:

瑛太が覚悟を持って臨んだ『友罪』 「常に少年Aのことを考えながら現場にいました」 - 05月26日(土)11:00 

かつて凶悪な事件を起こし“少年A”として報道され、世間を震撼させた14歳がいた。彼は今どのような社会生活を送っているのだろうか? 映画『友罪』は、少年Aの現在を、彼が元ジャーナリスト、益田(生田斗真)との間にささやかな友情を育むさまを通して描くフィクションだ。瑛太は、少年A=鈴木秀人として生きる青年を演じ、私たちの視線を強く引き付ける。 【写真を見る】「斗真には、僕の芝居を感じ取って大きく包み込んでもらった感触があります」と生田斗真に信頼を寄せる/(C)薬丸 岳/集英社 (C)2018映画「友罪」製作委員会 「まず、瀬々敬久監督にお会いしたときに、『オレが俳優だったら、この役は引き受けない』と言われました(笑)。それなりの覚悟を持って台本や少年Aの手記を読ませていただきました。彼がどんな幼少期を送っていたか。彼が抱えていたどうすることもできない感情に対して、自分の中に全面的な否定ができないところが出てきました。本当にこれは丁寧に演じていきたい、監督と一緒に作っていきたいというところからスタートし、撮影現場でもずっとその手記を持ち歩いて。読みながら常に彼のことをずっと抱えながら演じ、現場にいました」 決めつけがない。かといって謎のベールに包んでいるわけでもない。その間から、人間としての、生き物としての真実らしきものがふと姿を現す瞬間がある。瑛太はそれを丁寧に形にしている。 「人間とし...more
カテゴリー:

千原ジュニア、鹿児島へ!助っ人は西郷輝彦と前園真聖 - 05月26日(土)10:00 

テレビ東京系にて、5月26日(土)の18時30分より『土曜スペシャル 千原ジュニアの田舎でみやげ話を探す旅3』が放送される。同番組は、千原ジュニアが36時間、田舎で暮らす様々な人たちと触れ合いながら、“みやげ話”を探していく旅を敢行。今回の舞台は、今年の大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合)でも話題の「鹿児島県」だ。軽トラに乗り込み田畑や漁港、牧場などを巡るのだが、土地勘のないジュニアを助けるべく、地元が誇る有名人・西郷輝彦と前園真聖が参戦することに。ジュニアは、2人が紹介する友人や行きつけの店を頼りに、東京へ戻る飛行機の最終便まで、鹿児島県をぐるっと1周。一体いくつの“みやげ話”をゲットできるのか注目だ。 関連リンク 小島瑠璃子、藤田ニコルら“売れっ子”女性タレントがテレビに出続けられる理由とは? 中嶋朋子 「子役あがりだからまともに育つはずがない」と紛糾…坂上忍が深く同意 二宮和也『ビビット』初登場!国分太一「先輩と思ってないでしょ?」 大久保佳代子、サルに癒され「引くほど資産があるので養子縁組にしたい」とポロリ ...more
カテゴリー:

独身の光浦靖子と大久保佳代子、岡村隆史にマジ提案 - 05月26日(土)06:04 

 女芸人コンビ・オアシズの光浦靖子(47)、大久保佳代子(47)がカンテレのトークバラエティー「おかべろ」(関西地区は26日午後2時27分、関東地区は29日深夜0時25分)出演。司会の岡村隆史(47)とともに独身のオアシズが結婚観を語っ…
カテゴリー:

さんま、女芸人とのお泊り会で名言連発 人生を変えた家族会議の秘話も明かす - 05月26日(土)06:00 

 明石家さんまと女芸人たちが、1泊2日の箱根旅行で本音を語り合うフジテレビ系バラエティー『さんま&女芸人お泊まり会~初めて後輩に語る、62年走り続けた男の人生哲学~』が、きょう26日に放送される。オアシズ、いとうあさこ、黒沢かずこ(森三中)、しずちゃん(南海キャンディーズ)、ゆりやんレトリィバァ、ガンバレルーヤ、ブルゾンちえみといった総勢17人の女芸人と“お笑い怪獣”のさんまが、笑いあり涙ありの旅を繰り広げる。 【写真】さんまとの混浴タイミングを狙う女芸人たち  普段の姿とは裏腹に仕事、恋愛、結婚、老後などの悩みや不安を抱えた女芸人たちのストレスを解消させるべく、さんまとともに箱根旅行を敢行。ロマンスカーに乗り込んだ女芸人たちが「男として好きです」「介護してあげたい」「お母さんになってあげたい」など、謎の設定かつハイテンションすぎるトークを相次いで浴びされたさんまは、絶景が臨める特等席に座るも「景色一度も見れてへん」と嘆く。  箱根に到着すると、さんまの愛車が置いてあり、必然的に女同士による助手席争奪戦が勃発。愛車を運転することで、徐々にオフモードになっていくさんまは“国民の代表”となったことへのプレッシャー、若き日の禁断の恋など、普段語られることのない“本音”を吐露する。女芸人からの質問攻めは止まらず、「カトパンと付き合っているってほんと?」「さんまさんのお家のベッドはどん...more
カテゴリー:

もっと見る

「大久保」の画像

もっと見る

「大久保」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる