「夏川結衣」とは?

関連ニュース

【TBS】 有村架純「中学聖日記」10話新たな決断も7・3% - 12月12日(水)11:23  mnewsplus

有村架純(25)主演のTBS系ドラマ「中学聖日記」(火曜午後10時)の第10話が11日に放送され平均視聴率が7・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが12日、分かった。 視聴率は初回から6・0%、6・5%、6・2%、5・4%、6・5%、7・0%、6・3%、7・5%、7・8%だった。 仏在住の漫画家・かわかみじゅんこ氏が女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中の同名漫画が原作。片田舎の中学校を舞台に長年の夢をかなえ、中学校の教師になった有村演じる末永聖が赴任先で不思議な魅力をもった岡田健史演じる中学3年生の...
»続きを読む
カテゴリー:

岸谷五朗、岡田健史の父親役で『中学聖日記』出演「芝居をしていて初めての特別な出会い」 - 11月30日(金)17:05 

岸谷五朗が、12月4日に放送される有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第9話に出演することがわかった。晶(岡田健史)の父親・島崎康介を演じる。岸谷がTBSの連続ドラマに出演するのは、2013年放送の『ぴんとこな』以来、約5年ぶりとなる。本作は、「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中のかわかみじゅんこの同名漫画を原作に、有村演じる女教師の末永聖と、勤務先の中学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の少年・黒岩晶との“禁断の純愛”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリー。第8話では、過去を振り切り、小宮第一小学校で教師として新たな生活を送っていた聖の前に、晶の母親・愛子(夏川結衣)が現れる。さらに、晶との3年前の事件が保護者に知れ渡ってしまい、聖は真実を告白。担任のクラスからはずれた聖は、晶と再会。父を探すため家を出て一人フェリーに乗り込んだ晶を放っておけず、フェリーに飛び乗るのだった。岸谷が演じる康介は、家具職人で、愛子とは晶が5歳のときに離婚。その後バリ島で暮らしていたが帰国し、とある島で家具を作っていた。別れてからも晶に対しての愛情は変わることはなく、愛子に手紙を送り続けていた。そして、手紙を頼りに島へやって来た晶と13年ぶりの再会を果たす。岸谷は、康介を演じるにあたり、「職人であること、愛子と別れてしまった理由、そして島の男らしいおお...more
カテゴリー:

有村架純演じる聖「教師としてではなく好き…」晶への真剣な思い伝えるも再び四面楚歌に!?『中学聖日記』 - 12月10日(月)17:18 

有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第10話が、12月11日に放送される。本作は、「FEEL YOUNG」(祥伝社)で連載中のかわかみじゅんこの同名漫画を原作に、有村演じる女教師の末永聖と、勤務先の中学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の少年・黒岩晶(岡田健史)との“禁断の純愛”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリー。第9話で、晶は聖とともに、父・島崎康介(岸谷五朗)を探しに山江島に行く。そこで非日常のひとときを過ごしながら、聖は晶にこれまで起きたことや胸の内を明かす。そして、初めて聖から思いを伝え、気持ちが通じ合った。しかしその頃、晶の母・愛子(夏川結衣)は、聖の実家を尋ねて、里美(中嶋朋子)に「娘さんのことでお話があります」と告げる。<第10話あらすじ>キャンプ場で一晩2人きりの時間を過ごし、ついに思いが通じ合った聖と晶。島を出る日、晶は愛子に連絡を取るが、メッセージを受け取った愛子の表情は、何かを感じたのか曇ったままだった。東京の港へ戻ると、聖を迎えたのは聖の母・里美だった。里美が聖の言葉に耳を傾けることなく、聖と晶は再び引き離されてしまう。翌日、改めて2人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて謝ろうとするが、意を決した聖は晶に対する思いを愛子に正直に告げるも、愛子から思わぬ言葉を投げかけられる。一方、晶は将来的に自立し聖との関...more
カテゴリー:

岸谷五朗、岡田健史の父親役に起用 『中学聖日記』出演に運命的な理由「神様がやれって言っている」 - 11月28日(水)10:00 

 俳優の岸谷五朗が、12月4日放送のTBS系連続ドラマ『中学聖日記』(毎週火曜 後10:00)第9話に出演することがわかった。岸谷は岡田健史演じる晶の父・島崎康介役に起用。晶とは13年ぶりの再会を果たすという役どころだ。オファーを受けた理由について岸谷は「この作品は神様がやれって言っている出会いだなと思いました」「こんなにも特別な出会いをした役はこれまで芝居をしてきた中でも初めて」というほど、運命的な導きがあったことを明かした。 【別カット】離婚後も晶のことを思い続けていた父・島崎康介役の岸谷五朗  岸谷演じる康介は家具職人で、妻の愛子(夏川結衣)とは晶が5才のときに離婚。その後バリ島で暮らしていたが帰国し、とある島で家具を作っていた。晶に対しては離れてから13年の間、会いたいという気持ちは変わらず、愛子に手紙を送り続けていた。そして今回、手紙の内容を頼りに島へやってきた晶と再会する…。  オファーをされる以前に初めてバリ島に赴いたという岸谷は「家具が面白いものが多いので見てたんです。そしたら事務所から『こういう役のお話がきています』と連絡があって。それが『バリ島で家具を作っている男』という康介の役。誰か今の僕を見てるんじゃないかと思いましたね(笑)」と偶然の一致に驚き。「1話から作品を見させていただいたらバリの家具が出てきていて、康介の影がずっとあったので運命的だなとも思い...more
カテゴリー:

「夏川結衣」の画像

もっと見る

「夏川結衣」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる