「変革期」とは?

関連ニュース

日本医師会会長 横倉氏が4選 - 06月24日(日)21:07  newsplus

日本医師会の会長選挙が23日に行われ、現職の横倉義武氏が4選を果たしました。 日本医師会は23日、東京・文京区で代議員会を開き、任期満了に伴う会長選挙を行いました。 会長選挙には現職の横倉義武氏(73)と奈良県医師会の前会長の塩見俊次氏(68)の2人が立候補し、欠席した1人を除く、367人の代議員による投票が行われました。 その結果、横倉氏が328票、塩見氏が19票、白票が19票、無効票が1票で、横倉氏の4選が決まりました。 横倉氏は73歳。福岡県内の病院の理事長で、6年前から3期連続で会長を務め、現在は日本...
»続きを読む
カテゴリー:

【Bizクリニック】営業用・自家用トラックの統合管理へ - 06月19日(火)05:00 

□イーソーコグループ会長・大谷巌一物流業界が大きく変わる。背景には100年に一度の変革期といわれ、注目を集めるMaaS(MobilityasaService)が…
カテゴリー:

トヨタ 大変革期「生き抜く強さ必要」 - 06月15日(金)06:15 

 自動車業界をめぐっては、車両の電動化や自動運転技術の進展に伴う大変革期にある。トヨタ自動車は、相談役・顧問などの名誉職を大幅に削減することによるコーポレートガバナンス(企業統治)の強化や、外部企業との連携で生き残りを目指す。
カテゴリー:

【ビジネス】トヨタ株主総会“競争力強化を” - 06月14日(木)23:36  newsplus

◆トヨタ株主総会“競争力強化を” トヨタ自動車の株主総会が、14日、愛知県豊田市の本社で開かれ、豊田章男社長は自動車産業が大きな変革期を迎える中、業務の改善や原価低減などで競争力を強化していく考えを強調しました。 トヨタの株主総会は午前10時から豊田市の本社で始まり、これまでで最も多い5258人の株主が出席しました。 総会では、昨年度の決算などについて報告が行われた後、株主から「自動車産業はさまざまな課題に直面しているが、トヨタとして、50年後100年後に何を実現したいのか」という質問が出されま...
»続きを読む
カテゴリー:

グループの総力結集し、未来生き抜く=株主総会でトヨタ社長 - 06月14日(木)14:52 

[豊田市(愛知県) 14日 ロイター] - トヨタ自動車は14日、愛知県豊田市の本社で定時株主総会を開いた。自動車産業が100年に1度の大変革期にある中、豊田章男社長は「グループ全体で競争力を強化しなければ、未来はない」と語り、「株主の皆さまと将来のモビリティー社会を築きたい」と述べた。
カテゴリー:

「優良地銀」の看板にチヤホヤされて...... スルガ銀行が凋落したワケ!?(大関暁夫) - 06月23日(土)09:00 

地方銀行のスルガ銀行で、サブリースローンと言われる不動産投資融資に端を発し、リスクの高い融資案件が内部不正により大量に審査を通していたなど、組織ぐるみの不正行為が明らかになり、問題化しています。 スルガ銀行といえば、マイナス金利に喘ぐ地方銀行界にあって、独自のビジネスモデルで高い収益を上げ監督官庁である金融庁からも「優良地銀」の手本のように持ち上げられてきた銀行です。貸出金利が比較的高い個人ローンの残高を伸ばすことで地銀ナンバーワンと言われる収益を稼ぎ、「優良地銀」の地位を築いてきたのです。常識では考えられない現象の裏にある「心理」 不正のメカニズムはじつに簡単です。順調に収益を積み上げることで、収益ナンバーワン地銀の地位を確固たるものにし金融庁の「おぼえ」もますますよくしたい。そんな思いから収益増強というトップの大号令が、無条件に部下たちを高収益融資実行に向かわせ、書類改ざんなどによるザル審査状態をつくり上げたと言えそうです。 この手の組織ぐるみ不正の問題、特に大手企業で業種を問わず続発しているように思えます。たとえば、東芝の不正会計やタカタのエアバック事故問題。どちらもスルガ銀行のケースと同じく、本来はやってはいけない対応をしていたり、やるべき対応を怠っていたりすることで、最終的に経営を揺るがすような大問題に発展すること至ってしまうのです。 これらの常識では考えられない現象の裏...more
カテゴリー:

気鋭プロデューサーが語るオープンイノベーションの極意 - 06月18日(月)10:40 

 学生時代、テクノロジーの可能性に魅せられた西村真里子氏。IBMでエンジニア、Adobe Systemsでマーケターなど、多様なキャリアを経た後、2014年に「HEART CATCH」を立ち上げ、国内外のテクノロジーを軸に新しい価値や体験を生み出すコンサルティング・プロデュース事業などを手がけている。テクノロジーの進化は加速していくばかり。エンタテインメント業界はもちろん、各業界ではテクノロジーをどのように取り入れ、また向き合っていきべきだろうか。西村氏にそのヒントや心得を尋ねた。 【写真】気鋭P・西村氏のファッションをチェック! 全身ショット ◆異なる領域の才能やアイデアをつなぐハブになる ――3月まで編集長を務めておられたwebメディア『SENSORS』では、テクノロジーを起点にしたさまざまな動きを紹介し続けながらイベントも盛んに開催し、エンタメ業界にも多くのヒントを与えていたと思います。一方で、一般企業などに向けた研修やワークショップなどを手がけ、マーケティング系メディアにも寄稿するなど、多彩な動きをなさっている。ご自身ではいわゆる本業をなんだと定義しているのでしょうか。 【西村】 一見、やっていることはあれこれ幅広く見えるのかもしれませんが、あくまでテクノロジーを軸に、デザインやマーケティングの力などを効果的に組み合わせて、いかに楽しくて新しい価値や体験を生み出せるか...more
カテゴリー:

トヨタ株主総会で垣間見た章男社長の「余裕」 出席者は過去最多、EVや自動運転に質問集中 | 経営 | 東洋経済オンライン - 06月15日(金)06:00 

「自動車業界は100年に1度の大変革期を迎えている。将来のモビリティ社会を株主とともに築きたい」。6月14…
カテゴリー:

トヨタ、名誉職の大幅削減で統治力強化 「院政の弊害」投資家も問題視 - 06月14日(木)22:07 

 トヨタ自動車が相談役・顧問など名誉職の大幅削減に踏み切るのは、車両の電動化や自動運転技術の進展に伴う業界の大変革期を乗り切るためにも、コーポレートガバナンス(企業統治)を強化する必要があるという判断からだ。14日の株主総会で豊田章男社長はトヨタグループの結束を訴えた。変革期への危機感に背中を押されるなか、外部企業との連携を積極化させるなどして総力戦で臨む構えだ。
カテゴリー:

「100年後も生き抜く」トヨタ株主総会で豊田章男社長 - 06月14日(木)13:02 

 トヨタ自動車は14日、愛知県豊田市の本社で定時株主総会を開いた。豊田章男社長は自動車産業は100年に一度の大変革期として「100年後にクルマの形や役割が変わっても、強みを生かして生き抜きたい。株主の皆さまと共に将来のモビリティー(乗り物)社会を築く」と語った。
カテゴリー:

もっと見る

「変革期」の画像

もっと見る

「変革期」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる