「墜落事故」とは?

関連ニュース

フェリー粟国、8~9月に増便 航空路線運休で - 07月19日(木)11:27 

 【粟国】沖縄県の粟国港と泊港を1日1往復しているフェリー粟国が、8月から月曜と金曜に1日2往復する。第一航空の沖縄撤退とエクセル航空のヘリ墜落事故により那覇―粟国間を結ぶ航空路線がないことから、村民からフェリーの増便を望む声が上がっていた。  新しい運航スケジュールでは、月曜と金曜は、旧盆中を除...
カテゴリー:

台湾でアパッチ部隊の編成が完了 - 07月17日(火)20:28  news

【台北=田中靖人】台湾の陸軍で米国から購入した最新型攻撃ヘリAH64E「アパッチ・ガーディアン」の部隊編成が完了し17日、北西部・桃園市で式典が行われた。 AH64Eは、米ブッシュ(子)政権が2008年に30機の売却を決定。 13年11月から台湾への引き渡しが始まり、14年10月に完了した。 この日は、墜落事故で失った1機を除く29機が、訓練を経て部隊としての作戦能力(FOC)を獲得したとして、蔡英文総統が出席して式典を開いた。 蔡氏は「陸軍航空部隊は軍の主力の一つだ。この部隊を世界一流に...
»続きを読む
カテゴリー:

小型機墜落事故 運輸安全委の調査開始 水戸 - 07月15日(日)15:47 

14日、水戸市で「ライトプレーン」と呼ばれる小型の航空機が墜落し操縦していた男性が死亡した事故を受けて国の運輸安全委員会による調査が始まり、調査官が墜落した機体の破損状況などを確認しました。
カテゴリー:

日航機事故遺族ら啓発施設訪問 安全な社会実現へ、思いを確認 - 07月14日(土)18:35 

520人が亡くなった1985年8月の日航ジャンボ機墜落事故から33年となるのを前に、事故の遺族らは14日、日航が教...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

どうして事故頻発?中国機J-15、専門家「飛ばない試作機の改造だから」 - 07月13日(金)14:32 

中国人民解放軍の艦上戦闘機・殲(セン)15は、欠陥による墜落事故を頻発させている。ロシアのメディアの取材に答えた専門家は、中国が、ロシア戦闘機の安価な試作機をウクライナを経由して購入し、これをベースに開発した模造品であるためだと指摘した。同時に、中国軍は時間と費用をかけて信頼できる艦上機を製造してくるだろうと分析している。
カテゴリー:

日航機事故遺族、夫への思い歌に 「幸せなときありがとう」 - 07月18日(水)17:53 

1985年の日航ジャンボ機墜落事故で夫を亡くした大阪府箕面市の谷口真知子さん(70)が、悲しみを乗り越えた自身の経...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

日航機墜落事故から33年 - 07月17日(火)07:12  news

520人が亡くなった1985年8月の日航ジャンボ機墜落事故から33年となるのを前に、 事故の遺族らは14日、日航が教訓を継承する目的で羽田空港に設けている 「安全啓発センター」を訪れた。94年の名古屋空港の中華航空機墜落事故や 2014年の御嶽山噴火の遺族らも参加し、安全な社会の実現に向けた思いを確認し合った。  センターには、事故機の垂直尾翼などの部品や亡くなった乗客の遺品が 展示されており、日航の担当者が当時の状況を説明。参加者も、機長が 「アンコントローラブル」と口にする無線記録などの...
»続きを読む
カテゴリー:

【そういう時期】 日航ジャンボ機が墜落して520人が亡くなった夏から33年 助かる道はあったのか - 07月14日(土)23:55  poverty

日航機事故遺族ら啓発施設訪問 安全な社会実現へ、思いを確認  520人が亡くなった1985年8月の日航ジャンボ機墜落事故から33年となるのを前に、 事故の遺族らは14日、日航が教訓を継承する目的で羽田空港に設けている「安全啓発センター」を訪れた。  94年の名古屋空港の中華航空機墜落事故や2014年の御嶽山噴火の遺族らも参加し、 安全な社会の実現に向けた思いを確認し合った。 <略> 参加者も、機長が「アンコントローラブル」と口にする無線記録などの説明に沈痛な表情で聞き入った。 全文はうぇbで https://thi...
»続きを読む
カテゴリー:

どうして事故頻発?中国機J-15、専門家「飛ばない試作機の改造だから」 - 07月13日(金)15:23 

中国人民解放軍の艦上戦闘機・殲(セン)15は、欠陥による墜落事故を頻発させている。
カテゴリー:

ぴあ映画初日満足度ランキング 大正末期を舞台にした映画が人気 - 07月10日(火)12:14 

 ぴあ映画生活(東京)は、7月6日、7日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表した。 それによると、第1位は、関東大震災後の大正時代末期を舞台に、女相撲興行の力士たちと、理想世界を夢見る若きアナキストたちとの出会いを軸に、混沌とした時代に生きる庶民の姿を描く『菊とギロチン』。観た人の中からは「力を持たない弱い人たちが強い者に立ち向かっていく大切さを感じた」などの声が出るなど、感動したという人が多かった。 第2位は、訳アリ物件へ引っ越し、物件を浄化しているヒロインが、幽霊たちの悩み解決に奔走する姿を描く池田エライザ主演の『ルームロンダリング』。 第3位は、水野美波の同名少女マンガをGENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於、中川大志、高杉真宙、横浜流星ら若手俳優で実写映画化した『虹色デイズ』だった。************************************1位『菊とギロチン』92.0点2位『ルームロンダリング』91.4点3位『虹色デイズ』90.8点4位『君が君で君だ』90.0点5位『スウィンダラーズ』88.7点5位『アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~』88.7点7位『わがチーム、墜落事故からの復活』87.5点8位『セラヴィ!』84.6点9位『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』81.2点10位『エヴァ』76.7点(7月7日ぴあ調べ)*...more
カテゴリー:

もっと見る

「墜落事故」の画像

もっと見る

「墜落事故」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる