「増田光桜」とは?

関連ニュース

明日のなつぞら:9月23日 第151回 富士子、上京 泰樹が元気がな… - 09月22日(日)08:15 

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(総合、月~土曜午前8時ほか)は最終第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」を放送。9月23日の第151回では、小学校に入学する優(増田光桜…
カテゴリー:

来週のなつぞら:最終第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」 1975年… - 09月21日(土)08:15 

 広瀬すずさん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」(総合、月~土曜午前8時ほか)は、9月23日から最終第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」に入る。優(増田光桜ちゃん)の入学式があった19…
カテゴリー:

なつ、故郷の十勝をアニメに 「なつぞら」第24週見どころ - 09月08日(日)08:00 

 NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・0)。戦災孤児の主人公・なつ(広瀬すず)が北海道・十勝で酪農を営む柴田一家に引き取られて育ち、上京して草創期のアニメーションの世界に飛び込んでいく物語。第23週では、なつは、演出家の夫・坂場(中川大志)に「一緒にテレビ漫画をつくろう」と誘われるが、決められずにいた。夏が過ぎ、十勝に帰省したなつ。若くして亡くなった、友人で画家の山田天陽(吉沢亮)が残した思いや、娘・優(増田光桜)の言葉に背中を押され、坂場とテレビ漫画を作ることを決意。東京に戻ったなつは、これまで育ててもらった東洋動画の作画課長・仲努(井浦新)に「東洋動画を辞めたい」と告げた。
カテゴリー:

放送無事終了も柴田家で…/なつぞら最終週あらすじ - 09月21日(土)08:15 

NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜、午前8時15分)も、いよいよラストの第26週(23~28日)を迎えます。そこで気になるあらすじを紹介します。 優(増田光桜)の入学式が行われた1975年春、なつ(広瀬すず)の仕事は佳境を迎えて…
カテゴリー:

大泉洋が最終週に登場!広瀬すず演じるなつ、アニメーション制作は佳境に『なつぞら』 - 09月20日(金)15:04 

広瀬すずがヒロインを務める『連続テレビ小説 なつぞら』(NHK総合、毎週月~土曜8:00~)。9月23日から、最終週となる第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」が放送される。この最終週には、北海道出身の大泉洋が“北海道と深いゆかりのある役”で登場するとあって注目もひとしおだ。NHK連続テレビ小説100作目にあたる同ドラマは、大森寿美男によるオリジナル作品。戦争で両親を失い、北海道・十勝の大自然の中で育った少女・なつ(広瀬)が、高校卒業後に上京し、当時草創期を迎えていたアニメーション業界へ。アニメーターとして、大自然の中で育まれたみずみずしい感性を発揮していく様子を描いていくストーリー。小学校に入学する優(増田光桜)のため富士子(松嶋菜々子)が上京してきた。なつが優の入学の準備をしていると、富士子が最近、泰樹(草刈正雄)が元気がないとぽつりと話す。一方、なつたちのアニメーション制作は佳境を迎え、マコプロでは皆寝不足と疲労と闘いながら必死に制作し、なつと坂場(中川大志)の机の上も仕事が山積みでだった。『大草原の少女ソラ』は人気番組となったものの、放送ギリギリの制作が続き、麻子(貫地谷しほり)はテレビ局からの催促に頭を悩ませる。ある日、雨の中運ばれてきた動画がぬれてしまうトラブルに見舞われるが、坂場たちの意欲は衰えない。放送は無事終わり、なつは千遥(清原果耶)と北海道にやってきた。翌日、季...more
カテゴリー:

【朝ドラ】「なつぞら」“天陽くんロス”広がる ネット号泣「朝から涙が止まりません」「美しい人は終わりも美しい」 - 09月03日(火)10:07  mnewsplus

NHK連続テレビ小説「なつぞら」(月~土曜前8・00)の第134話が3日に放送され、俳優の吉沢亮(25)が好演した画家・山田天陽が36年の短い生涯に幕を閉じた。ヒロイン・奥原なつ(広瀬すず)が恋心を抱き、絵心を教えられるなど、なつの人生に多大な影響を与えた人気キャラクターの最期に、インターネット上は号泣とショックの嵐。瞬く間に“天陽ロス”が広がった。  節目の朝ドラ通算100作目。大河ドラマ「風林火山」や「64」「精霊の守り人」「フランケンシュタインの恋」、映画「39 刑法第三十九条」「風が強く吹いている」などで知...
»続きを読む
カテゴリー:

「増田光桜」の画像

もっと見る

「増田光桜」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる