「塩対応」とは?

関連ニュース

「赤ちゃんはどうやってできるの?」子どものドキッとする質問への答え方 - 06月23日(土)21:00 

© japolia- stock.adobe.com「あれは?」「これは何?」と、子どもの興味は本当につきることがないですよね。でも、なかには、どう答えればいいのか悩んでしまう…という質問も少なくありません。そのひとつが「赤ちゃんはどうやってできるの?」と、そこから派生する質問ではないでしょうか。答えてあげたいけれど、どう説明したら良いのだろう…。今回は、具体的な子どもからの質問を例にあげて、最良と思われる答えを、幼稚園「りんごの木 子どもクラブ」代表の柴田愛子先生にうかがいました。お話をうかがったのは…「りんごの木 子どもクラブ」代表 柴田愛子先生「子どもの心により添う保育」をモットーにした「りんごの木 子どもクラブ」代表。絵本作家。 保育者。育児書の執筆、雑誌への寄稿だけでなく全国で保育者向けセミナーや母親向け講演会をおこない支持を得る。NHK『すくすく子育て』出演。園で行っている「子ども達のミーティング」はテレビ・映画で取り上げられ「子どもの力を最大限に引き出している」と話題に。■赤ちゃんは「できる・つくる」ではなく「授かる」もの「どういう子に育てたいか」ではなく「子どもはどう育とうとしているのか」を見ることが大事、と考えている保育のプロ、柴田先生に、子どもの答えにくい質問への応じ方、親としての気持ちの在り方などを教えてもらいました。――よろしくお願いします。早速ですが息子が...more
カテゴリー:

大泉洋「私は渥美清の生まれ変わり」発言に安住アナ塩対応 - 06月23日(土)10:00 

俳優の大泉洋が、6月22日に放送された『ぴったんこカン・カン』(TBS系、毎週金曜20:00~)に出演。同番組11回目の出演となるだけに、気心の知れたMCの安住紳一郎アナウンサーと軽快なトークを繰り…
カテゴリー:

そっけなさがいい。塩対応女子の特徴とモテる理由 - 06月11日(月)15:00 

最近よく聞く「塩対応」という表現。自身が「塩対応女子だな」と自覚している女性もいるのではないでしょうか。また、周囲に「塩対応」なのにモテる女性がいて、不思議に思ったりしませんか? そこで今回は「塩対応」の定義や、男性アンケートをもとに塩対応女子の魅力を探ります。 ■塩対応の意味とは? 「塩対応」の“塩”の由来は、「しょっぱい=残念な」とされています。つまり、そっけなくてつまらない、残念なものごとを「しょっぱい」と表していた様子。そこから「塩対応」もしょっぱい(残念な、そっけない対応のことを指す)となったようです。あるアイドルの握手会で、ファンへの対応がクールでそっけない「塩対応」として注目されましたね。ちなみに「塩対応」の対義語は「神対応」だそうです。 ■塩対応女子の特徴とモテる理由 男性が考える「塩対応」な女性とは、どんな特徴があるのでしょうか? また、そんな「塩対応女子」のどんなところに魅力を感じるのか、男性たちに聞いてみました。 ◇塩対応女子の特徴 ☆笑顔がない ・「笑顔が少なく笑っても半笑い止まり」(35歳/その他/販売職・サービス系) ・「笑顔がなくて無愛想。リアクションがない」(22歳/自動車関連/技術職) ☆そっけない ・「そっけない言動をとりがちな女性」(35歳/その他/その他) ・「会話がそっけなくてひと言で終わってしまう」(37歳/金融・証...more
カテゴリー:

大泉洋「私は渥美清の生まれ変わり」発言に安住アナ塩対応 - 06月23日(土)10:01 

俳優の大泉洋が、6月22日に放送された『ぴったんこカン・カン』(TBS系、毎週金曜20:00~)に出演。同番組11回目の出演となるだけに、気心の知れたMCの安住紳一郎アナウンサーと軽快なトークを繰り広げた。今回、6月25日(月)に放送される主演ドラマ『あにいもうと』(TBS系、20:00~)のプロモーション活動をするため同番組に出演した大泉。安住アナが「今回はずいぶんと謙虚に宣伝活動をされているそうで」とチクリと言うと大泉は大笑い。『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)のプロデューサーでも知られる石井ふく子さんが携わっているということもあり、より宣伝に気合いが入っていることを伝えた。同ドラマは、1972年に渥美清が主演を務めた作品。大泉は「運命的なものを感じましたよ。(ドラマが放送された)1年後に『あにいもうと』をリメイクする男(大泉)が生まれた。私は渥美清の生まれ変わりと言ってもいい」と発言するも、すぐさま「(渥美さんが)72年に亡くなったわけではないけど」と訂正した。また、演出を務めた清弘誠監督からこっそり教えてもらったことがあるそうで、「(脚本の)山田洋次さんが、“大泉さんの本読みを聞いて渥美清さんに初めて会った時のことを思い出した”って(言っていたらしい)」とドヤ顔で自慢。しかし安住アナはノーリアクション。たまらなくなった大泉は「ずいぶんと響かないですね」と残念そうにツッコんだ...more
カテゴリー:

大泉洋「私は渥美清の生まれ変わり」発言に安住アナ塩対応 - 06月23日(土)10:00 

俳優の大泉洋が、6月22日に放送された『ぴったんこカン・カン』(TBS系、毎週金曜20:00~)に出演。同番組11回目の出演となるだけに、気心の知れたMCの安住紳一郎アナウンサーと軽快なトークを繰り広げた。今回、6月25日(月)に放送される主演ドラマ『あにいもうと』(TBS系、20:00~)のプロモーション活動をするため同番組に出演した大泉。安住アナが「今回はずいぶんと謙虚に宣伝活動をされているそうで」とチクリと言うと大泉は大笑い。『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)のプロデューサーでも知られる石井ふく子さんが携わっているということもあり、より宣伝に気合いが入っていることを伝えた。同ドラマは、1972年に渥美清が主演を務めた作品。大泉は「運命的なものを感じましたよ。(ドラマが放送された)1年後に『あにいもうと』をリメイクする男(大泉)が生まれた。私は渥美清の生まれ変わりと言ってもいい」と発言するも、すぐさま「(渥美さんが)72年に亡くなったわけではないけど」と訂正した。また、演出を務めた清弘誠監督からこっそり教えてもらったことがあるそうで、「(脚本の)山田洋次さんが、“大泉さんの本読みを聞いて渥美清さんに初めて会った時のことを思い出した”って(言っていたらしい)」とドヤ顔で自慢。しかし安住アナはノーリアクション。たまらなくなった大泉は「ずいぶんと響かないですね」と残念そうにツッコんだ...more
カテゴリー:

友近が明かす黒柳徹子VS水谷千重子「ん?」連発にスタジオ騒然 - 06月11日(月)09:30 

6月10日放送の「日曜もアメトーーク!2時間拡大版」(テレビ朝日系)で、「徹子の部屋芸人」として集まった面々が経験談や苦悩を語る場面があった。 【写真を見る】「徹子の部屋」未経験の千鳥/2013年ザテレビジョン撮影 国民的長寿番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)への出演は、芸能人にとって名誉といえることだが、一方では黒柳徹子が芸人たちに時折見せる“塩対応”も注目を集めている。 「徹子の部屋芸人」としてスタジオに登場したトシ(タカアンドトシ)は、「(われわれは)心をへし折られた芸人たち」と自虐的に表現する。 友近は、演歌歌手・水谷千重子が出演した際、黒柳と水谷の会話を「けんか」だったとキッパリ。 スタジオでその時のVTRを見返すと、友近が出演した部分では和気あいあいとトークが進行していたが、水谷が登場すると会話の雰囲気が一変。 黒柳が真顔で「面白くないものをお目にかけて皆さまに申し訳ない」と話したり、トークを続けようとする水谷を「もういいです」と黒柳が突き放したり、水谷の発言に対して「ん?」を連発したり、スタジオは騒然となる瞬間も。 友近は自身の反省も交えながら「安心感のない笑いに対しては警戒される」と、水谷のが黒柳に拒絶された原因を分析した。 まだ「徹子の部屋」に出演したことがない千鳥は友近らの体験談に耳を傾けていたが、恐怖体験の数々に大悟が「出んとくわ!」とぼやく場面もあった。 S...more
カテゴリー:

「塩対応」の画像

もっと見る

「塩対応」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる