「堤幸彦」とは?

関連ニュース

玉木宏と結婚の木南晴夏 名脇役目指すようになった大きな転機 - 06月22日(金)17:08 

玉木宏(38)と木南晴夏(32)が結婚する。6月21日、双方の所属事務所が認めた。   2人は約8年前に知り合い、昨年4月放送のフジテレビ系スペシャルドラマ「女の勲章」の撮影を通じて交際へと発展。次第に結婚を意識するようになっていったという。   「『女の勲章』はこれまでも映像化されている作品。木南さんは61年の映画版で中村玉緒さん、76年のドラマ版で沢田雅美さんが演じたクセの強い役を演じました。しかし、2人と比べても劣らないほどの熱演ぶり。過去作品を知る年配の視聴者をうならせました。すでに名脇役のポジションを確立していますね」(テレビ局関係者)   木南は放送中のTBS系ドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」に出演。杉咲花(20)演じるヒロインのバイト仲間を演じている。   また近年は「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」、「海月姫」(フジテレビ系)、「せいせいするほど、愛してる」(TBS系)、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(テレビ東京系)などの話題作に出演してきた。   今後もオファーが途切れることはなさそうだが、そこに至るまでには女優としての大きな転機があったという。   「女優になりたてのころは主演を目指してオーディションを受けまくるも、回ってくるのは『主人公の友達役』ばかり。挫折...more
カテゴリー:

上川隆也らキャスト陣、堤幸彦の激しい演出にヤル気十分 舞台「魔界転生」 - 06月20日(水)10:24 

上川隆也が主演し、堤幸彦が演出を手がける舞台「魔界転生(まかいてんしょう)」の製作発表会見が6月19日に都内で行われ、上川をはじめ、溝端淳平、高岡早紀、浅野ゆう子、松平健ら総勢14名の俳優陣と、演出の堤、脚本を手がけるマキノノゾミが出席した。
カテゴリー:

上川隆也、『魔界転生』主演に覚悟「ムチャクチャにしてやろうと思う」 - 06月19日(火)19:34 

 俳優の上川隆也が19日、都内で行われた日本テレビ開局65年記念舞台『魔界転生(まかいてんしょう)』の製作発表会見に出席。「ムチャクチャしないと『魔界転生』はできない。ですので、覚悟して受けたお仕事。ムチャクチャにしてやろうと思う」と意気込みを熱く語った。【写真】日本テレビ開局65年記念舞台『魔界転生』製作発表会見フォトギャラリー 同作は、山田風太郎の同名伝奇小説を原作とするアクション・エンターテインメント時代劇。歴史上の剣豪たちが時空を超えて甦り、現世での怨念を晴らすべく、徳川幕府と対峙するさまを描く。 会見には上川のほか、溝端淳平、高岡早紀、村井良大、松田凌、玉城裕規、木村達成、猪塚健太、栗山航、丸山敦史、山口馬木也、藤本隆宏、浅野ゆう子、松平健、マキノノゾミ(脚本)、堤幸彦(演出)が出席した。 主演・柳生十兵衛役の上川は「足を運んだ方々が、この平成最後の秋を思い返したときに『あのお芝居、素敵だったね』と思ってもらえる舞台を作り上げたい」と挨拶。本作は演者への負荷が高くて「大変」「ムチャクチャ」だと繰り返す堤やマキノの言葉を受けて、「ムチャクチャしないと『魔界転生』はできない。ですので、覚悟して受けたお仕事。ムチャクチャにしてやろうと思う」とやる気をにじませた。 天草四郎に扮する溝端は「不安と期待が両方」と心境を吐露。それでも上川のように「宙吊りにされようが、地べたを這いずり回...more
カテゴリー:

上川隆也、主演舞台『魔界転生』で「むちゃくちゃにしようと思っている」 - 06月19日(火)16:30 

10月6日から公演される日本テレビ開局65年記念舞台『魔界転生』の制作発表会見が19日、都内で行われ、上川隆也、溝端淳平、高岡早紀、浅野ゆう子、松平健、脚本家のマキノノゾミ、演出の堤幸彦らが出席した。
カテゴリー:

溝端淳平:天草四郎役に“ジュリー”のプレッシャー 「意識するのもおこ… - 06月19日(火)13:22 

 日本テレビ開局65年記念舞台「魔界転生(まかいてんしょう)」の製作発表会見が19日、東京都内で行われ、天草四郎役の溝端淳平さん、演出の堤幸彦さんらが登場した。溝端さんは、深作欣二監督の映画版で天草…
カテゴリー:

堤幸彦×マキノノゾミ 舞台『魔界転生』に2.5次元作品で活躍する若手俳優も参戦! - 06月22日(金)09:30 

演出・堤幸彦、脚本・マキノノゾミで2014年に舞台化、2016年には映画化された『真田十勇士』の強力タッグ再び! この秋、山田風太郎先生の人気伝奇小説『魔界転生(まかいてんしょう)』が日本テレビ開局65年記念舞台として上演されることが決定。メインキャストが揃い、製作発表会見が行われました。 主演は柳生十兵衛を演じる上川隆也さん、敵対する天草四郎を溝端淳平さんが演じます。 そして、十兵衛の父親・柳生宗矩を松平健さん、原作などには登場しませんが、魔界から転生する怨念にまみれた淀殿を浅野ゆう子さんが演じるなど、そうそうたる大御所俳優が並ぶ中、2.5次元舞台で活躍してきた若手俳優たちも参戦! ※すべての画像が表示されない場合はOtajoからご覧ください。 https://otajo.jp/72666 『真田十勇士』から引き続き出演する村井良大さん、栗山航さん、丸山敦史さんをはじめ、松田凌さん、玉城裕規さん、木村達成さん、猪塚健太さんらがメインキャストとして参加します。 『真田十勇士』のときも、堤監督のもっと「場数(シーン数)を増やしてくれ」という要望に応え、かなり大変な作品になっていたそうですが、今回も「スタッフが読むと激怒するような、かなり無茶なことをいっぱい書きました。僕が自分で演出する場合にはこんなの絶対に無理。むしろこれが出来たのを観られたらすごいと思うくらい、自分でもちょっと想...more
カテゴリー:

堤幸彦の“大変な舞台”に松平健ら「不安に…」 - 06月19日(火)20:23 

山田風太郎の人気伝奇小説「魔界転生(まかいてんしょう)」が、演出・堤幸彦、脚本・マキノノゾミの強力タッグで、日本テレビ開局65年記念舞台としてこの秋に上演される。6月19日にはメインキャストが揃い、制作発表会見が行われた。
カテゴリー:

上川隆也、溝端淳平らキャスト陣、堤幸彦の激しい演出にヤル気十分 - 06月19日(火)19:07 

上川隆也が主演し、堤幸彦が演出を手がける舞台「魔界転生(まかいてんしょう)」の製作発表会見が6月19日に都内で行われ、上川をはじめ、溝端淳平、高岡早紀、浅野ゆう子、松平健ら総勢14名の俳優陣と、演出の堤、脚本を手がけるマキノノゾミが出席した。 本作は、1967年に「おぼろ忍法帖」として単行本化された山田風太郎の伝奇小説が原作。1981年には深作欣二監督によって映画化もされたこの作品を、ドラマ『SPEC』シリーズや映画『20世紀少年』などの堤監督が舞台化。 島原の乱で滅ぼされたキリシタン一揆の指導者・天草四郎が死者再生の術「魔界転生」によって蘇り、現世での怨念を晴らそうと幕府滅亡を謀る中、幕府の命を受けた柳生十兵衛が、そんな悪鬼どもに立ちはだかる姿が描かれていく。 上川が魔界から蘇った強敵に立ち向かう主人公の柳生十兵衛役。溝端が幕府への復讐をはたすため魔界の力を借りて現世に蘇る天草四郎役を演じる。 堤は「今できる舞台技術の最高峰を結集し、かつ、とにかくやったことのない舞台に挑戦しようという、かなり大胆な舞台になってるんじゃないかな」と語ると、俳優陣の方を見渡し「一番言いたいのは、役者のみなさんが…大変です。本当に大変です…」とド派手な演出やアクションのハードさを匂わせる。 上川は「今年の秋は平成最後の秋です。『魔界転生』を見に足を運んでくださった方々が、いつの日かこの平成最...more
カテゴリー:

上川隆也「むちゃくちゃしてやろうと思います」 溝端淳平「天草四郎が亡くなった場所に行きました」 - 06月19日(火)14:12 

 日本テレビ開局65年記念舞台「魔界転生」の制作発表会見が19日、東京都内で行われ、出演者の上川隆也、溝端淳平、高岡早紀、浅野ゆう子、松平健、演出の堤幸彦氏ほかが登場した。  山田風太郎の伝奇小説を原作とした本作は、歴史上の剣豪たちが次々とよみがえり、現世での怨念を晴らすべく、時空を超えて徳川幕府と対決する物語。  魔界からよみがえった強敵に立ち向かう柳生十兵衛を演じる上川は「今年の秋は平成最後の秋です。足を運んでくださった方々が、いつの日か平成最後の秋を思い返したときに、あの秋は楽しかったね、あのお芝居はすてきだったね、と思い返していただけるような舞台を作り上げていきたいです」と話した。  島原の乱で滅ぼされたキリシタン一揆の指導者・天草四郎を演じる溝端は「先日、天草四郎さんが亡くなった場所に行かせていただきました。その場所の風やにおいを感じながら、役作りに臨めることがありがたいなと思いました。宙づりりにされようが、地べたをはいずり回ろうが、精進して頑張りたいと思います」と意気込みを語った。  「まだ台本ももらっていない」という一同。堤氏から舞台について「出演者の年齢を問わず、前代未聞のアクションシーンがある。むちゃくちゃ大変な舞台」と概要が明かされると、松平は「体には気を付けたい」と苦笑いを浮かべた。  上川も「ある種、覚悟して受けたお仕事なので、覚悟してむちゃくちゃしてやろう...more
カテゴリー:

溝端淳平、沢田研二超え期待され恐縮「プレッシャーに負けないように」 - 06月19日(火)13:05 

 俳優の溝端淳平が19日、日本テレビ開局65年記念舞台『魔界転生』製作発表会見に出席した。1981年公開の映画版で沢田研二が演じた天草四郎役を演じるにあたり「沢田研二さんの印象が強いですが、尊敬しつつまねできるところを踏まえて、オリジナルでつくっていければ」とやる気十分。演出の堤幸彦監督から「ジュリーを超える溝端さんを」と期待されると「非常に恐縮ですし、僕なんかがおこがましいですけども、ありがたいことだと思いつつプレッシャーに負けないようにがんばります」と苦笑していた。  山田風太郎の人気歴史小説を原作にした同舞台は、島原の乱で命を落とした指導者・天草四郎や歴史に名を残す者たちが死者再生の術『魔界転生』によって蘇り、現世での無念を晴らそうと悪魔となり幕府滅亡を謀るアクションエンターテインメント。幕府の命を受け、魔人と化した剣豪と死闘を繰り広げる柳生十兵衛を上川が演じる。  殺陣やアクションはもちろん、特殊装置やプロジェクションマッピングなどもふんだんに取り入れられ、脚本のマキノノゾミ氏は「無茶苦茶な脚本を書きました」。一幕16場と聞いた主演の上川は「いい加減してくれ」と冗談めかして嘆きつつ「台本を見ていないのでどんな区分けかわかりませんが、覚悟だけして台本を目の当たりする瞬間を待ちたい。無茶苦茶しないと『魔界転生』はできないと思います。覚悟して受けたお仕事でもありますし、無茶苦...more
カテゴリー:

もっと見る

「堤幸彦」の画像

もっと見る

「堤幸彦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる