「基幹システム」とは?

関連ニュース

基幹システム向けにオンプレ並みの環境を構築、Dell EMCのクラウド事業「Virtustream」 | IT Leaders - 06月22日(金)16:00 

EMCジャパン2018年6月22日、会見を開き、Dell EMCのクラウド事業であるVirtustreamについて説明した。他のクラウド事業者との差異化ポイントとして、ハードウェアに垂直統合システムのVblockを使うなど、オンプレミスの基幹システムと同等のシステム環境を運用できる点を挙げる。
カテゴリー:

金融基幹の大規模レガシーマイグレーション、その成功のポイントとは | IT Leaders - 06月21日(木)06:00 

日本は、メインフレームの残存数が世界トップクラスといわれるレガシー大国だ。2000年代初頭の「オープン化」の波で多くの企業が脱レガシーを果たしたが、金融など安定性、安全性を重要視する一部の企業では、未だにメインフレームが企業システムの屋台骨を支えている。それだけに、まだまだ需要が残されているのが「レガシーマイグレーション」。ここに紹介する独立行政法人 住宅金融支援機構は、金融機関としては珍しい、大規模システムのレガシーマイグレーションを実施、2018年3月に無事新システムを稼働させている。模範となる前例がない中、失敗すると多方面に影響を与える基幹システムのオープン化を成功させた同機構の取組は、レガシーマイグレーションを検討している企業の良い模範となるはずだ。
カテゴリー:

三菱地所設計、新基幹システムにERPソフト「Biz∫」を採用 | IT Leaders - 06月13日(水)16:35 

NTTデータ・ビズインテグラルとビジネスブレイン太田昭和は2018年6月13日、三菱地所設計が新基幹システムにERPソフト「Biz∫」(ビズインテグラル)を採用し、運用を開始したと発表した。システム開発はビジネスブレイン太田昭和が担当した。
カテゴリー:

みずほ銀行の基幹システム、9日夜に移行開始。多くのシステムエンジニアが眠れない夜を迎えることに… - 06月09日(土)07:52  news

みずほフィナンシャルグループは9日、新たに構築した基幹システムに、みずほ銀行とみずほ信託銀行の顧客データを9回に分けて約1年がかりで移す作業に着手する。 初回作業は9日午後10時から11日午前8時まで。作業中は、みずほ銀の現金自動預払機(ATM)とインターネットバンキングの利用を休止する。  みずほは、現金が必要な場合は事前に引き出すよう顧客に要請。 また、ネットバンキングには11日の再開直後にアクセス集中が予想されるため、混雑時は時間をおいて利用するよう呼び掛けている。 みずほ、システム...
»続きを読む
カテゴリー:

【金融】みずほFG、背水のシステム移行 「3度目」許されない - 06月08日(金)20:22  bizplus

みずほフィナンシャルグループ(FG)は9日から、銀行業務をつかさどる基幹システムを新型に移す作業を始める。作業は1年がかりで、週末に現金自動出入機(ATM)が一時使えなくなるなどの影響が利用者にも出る。過去に2度の大規模なシステム障害を起こし、「3度目」は許されないだけに、作業の現場は緊迫している。 【写真】みずほのシステムをめぐる経緯  移行するのは、預金や振り込み、融資、為替といった銀行の生命線となる業務を担う「勘定系システム」だ。大手行どうしの統合で誕生したみずほFGでは、傘下のみずほ...
»続きを読む
カテゴリー:

富士通、既存クラウドサービスを「FUJITSU Cloud Service」として刷新 - 06月22日(金)15:22 

富士通は6月22日、ビジネスのデジタル革新を支援するため、これまで提供してきた既存クラウドサービスを「FUJITSU Cloud Service」として刷新すると発表した。今回、基幹システムのクラウド移行を促進する機能を強化した。
カテゴリー:

おまえら働いていてデースマーチ経験したことある? - 06月20日(水)12:26  news

2018年6月、みずほ銀行の次期システム移行が開始したというニュースが話題になった。 金融機関にとって、情報システムは業務の根幹を担う重要な存在だが、みずほ銀行とは別に、 近ごろシェアハウスの不正融資問題で揺れるスルガ銀行にも、システム開発を巡る問題があったことはご存じだろうか。 シェアハウス問題で揺れるスルガ銀行、日本IBMと訴訟の過去 スルガ銀行には、かつて昭和46年に導入し、30年以上にわたり利用してきた基幹システムがあった。 同行は当時、このシステム刷新の提案を日本IBMに依頼するも、結果とし...
»続きを読む
カテゴリー:

【平成のサグラダファミリア】みずほFG、緊張のATM再開 一元化へ1回目のシステム移行を乗り切る 正常に稼働 次は7月14日 - 06月11日(月)15:09  newsplus

みずほフィナンシャルグループ(FG)は11日午前8時に、傘下銀行の顧客データを新しい基幹システムへ移すため休止していた現金自動預払機(ATM)などのサービスを再開した。みずほFGは過去に2度、大規模なシステム障害を起こしている。2019年度上半期の完了を目指すシステム一元化に向け、緊張感漂う週明けとなった。 みずほ銀行によれば、午前11時現在、正常に稼働しており、障害は発生していないという。同行は、再開後はインターネットバンキングへのアクセス集中やATMでの混雑が予想されることから、時間を置い...
»続きを読む
カテゴリー:

【平成のサグラダファミリア】みずほFG、背水のシステム移行 「3度目」許されない・・・過去に2度の大規模システム障害 - 06月09日(土)05:35  newsplus

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は9日から、銀行業務をつかさどる基幹システムを新型に移す作業を始める。作業は1年がかりで、週末に現金自動出入機(ATM)が一時使えなくなるなどの影響が利用者にも出る。過去に2度の大規模なシステム障害を起こし、「3度目」は許されないだけに、作業の現場は緊迫している。  移行するのは、預金や振り込み、融資、為替といった銀行の生命線となる業務を担う「勘定系システム」だ。大手行どうしの統合で誕生したみずほFGでは、傘下のみずほ銀行とみずほ信託銀行に三つのシステムが...
»続きを読む
カテゴリー:

だーかーら、便座を上げておしっこするなって何回言えばわかるの??座ってしろよ座って - 06月04日(月)13:05  news

スマホで空きトイレ確認 ウイン、JR西に納入  システム開発のウイン・コンサル(札幌市)は建設用金具のシブタニ(大阪市)と組み、 あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用したトイレシステムをJR西日本に納入した。 JR西は京橋駅の男女トイレ1カ所ずつに試行導入し、9日から運用する。JR西がIoTトイレを 導入するのは初めてで、鉄道業界でも珍しい。ウイン・コンサルは全国の商業施設などに売り込む。  基幹システム「トモレ」はウイン・コンサルが開発。… [有料会員限定] この記事は会員限定で...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「基幹システム」の画像

もっと見る

「基幹システム」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる