「型糖尿病」とは?

関連ニュース

糖尿病の薬に脳の若返り効果、世界が注目する「認知症治療」 - 06月09日(土)16:00 

認知症は、厚生労働省のデータによると、65〜69歳までの有病率は1.5%だが、5歳ごとに倍増。85歳の有病率は27%にものぼるといわれる。長寿化する日本においては、がんと並ぶ“国民病”ともいえるほど身近な病だ。しかしーー。   「がんの予防・検診・治療などは日進月歩ですが、認知症は進行を遅らせるという薬が4つあるものの、まだ効き目が弱く、画期的な治療薬も開発されていません」   認知症治療の現状を解説するのは、米国ハーバード大学元研究員で、老化や疫学の研究に従事したボストン在住の内科医・大西睦子さんだ。   年始には大手製薬メーカーであるファイザー社が認知症薬の開発から一時撤退することを表明するなど、認知症の研究において暗いニュースもあった。   しかし、最近、認知症治療が可能になるような、新しい研究が続々発表されている。   「3月に掲載されたイギリスの『テレグラフ』誌の記事によると、アルツハイマー病に関して50歳以上の者が接種できるワクチンが、10年以内に開発可能だと報じています。ワクチンはアルツハイマー病の約70%を予防することができると予想していますが、こうしたワクチン開発と同時進行で、世界中の研究者は日々、認知症と闘っています」   ほかにも今年に入ってから、認知症の治療を目指す夢の治療法...more
カテゴリー:

【医学】高タンパク質の食事は肉・乳製品ともに心疾患のリスクを増加させると22年にわたる調査で明らかに[05/31] - 05月31日(木)08:41  scienceplus

「高タンパクの食事」は健康意識の高い人から注目されていますが、一方で過去の研究からタンパク質、 特に動物性タンパク質を多くとることは2型糖尿病や死のリスクを上げる危険性があることが示されていました。 そこで東フィンランド大学で栄養疫学について研究するJyrki Virtanen助教授が率いる研究チームは、 高タンパクな食事は人々の健康に本当に利益をもたらすのか?ということを調査すべく研究を行いました。 その結果、たとえベジタリアンであっても植物性タンパク質を多く摂取していると、 心不全のリスクは増すことが示さ...
»続きを読む
カテゴリー:

骨を強く、健康にする秘訣 - 06月07日(木)20:00 

「骨減少症」と診断されたら、あなたの骨密度は正常より低いけれど、骨が折れやすくなる「骨粗しょう症」と分類されるほどではないという意味です。1000万人のアメリカ人の男女がかかっている骨粗しょう症とは異なり、骨減少症は病気ではありません。将来、骨粗しょう症になる可能性があることを示す「前駆(前触れの)症状」。「前糖尿病」という診断が、予防措置を取らないと2型糖尿病になる危険があると警告しているのと同じです。骨減少症を引き起こす要素とは? image via Shutterstock 女性は閉経によるホルモンの変化で骨の損失がスピードアップすることもあって、骨減少症になる確率が男性よりはるかに高いのです。男女とも、中年になると、骨はあたらしい骨が作られるよりも速く、身体の中に再吸収されます。アメリカでは推定で女性の50%以上と男性のおよそ3分の1が、骨減少症です。骨減少症はこれといった症状が現れず、ほかの病気や医薬品が原因になることもあるため、診断と治療が難しくなっています。骨減少症のリスクが高い60歳以上の女性は、骨密度の検査を受けることをおすすめします。「DEXA」または「DXAスキャン」と呼ばれる、大腿骨頸部と脊椎のX線検...more
カテゴリー:

「型糖尿病」の画像

もっと見る

「型糖尿病」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる